サイボウズ・ラボユース 開発テーマ

言語化支援ゼミ(担当: 西尾 泰和

このゼミでは「まだ言葉にできていない考え」をどうすれば言葉にすることができるか、どうすれば「まだ理解できてない概念」をどうすれば自分の血肉にすることができるか、をテーマにしています。下記の公開済み資料を参考にしてください。

募集する開発テーマ

上記テーマに関連した、言語化や学びを支援するソフトウェアの開発テーマを募集します。
選抜において、そのソフトウェアに見込み顧客がいることをプラス評価します。「自分はこのソフトウェアがあったら使いたい」が最低ライン、「使いたいと言っている人が既にいる」がベターです。
「新しいソフトウェアを作ること」は必要要件ですが、「ゼロから実装すること」は重視しません。1万行書いて作られた誰にも使われないソフトウェアより、数十行のスクリプトでも複数のユーザーが喜んで使うものを高く評価します。
「実装すること」に掛かる時間よりも「何を実装するべきかを見つけること」に掛かる時間の方が長いかもしれません。プロトタイプを何度も作り直すことになるかもしれません。
そのような開発に興味のある人の応募をお待ちしています。

応募の際には、自己アピール欄を利用して、誰のどのような問題をどうやって解決するのか、それによって何がどうなるといいのか、過去にどういうものを作ったのか、などを自由なフォーマットでいくつでもアピールしてください。