秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

 

And. を5回続けて書くと Google Docs が落ちるバグが見つかる

Google Docs の公式サポートフォーラムで、不思議で面白い(中の人にとってはたいへんかもしれません)バグが報告されています。

“And. “を5回続けて書くことで、Google Docs で編集中のページがクラッシュしてしまうというのです。

Google Docs サポートフォーラムより、再現されたエラーのスクリーンショット

Chrome, Firefox で再現したというコメントがあるので自分も試してみたのですが、どうしても再現しません。今朝4時頃(日本時間で)のレポートに対して6時頃には Google の人が確認し修正中だと回答しているので、もう直っているのか、何か条件が違うのか。Google アカウントの言語は英語にして試しているのですが。

より詳細な再現手順は、”And. And. And. And. And.”と書き、改行してからページのリロード、ということ。”and. ” と A を小文字にしてはダメで、ピリオドの後にはスペースを入れないといけないそう。

また、”But. “5回でも起こるそうですが、だからといって大文字で始まるどんな英単語でも起こるというわけではないということ。

Hacker Newsのコメントでは、Also, Therefore, And, Anyway, But, Who, Why, Besides, However などの英単語を使っても再現したそう。

特定の英単語でしか発生しないことから、英語に関する機能、つまりスペルチェッカ―が原因ではないか、という話が出てきています。実際、And. And. を打った時点でスペルチェックの青波線が出ていますね。メニューから Tools の Grammar suggestion をオフにするとクラッシュしなくなるという話も。(自分で再現できていないのでもどかしいです。)

via Hacker News

 

How to professionally say – より「良い」ビジネス英語表現を探せるwebサービス

How to professionally say(プロっぽく話す方法) は、英語のフレーズの言い換えを提案してくれる検索サービスです。

例えば、”That meeting sounds like a waste of my time”(その会議は時間の無駄っぽい)は、次のように言い換えられるそうです。

“I’m unable to add value to this meeting but I would be happy to review the minutes.”

私が参加してもこの会議の価値を高めることはできませんが、議事録はぜひ読ませていただきたいです。

検索ボックスに単語や一部のフレーズを入れると、関係しそうな言い換えを提案してくれます。

「ググれ(Google That)」を入れると、

The internet is a great resource for these types of questions and I am available to clarify elements that you are not able to find online.

この種類の疑問に関してはインターネットに有用な情報があります。あなたがオンラインで見つけられない要素を明らかにするためにお手伝いできるでしょう。

オトナですね。(ホントか?)

「メールに返事してよ」「いちいち指示しないで」「前にもそれ言った」「それ私の仕事じゃないよね」「連絡すんな」「意味のないことだよ」「そんな報酬でできるか」といった、そのまま言うと角が立つフレーズにも、上品で素敵な代替案を出してくれます。

Next.js + Tailwind CSS で作られたサイトのソースコードは GitHub に公開されています。

元々ジョークサイトのつもりで作られたそうですが、Hacker News のトップページを飾りいろいろと反響が来たことから、スコープを広げて意味のあるサービスにできるかも、と作者の @AkashWhoCodes さんは考えているそうです。

本当のビジネスでこれらの言い換えを使うのは少し考えた方がいいと思いますが、英語の言い換え表現をいろいろと見てみるのは勉強になるし、慇懃無礼にならない程度にエッセンスを取り入れることには意味があるのかなと思いました。

via Hacker News

 

Twitterの「アルゴリズム」repo がGitHub から消される

Twitter の「アルゴリズム」という空のリポジトリがGitHubに公開され、イーロン・マスク氏のtwitter買収と何か関係がある動きなのかと注目を集めていましたが、リポジトリは空のまま削除されてしまいました

Disclose.tv は、空のリポジトリを「twitter のアルゴリズム」として GitHub に公開したことは twitter の一部開発者からイーロン・マスク氏への反抗のメッセージではないかという見方をしています。(中の人がどこかでそう発言したわけではありません)

もし空であることが今後のアルゴリズム公開の準備ではなく、空であること自体に意味を持たせようとしていたとするなら、単一の簡単なアルゴリズムで動いてるわけではない、とか、内部の複雑なシステムの結果として今の表示順ができている、とかいう主張なのかもしれないですね。

via AIM

 

lists.sh – リスト形式だけ扱うマイクロブログサービス

lists.sh は、要素が並んだリスト形式を扱うことに特化したマイクロブログ・プラットフォームです。

利用者は、テキストファイルに箇条書きにしたリストを、取得したユーザー名の下に公開することができます。

登録は lists.sh の ssh サーバへのアクセスで行います。あまりこういう形式のユーザー登録は見ないですね。

ユーザー名の取得や、既存の投稿の削除などが行えます。メニューでできる機能は今後も拡充されていく予定だそう。

こちらは新着投稿のページ。Hacker News のトップページに載ったため、いろいろな人がテスト投稿をしに来ています。

リストをプレインテキストで表す仕様が用意されていて、それに従って書けば、単なる項目の列挙だけでなく、リンク、画像、ヘッダなどの要素も表現できます。

登録してみたところ、日本語も問題なく動きました

sshでアクセス、というところはユーザーの足切りになるかなとは思いますけど、今のままだとあっという間にスパマーに見つかりそうなサービスですね。

Go言語によるソースコードも公開されているので、自分でホストしたり、登録の仕組みに制限をつけて仲間内や会社内で使うといったこともできるでしょう。

あえて書けることをリストに絞る、というところは可能性を感じます。

via Hacker News

 

Twitter の「アルゴリズム」がGitHubに公開され、中身は空でも注目を集める

Twitter 社が GitHub 上で twitter/the-algorithm を公開したことが話題となっています。

[更新 2022-04-27] リポジトリは削除されてしまいました

“The” アルゴリズムですからね。Twitter の仕組みは多くのアルゴリズムからできていることは間違いないですが、おそらく各自のタイムラインがどのように作られるかという部分に関わるアルゴリズムのことではないかと言われています。

このリポジトリの存在を示唆したのは、Google のオープンソースチームから2022年に Twitter のオープンソースチームへ移籍した ウィル・ノリス氏。

長期に渡って企業内でオープンソース活動を進めているエンジニアです。

大昔は時系列順にツイートを表示するだけだった Twitter タイムラインのアルゴリズムは、ユーザーのために必要なものをうまく集めて見せる、といった名目でブラックボックス化し、自分たちの発言が不当に多く/少なく表示されたりしているのではないかといった疑念を持つ人もいます。

Twitter買収を目指しているイーロン・マスク氏は「信頼性を高めるためにアルゴリズムをオープンソース化したい」と語っており、

買収はまだ決定事項ではありませんがこれに呼応したものかもしれません。