カテゴリー
アメリカ

やりすぎたハロウィーンの庭飾り [閲覧注意]

気分の良くない写真が含まれてます。(予告したからね!)

ちょっと前までは、ハロウィーンなんて遠い外国のお祭りだと思っていました。保育園から帰ってきた子供たちが「10月はハロウィーンだよ!」だなんて、いつのまにか日本にもすっかりハロウィーンが広まってしまったなあ、と感じます。10月に全国的な行事が少ないとこに入り込んだというか、あるいはコスプレの流行と共鳴したのか…

本場アメリカのハロウィーンでは、何週間も前から家や前庭をデコレーションする人たちがいるのですね。

そんな中、オハイオ州パルマでとある民家がやったハロウィーンのディスプレイがすごくて、ローカルから全国ネットまでいくつものテレビ局が伝えるに至ったそうです。こんなの

こんなのもぶら下がっているようです。いやあ手間掛かってますねぇ。

haloween-display

通りの先には小学校もあるそうで。閑静な住宅街の通りに面してこれだから、まあ話題にはなりますよね。

こちらが家主やご近所の人の反応を紹介したニュースの動画。

問い合わせを受けた市も、「何の法律にも違反してない」「表現の自由」から止めさせることもできない、と回答していたようですが、報道から2日後に結局片付けられた(taken down)ということなので、報道を見た世間の反応が多少この家の人に影響を与えたのかもしれません。

この時期に本当に凄惨な事件とか有っても、「ああ、ハロウィーンか」なんて言って見過ごされ、発見が遅れたりなんてこともこの先あるかもしれないですね。

(Title photo: CaptCuervo)

カテゴリー
アメリカ

映画「ブラック・フライデー」予告編 – 感謝祭ショッピングの狂乱

アメリカでは今日が感謝祭で、明日の金曜日はブラック・フライデー(Black Friday)と呼ばれる、一大ショッピング・セールの日ですね。

black-friday

日本にいると特に何もないですが、アメリカ人は今日明日からクリスマス向けの買い物を始めるそうです。日本からアメリカ向けに英語で物を売ってるオンライン通販の中の人たちなんかは、一年で一番の書き入れ時なんでしょうね。

金曜は早朝から多くのお見せが大安売りを行い、それを目当てにたくさんのアメリカ人が開店前から並ぶということで、その殺伐とした買い物の状況を映画の予告編風にしたてあげた人がいました。

black-friday-1

black-friday-2.png

black-friday-buy-1-get-1.png

ショピングセンターはたいへんな混乱に見舞われるんですねー(信じないように)

お得を求めて日の出前から並ぶ人がいるのは本当のようですが…

ブラックフライデーのチラシを集めて公開する BFAds.netというサイトもあり、既に、何らかの理由でセールの前に漏れた特売情報なども多数集まってきて公開されています。

インターネット向けの「サイバー・マンデー」

近年は、ブラックフライデーの3日後の月曜日をサイバー・マンデー(Cyber Monday)と呼び、こちらはネットショッピングの売り上げがドーンと上がる日になりつつあるということ。

via Cheezburger

カテゴリー
アメリカ

自転車泥棒に盗ませるGPSつき「餌バイク」が配備中 – サンフランシスコ

「おとり捜査」とか「司法取引」とか、アメリカの犯罪捜査って文化の違いを感じますね。アメリカでは自転車泥棒へのおとり捜査が各地で始まっているそうです。

ニューヨークタイムズによると、サンフランシスコ市では、急増する自転車人口にあわせて、自転車泥棒を捕まえるためのオトリ捜査を展開しているのだとか。

自転車泥棒を防ぐサンフランシスコ警察署の公式ツイッターアカウント@SFPDBikeTheft では、盗まれた自転車の写真を掲示しての情報提供呼びかけをしてる市民のツイートをリツイートしたり、

より確実なロックの掛け方や道具紹介などの啓蒙活動などもしていますが、

同時に、監視カメラに映った自転車泥棒の写真とかを公開したりもしていて、

これも日本じゃやらないだろうなあと。

「この自転車、オトリ自転車かもよ?」というステッカーも配っているようです。オトリ捜査をやっていることを潜在的な犯人に知らせるのも、盗難件数を減らすためのよい方法でしょうね。

https://twitter.com/JOJOinthe310/status/464485343580790784

担当の警察官がニューヨークタイムズに取材されている動画はこちら。オトリ自転車を持ち去ろうとした犯人をその場で取り押さえる様子が映っています。(1:25頃)

これらのオトリ自転車などの費用には、市から$75000(825万円) の予算が与えられているそうです。サンフランシスコ市が最初に始めたわけではなく、アメリカの複数の市や大学でこういった捜査が実施されているのだとか。2008年から取り組んでいるウィスコンシン大学では、オトリ捜査とソーシャルメディアの組み合わせで、自転車窃盗の被害報告が40%減少したという数字もあります。

いずれの場合にしても、GPSとソーシャルメディアという二つの技術が、安くなってり誰でも使えたりするようになったことが、このオトリ捜査を生み出したのは間違いないようです。

どこの国でも自転車泥棒はダメですが、アメリカで気軽にそのへんの自転車を盗んで乗り回すと、即見つかって逮捕されたりするかもしれないですね。日本でオトリ捜査はやらないと思いますが、安く・小さくなったGPSをモノにつけることで、これまで思いもしなかったことができる、というのは他にもいろいろ出てきそうです。

via San Francisco is baiting thieves with GPS-ready bikes | The Verge