カテゴリー
データ可視化

フェイスブックがスーパーボウルに向けてNFLファンの分布を解析

Facebookのデータ科学チームが、来週のスーパーボウルを前に、Facebook上でのアメリカンフットボールのプロリーグNFLのファン活動のデータを解析した結果を発表しています。

アメリカ合衆国のフェイスブックユーザーのうち実に3500万人(全人口の1/10以上)が、32個のNFLチームのFacebookページのどれかにイイネ!をしているということで、フットボールはアメリカ人にとっての国民的スポーツといっていいでしょう。

チームが勝っている時やプレーオフに進出している時は、通常よりもイイネ!の増え方が速い、ということで、それを除外した上でどの州・郡の人がどのチームを一番イイネ!しているか、という地図がこちら。

nfl-fans-on-facebook

アメリカのプロスポーツはどれもそうですが、それぞれのチームの根拠地(フランチャイズ)周辺では、そのチームのファンになって応援する人が多い、というのが現れていますね。

とは言っても、読売とかヤンキースみたいに全国的な人気の球団というのもあって、チームが無い州とかでは、ハワイのPIT(ピッツバーグ)とか、アラスカのGB(グリーンベイ)とか、あらゆる過疎地に現れるDAL(ダラス)などが人気を得ているようです。

Facebookはまた、プレーオフの進展にあわせて、勝ち残ったチームだけを残してプロットしたらどうなるか、という地図を見せてくれています。人気面からは、サンフランシスコ対ニューイングランド(ボルチモアに敗退)のスーパーボウルを期待してた地域が多かったと読むこともできるかと。

また、Facebookらしいソーシャルグラフ(友人関係)のデータを使った面白い分析も。あるチームのファンは、(同じチームのファン、というケースを除いて)どの他チームのファンの友達が多いか、というチャートです。

nfl-common-fan-friends

SF-OAK, NYJ-NYG, CHI-GBなど、フランチャイズが近かったりライバル関係があったりというチームのファンが、友人には多い、というのは自然ですね。また、STL, KCなどは、「どのチームのファンの友達としても少数(=上位5位に入ってこない)」という、孤立傾向があるのだとか。

大量の嗜好データを持つフェイスブックならではの分析記事ですね。日本のプロ野球でも計算してくれると、きっと面白い特徴が浮かび上がってくるのではないかと思うのですが。

via NFL fans on Facebook, based on likes

カテゴリー
ネットのマーケティング

米HPがパソコン購入者に電子書籍リーダーNOOKを無料プレゼント

アメリカは一年で一番ものが売れるショッピングシーズンの真っ最中ですが、パソコン大手のHPが、パソコン購入者に電子書籍リーダーのNOOK Simple Touchを無料プレゼントというキャンペーンを始めたそうです。

一番安いデスクトップパソコンが$299(3万2890円)(2万5000円(227ドル))、ノートパソコンが(3万3000円(300ドル))で、NOOK Simple Touchは$99(1万890円)(8200円(75ドル))ですから、本体の1/3-1/4の価値のオマケということになります。

NOOKは日本で売ってないので知らない人もいるでしょうけれど、大手書店チェーンのバーンズ&ノーブルが売っている電子書籍端末で、アメリカでのアマゾンKindleの対抗馬と言えます。

日本でも、各社がじりじりと端末の値段を下げてきたり、楽天が(お金を使いそうな)楽天カード会員に予告なくKobo端末を無料でプレゼントしたり、端末自体で利益を得るのではなく、自社のプラットフォームに会員を取り込むことが重要、と考えて端末自体は赤字でもいいと考えている雰囲気が見られますね。

考えてみれば、電子書籍端末だけ買っても何も読めないわけで、相当な数の電子書籍を買うまでは、紙の書籍を買ったほうがトータルで安い、という状態ですよね。言ってみれば、高価な電子書籍端末というのは、入るだけで入場料が取られる本屋、みたいなものかもしれません。プラットフォーム側が本をいっぱい買って欲しいと思っているのであれば、本屋には気軽に入れないとだめなのかなと。

バーンズ&ノーブルだけでなく、他の競合も端末代はどんどん下げていき、やがては端末は無料、とか、さらには端末にオマケで電子書籍の購入権が何千ポイントついてくる、みたいなことになるんではないですかね。どこかのプラットフォームが独占的な状態になれば、また話は別ですが。

via Good deal: HP offers a free Nook with every PC | The Verge

カテゴリー
ネットのサービス

フェイスブックやツイッターでの政治的なコメントを全部ネコ画像に置き換えるChromeブラウザ拡張Unpolitic.me

Facebookに流れてくる赤ちゃん画像を全部ネコ画像に差し替えるChrome拡張 Unbaby.me の作者が今回作ったのは、赤ん坊ではなく政治に関するコメントを見えなくするChrome拡張 Unpolitic.me

この拡張を入れた状態でFacebookを閲覧し、そこに政治関連のキーワードがあると、こんな風に猫の画像が表示されます。

前回の赤ちゃんブロックと同じアイデアではありますが。アメリカの大統領選が間近なので、さぞかしアメリカ人のFacebookやTwitterでは、やれオバマがとかロムニーがというコメントが飛び交っているんでしょうね。

ツイッター上ではこんな風になります。つぶやき元のユーザー名が”Politics Blocked”(政治はブロック)という名前になり、「代わりに動物の写真でも見ようよ」とリンク。

ブロックされた元の政治的なツイートをチェックしたければ、 @undo をクリックすると、元のツイートが表示されます。

Chrome拡張のオプション画面で、どういうキーワードを「政治的」とみなすかがカスタマイズできます。日本語でも動いたので、日本語のそういう単語を登録しておけば、全部ネコ画像に置き換わって表示されるでしょう。

もちろん、ネコじゃなくて犬がいい人は、犬の画像が出てくるRSSフィードを登録することで、差し替える画像を犬にできます。

つまり、「政治をネコに」と言っていますが、好きなキーワードをブロックし、好きな画像で差し替えられる汎用的なブラウザ拡張でもあるということです。

このChrome拡張、既に1万人以上がインストールしています。ソーシャルメディアで選挙や支持政党の話は見たくない、という人や、友達ではあるけど「この話題は聞きたくないなあ」という友人がいる方は試してみてはどうでしょうか。

via Google Chrome Extension Blocks Your Idiot Friends' Political Rants From Your Facebook And Twitter Feed | Geekologie