カテゴリー
ガジェット

人もサイコロを振らない – 拍手や指パッチンで自動的に転がるダイス Boogie Dice

振らなくても振れる Boogie Dice は、音に反応して勝手に転がるというサイコロです。

「世界初の音駆動自己投擲型電動サイコロ」は、拍手でも、指パッチンでも、机ドンでも、もちろん普通に投げても、自ら振動して(たぶん)ランダムな目を出してくれます。

boogie-dice-inside

充電式で、3の目が充電端子になっています。

boogie-dice-charger

スマートフォンと連動させて、音や光り方を変えたりもできるそうです。

# これで好きな目が出せたりすると、サイコロとしては問題ですが

クラウドファンディングサイトの Kickstarter で募集中の段階なので、本当に口上通りの物が届くかは未確定ですが、CEO の Nimrod さんは万能Androidボタン Pressy のクラウドファンディング製品化で実績がある人ということ。期待はできそうです。

値段もサイコロ一個22ドル(2420円)、2個38ドル(4180円)と、ダイス好きな人なら買ってもいいかというところ。ダイスを振るための充電器フィールドとこのダイスを使ったカードゲームのセットでも38ドル(4180円)。

カテゴリー
fun

Googleサジェストをネタにしたボードゲーム Query

query-the-game-2.png

ウェブ上のフォームで何かを入力しようと時、それまで打ち込んだ内容をみて、「あなたはこれを入力しようとしているのではないですか?」という提案が出てきますね。これはautocomplete という機能で、自分や他のユーザーが過去に入力した内容などから推測して出されているものです。

グーグルが「Googleサジェスト」という形で、検索ワードを入力する時に出してくるものもその一つですね。

Query the Game は、クラウドファンディングのKickstarter を利用してカナダの姉妹が作成したのは、このGoogleサジェストをモチーフにしたボードゲームです。

query-the-game-3

  • 危険なことですか? カビの生えたパンを食べるのは
  • 危険なことですか? 夢遊病者を起こすのは
  • 危険なことですか? ガムを飲み込むのは
  • 危険なことですか? 雷雨の時にシャワーに入るのは

ゲームには上のようなサジェスト風の質問(query)が、600セット同梱されています。

View this post on Instagram

The real deal!

A post shared by Query The Game (@querythegame) on

親となったプレイヤーは、この質問カードを1枚引き、冒頭の黒い部分までを読み上げます。

子プレイヤーは、その後に続く正しいフレーズ(=Googleサジェストで実際にサジェストされるフレーズ)を考え、自分のボードに書いて(誰にも見えないように)親に提出します。

親プレイヤーの方は、4つ示されている本当のフレーズから1つを選び、これも子から提出された回答と一緒にし、ランダムな順番で全部の回答を読み上げます。

子プレイヤーは、読み上げられた回答から、どれが本当のフレーズかを予想し、当たれば2ポイントを獲得。自分の書いた回答で他のプレイヤーを騙せたら1ポイントを獲得します。

親プレイヤーは、子プレイヤー全員が外れたら3ポイントをゲットします。

辞書やトリビアを使った類似のゲームとして、フィクショナリー(Fictionary) や ボルダーダッシュ(Balderdash)、日本ではたほいやなどがありますね。

ゲームのルールとしては新しいものではないですが、グーグルの検索結果を使うことで、「正しい、正しくない」ではない、別のゲームになってるように思います。Googleサジェストが時たま出す変な提案フレーズは、よくネット上でも笑いのネタになるところで、同梱された問題には、そのような意外なフレーズが多数含まれていそうです。

query-the-game-1

via The New Yorker

カテゴリー
ネットのマーケティング

重機でジェンガ!

キャタピラー社の建設機械のプロモーションは、一個272kg の巨大な木のブロック27個を使っての巨大ジェンガ

caterpillar-jenga-1

caterpillar-jenga-2

巨大なバランスゲームは、とてつもなく大きなものを、軽々としかも正確に運べますよ、という建設機械のアピールに良くマッチしてるのではないでしょうか。

via Giant Excavators Playing Jenga With 600-Pound Blocks | Geekologie