カテゴリー
ツール

Other World Mapper – RPGの地図作成専用ツール

Kickstarterで寄付が呼びかけられている Other World Mapper プロジェクトは、架空の世界の地図を作るための地図編集ツールです。

other-world-mapper-kickstarter-top

テーブルトークのロールプレイングゲームや異世界ものの小説では、架空世界の地図を作る作業が必要になりますが、これを手書きや既存の汎用ツールで作るのではなく、専用のツールで作れるのではないか、と考えた、とある受託開発の会社の複数のソフトウェア開発者がこのプロジェクトを始めました。動画で見られる程度にまでツールの開発は進んでいるようです。

other-world-mapper-items

現在できているのは、陸地、海、川、道、国や地域の作成、3種類のスタイルの線、ランダムにフラクタル図形や曲線・直線を描く機能、領域の背景に貼り込むテクスチャや影・透明などの効果、レイヤー、線のスムース化、海岸沿いの海の部分の複数の表現、川と海の自動接続、川と湖の自動合成、地形に合わせた地域の作成、地名テキスト、山や城などのシンボルの配置、デフォルトテーマ、など。

汎用的なドロー系ツールと共通しているところも多いですが、架空の地図を作るための専門的な機能も多いです。

今回の寄付が成立したら、PDFやSVGなど各種フォーマットへのインポート・エクスポート、既存機能のバリエーションの追加やGUIの改善、そしてテストの強化などに出資が使われるということです。

$25(2750円) の寄付で基本セットが、$35(3850円) で追加のアートワークシンボル(カラーで書かれたドラゴンなど)を含む拡張込みのセットが、2015年の年末には入手できる予定ということです。$60(6600円), $80(8800円) で、ベータ版、アルファ版をより早期に入手でき、要望などのフィードバックをフォーラムにて制作側に伝えることもできるそうです。

目標額の $8,750(96万2500円) は、基本バージョンを一本$25(2750円) で売った場合 350本分になります。自分だけの架空の地図を作りたい、という人が世界にどれぐらいいるかですが、そこそこ控えめな目標のようにも思います。

via Technabob

カテゴリー
ネットのサービス

CSVファイルのデータ異常値を感覚的に捕まえるビューワ CSV Fingerprints

Victor Powellさんが提案した CSV Fingerprints (CSVの指紋)は、CSVファイルのデータをデータの有無やデータの型(文字、数字など)に合わせて色づけすることで、日々の事務などで自動生成されているCSV出力の異常な部分を、目視で発見できるようになるのでは、という提案です。

csv-fingerprints-example

カラムのデータの型によって異なる色で塗ったのが上のような例。

図の上でクリックしながらマウスを動かすと、指している辺りが拡大表示され、セルの内容を確認することができます。

csv-fingerprints-2

大きなデータセットの中から、異常になっている部分をすばやく特定し、その前後の値を含めて確認できるというわけです。

csv-fingerprints

こちらのページで、好きなCSVデータを貼り付けてfingerprint を作成してみることができます。

ビューワーはAngular.js および D3.js で作られており、GitHubで公開されています。

CSVを編集するExcelなどのアプリに、こういう可視化ツールがついているといいのかもしれませんね。

via Hacker News

カテゴリー
英語学習

あなたの英語がどの方言かを判定してくれるサイト WhichEnglish

WhichEnglish?(どの英語?)は、いくつかの英語の質問に答えていくことで、あなたの英語がどの国・地方の英語なのかを判定してくれるというウェブサイトです。ウェブサイトを使った研究をしているGamesWithWords.orgプロジェクトによるものです。

最初のページで書いているように、”Throw me down the stairs my shoes”という文章は、カナダのニューファンドランド地方では文法的にまったく正しい英語なんだそうです。全然正しい英語に見えませんが、「靴を階段の下にいる私に放ってくれ」という意味なんでしょうかね。

そのような地域ごとの英文法の違いを、クイズに答えさせることで当てる、というのがこのクイズ。

まずは性別、年齢、難読症などの経験、最終学歴などを入力すると、クイズが始まります。

which-english-quiz

英文が表していると思う方の絵や図を選んだり、

which-english-quiz-2

自分が自然だと思う方の英文を選んだり、

which-english-quiz-3

文法的に正しいと思う英文をすべてチェックしたり。

20問ぐらいですかね。結構たいへんですが、どれが正解、というわけでもない、ということなので、感じたままに選んでいきます。

すべて答え終わると、あなたが使っている英語がどこの英語か、また、あなたの母国語が何か、も推測してくれます。

which-english-akky-result

僕の場合、ありそうな順に、アメリカ黒人の英語、シンガポールの英語、ニュージーランドの英語、という判定が出ました。また、母国語はポルトガル語では?、という判定でした。まあ外れているのですが、3つ出てきた判定に日本語はありませんでした。

僕の身に付けた英語が変なのか、このプロジェクトに日本人の英語の特徴がまだ十分集まっていないのかは不明です。時間があって英語のテストが嫌じゃない読者の方にも、ぜひ試してみてほしいと思います。

関連

出身地鑑定!! 方言チャートたぶん完成版