カテゴリー
ネットの事件

アメリカで赤ちゃんの「アレクサちゃん」が年々減少中

こちらの statista 社のインフォグラフィック、アマゾンのスマートスピーカーを呼び出す際の音声アシスタントで使われている “Alexa(アレクサ)”を持つ新生児の数が、サービスの登場した2015年から毎年減少していることを伝えています。

2015年に女の子の名前としてはアメリカで32位の人気だった Alexa は、2019年には 139位に後退しています。

こちらの babynamewizard で見ると、Alexa という名前は1980年代中盤から増え、2000年代に入ってから減る傾向にあったようです。Hacker News で指摘されているように、必ずしもAmazon の Alexa が出たから減っている、とは言えないかもしれません。Amazon Echo 以前に減りつつあった理由はわかりませんが、いろいろな家庭で機械に命令するために使われている”Alexa” を、子供の名前につけちゃって大丈夫かな、と思う人はそれなりに多いのではないかと想像します。

署名サイトで Alexa の名前を使わないよう求めたキャンペーンなども以前にはあり、名前が Alexa の人や子供に既に Alexa とつけていた人たちなどが抗議の声を上げていたようですね。

Apple の音声アシスタント Siri の方は、国勢調査の統計に出てくるほど人数がいるわけではなさそうですが、女性の名前、北欧系の名前 Sigrid のバリエーションとして実在しているようです。

Given name をブランドとして使われることで混乱が起こったり、子供がからかわれたりということはこれまでもあっただろうとは思いますが、音声アシスタントの場合は人間に近い存在として日常的に呼びかけるわけで、同じ名前を持つ人にとっては一度のからかいでは済まないたいへんさがあるように思います。その点では OK Google は問題を起こしにくい名前だったのかと。

via Hacker News

カテゴリー
アメリカ

米大統領就任式での新ミーム「バーニー・サンダース氏とでっかい手袋」

ジョー・バイデン氏のアメリカ大統領就任式はアメリカ国内だけでなく世界中で報道されましたが、就任式の映像から早速あたらしいネットミームが誕生したようです。

民主党候補者予備選でバイデン氏と争ったバーニー・サンダース氏が寒い中椅子に座っているだけなのですが、やたらに大きな2つの手袋がなぜかネット民に気に入られたようで、この座ったサンダース氏の画像を使った合成画像の公開が大流行中です。#BarnieSanders

仕事の速い人が、もうジェネレータを作っています。任意の住所を入れると、Google Mapsから引っ張ってきた風景の上に手袋サンダース氏を合成してくれます。

就任式当日は正午でも気温一桁台だったらしく、参加者の多くが厚手のコートを着ていましたね。

サンダース氏は氏の公式twitter経由でコメントを出しています。

「(私の選挙区の)バーモント州では良く着込むし、寒さがどういうものかわかっています。ファッション性は気にせず、防寒を大事にします。今日もそうしただけです」

カテゴリー
ネットの事件

twitterトラブル – “ゲイの黒人”になった共和党下院議員予備選候補者

よくある話といえばよくある話なんでしょうが、ツイッターの複数アカウント運営の失敗事例です。

ペンシルバニア7区の政治家で、6月の予備選で惜しくも共和党の下院議員候補になれなかったディーン・ブラウニング氏が、今回の大統領選の結果を受けて5万人のフォロワーにつぶやいたメッセージ

「トランプ氏が4年間かけて築いたものを、バイデン氏は4カ月で破壊するだろう」

に対する反論に対して、アカウント切り替えを忘れて次のように反論したようで。

ゲイで黒人の男性として、オバマ氏は何もしてくれず、人生への変化はほんの少し、それも悪い方への変化だったと個人的には言えます。すべてのことはトランプ氏のもとでとても良くなった。民主党の時は感じたことがないリスペクトを感じています。

ツイートは削除されたようですが、もちろん見ていた人は多数いますよね。スクリーンショットもアーカイブも残っています。

当然、批難や揶揄のリプライが大量に発生したわけですが、

「ヘイ、黒人でゲイであることについてもっと語ってくれよ!」

このブラウニング氏、黒人男性としてのツイートは削除し、

「今広まっている私のアカウントからのツイートは、フォロワーから今週初めに送られてきたものを引用したものです」

と、引用のしかたが良くなかっただけで自分の発言ではない、と主張し、さらにはこの黒人男性ダン・パーディ氏の「証言ビデオ」をリツイートしました。

「私は本当にゲイの黒人男性です。ディーンさんのツイッターに投稿されたのは-どうしてそれが投稿されたのかはわかりませんが-私が彼に送信したもので、彼にそれを送ったのは私と同じ人種や性的指向の人たちがドナルド・トランプ氏を扱う態度に問題を感じたからです」

がしかし、ツイッターの集団捜査はこれに納得しません。ダン・バーディー氏のアカウントは、以前は「パット・ライアキー」とか「善良なる白人」と名乗った白人男性(写真投稿あり)のものだったことが判明します。

ダン・バーディー氏のビデオ、twitterアカウントが現在凍結されており視聴することはできないのですが、見ていた人の中にはこの黒人男性が別の黒人男性「俳優」バイ・ホルテ氏であることを指摘する人も登場。(凍結中のビデオの複製ももちろんあります)

もうグダグダですね。

twitterでどんな人物を演じようと勝手だとは思いますが、政治家がマイノリティのフリをして自分の政治的意見をマイノリティの意見として表明をするのは倫理的に許されないでしょう。

下院議員候補の共和党内での予備選に負けた人ということですが、投票結果を遡るとあと2500票(+10%)取っていれば共和党の候補になれていたし、本選であと25000票(+15%)取っていれば下院議員になっていたわけですこの人。そのへんの何でもない立場の人ではありません。

たまたま操作ミスでばれてしまい喜劇となりましたが、こういうアカウントが多数跋扈していたり、そのアカウントの言う事を信じて支持を強めるフォロワーとかも多いのかもしれないと思うと、心配になりますね。

via Bored Panda