秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

 

コピー禁止や右クリックメニュー禁止を解除するブラウザ拡張 Absolute Enable Right Click & Copy

Absolute Enable Right Click は、ウェブページのコピー禁止や右クリック禁止を無効化できるブラウザ拡張です。

右クリック禁止のコードを試せるページで、普通に右クリックすると “Right-click is disabled”(右クリックは無効です)というメッセージが出ます。ここで、この拡張のメニューから”Absolute Mode”をオンにして、

ページを再読み込みすると、

サイト上での指定に関わらず、右クリックメニューが使えるようになります。

インターネットに無条件公開しておいて読んでほしくないということはないと思うので、どうしてこんな不便なことをするのか、ですが、自分の書いた文章をコピーで使いまわされた経験があるとか、あるいは経験がなくてもコピーされてしまうことを恐れてのことのようです。

ただ、ちょっと知識があればいくらでも回避できてしまう仕組みなのでどうしてもという人はコピーや保存はできてしまうし、実際的には悪意のない多くの訪問者の不便を増やしているだけなんですよね。最近は滅多に見なくなった気もしますが。

Firefox拡張もあります。ソースコードはこちら。

 

Link to Text Fragment – Googleによるウェブページの任意の場所をリンクできるブラウザ拡張

新しいLink to Text Fragment Google社自身によってリリースされた、ウェブサイトの好きな箇所をURL化して共有できるChrome拡張です。

拡張をインストールした状態でページ上のテキストを選択し、右クリックメニューを出すと、Copy Link to Selected Text (選択されたテキストへのリンクをコピー)というメニューが増えています。

ここでクリップボードに取得されたURLを Chrome ブラウザ上で開いてみると、

先ほどリンクを作成したwebページが開かれた上で、選択していた部分が黄色くハイライトされ、ページもそのハイライトされた部分までスクロールした状態で開かれます。

選択するテキストが短すぎると、URLが作れない、というエラーが出ます。

利用シーン

これまで、他人が作ったウェブサイトのURLを他の人と共有することはできても「この特定の部分を見せたい」というのは難しかったと思います。やるとすればページを開いた後にページ内検索で”○○○”を探して、とかでしょうか。

最新のブラウザとこの拡張を使えば、ページの特定の箇所をはっきりと示して共有できるため、長いページのある特定の箇所を素早く見てもらいたい、といった作業が効率化されるでしょう。

受ける側はブラウザが最新のバージョンであればこの拡張は不要です。Chrome を随時アップデートしている相手なら問題ないでしょう。

仕組み

Chrome バージョン80 から使えるようになった、Text URL Fragments の機能を使ったものだそうです。

コピーされたURLの後ろに、選択した文字列を含む文字列が追加されていますね。

日頃、チャットツールや社内のグループウェアなどでネット上のウェブページを紹介することが多い人などにとって、紹介の質が上がる良いツールなのではないかと思いました。

via The Verge

 

No Paint – ランダムな筆致を選んで抽象アートを作るサービス

No Paint は、ブラウザ上でランダムに描画される形や色を取捨してアートを作り上げるというサイトです。

起動画面にあるように、今描かれている「何か」が気に入れば”Paint”ボタンを押すと採用され、”No”ボタンを押すとそれはキャンセルされて次のまたランダムな何かが描かれ始めるというものです。

ランダムに動くものしか選べない時点でかなり自由度は低いのですが、気に入らないものを除外できるという点だけで、最低限その人の好みみたいなものは出るのでしょうか。

使ってみた人が自分の作品を公開したりしています。

View post on imgur.com

nopaint.art

View post on imgur.com

なんかアート的なもので著作権の心配がないものを手早く作る、とかですかね。使い道があるとすれば。

 

Talking Clock – 定期的にChromeブラウザに時刻を喋らせるブラウザ拡張

Talking Clock は、Chrome ブラウザ上で時刻等を読み上げさせられる拡張機能です。

インストールの後、拡張アイコンから設定メニューへ行きます

定期的に時刻を読み上げるモード。作業中や勉強中に設定するとペースメーカー的に使えそうです。特に時間を決めて速さを練習するような場合など。

任意の時刻に好きなメッセージを喋らせるモードも。発声用の言語も設定から多数指定でき、拡張のメニューは英語ですが話す内容は日本語でも問題なく動きました。

最近はこういうのはスマートフォンアプリでやるのかなとも思いますが、スマホで別のことをしている時なら、PC側でもできるのはいいかもしれませんね。ブラウザだけで動くので、まあブラウザ拡張もインストールといえばインストールですが、入れたり消したりする手間もアプリより楽ですし。

via Hacker News

 

プロッター・プレゼンテーション

原油の需要と価格の経年グラフを見ながら語るプレゼンテーション動画なのですが、面白い仕組みが一つ。プロッターでグラフを描かせながら、年ごとの原油価格とそれに影響を与えた事件を語っていきます。

ペンを取り付けるタイプのプロッター

プレゼンの途中でペンの交換も。グラフの目盛り線とプロットの線を違えてます。

オイルショック!

事件の時の書き込みは赤ペンで手書きなのですが、これもプロッターに描かせられればもっと良かったかも。

使っているプロッタは AxiDraw V3 / A3。8万円(727ドル)ぐらい。昔のものではなく今の製品なんですね。

via Hacker News