カテゴリー
ネットのサービス

FlashChat – 同じ無線LANにつなげている人とつながる匿名メッセンジャー

近い距離にいるユーザー同士をつなげる匿名メッセンジャーというのは既にいくつかありますが、FlasshChat は同じWiFiスポットにつなげているユーザーという制限で接続相手を見つけてくれるスマートフォンアプリです(今のところAndroid版のみ)。

flashchat-cafe

同じカフェのWiFiにつなげている人同士でグループチャット、あるいは一対一のメッセージングが行えます。

ログイン不要、好きなニックネームで使えるため、匿名コミュニケーションが可能。

flashchat-leaving

そのWiFiから切断して去ると、自分のメッセージもすぐに消えるということで、非常に揮発性の高いコミュニケーションの場になりそうですね。

flashchat-places

想定している利用場所として上げられているのが、学校、オフィス、店舗、空港、球場など。

よほど多くのユーザーがいないと、適当に出かけた先で他のユーザーと出会うことなんて起こらないように思うので、これ自体はあまり伸びないんじゃないでしょうか。

既に知っている知人と、どこかで集まってチャットするという使い方もありますが、その時にはわざわざ別のチャットアプリをインストールせずに今あるものを使うでしょうし。サービスとしては「同じWiFiで」という切り口で何か別のアイデアが出ることもあるかもしれません。

既に多くのユーザーを持っているところ、たとえば匿名コミュニティやすぐに消えるコミュニケーションなどを補完的に持ちたがっているFacebookなんかが似たようなことをやると、うまくいく可能性もあるのかなとは思いますね。

via FlashChat: Easy, Fast, Local Anonymous Chat – TheNextWeb

カテゴリー
fun

iPhone のメッセージで相手をイライラさせる方法

Drive your friends crazy(友達を悩ませよう) というページが提案している、iPhoneユーザー相手にできる、ちょっとしたイタズラ。

それは、下のアニメーションgifをメッセージで送るだけ。

iphone-message-loading

受け取った相手からはこう見えます。

iphone-message-loading-result

imessage-loading-sign-prank-1

送信者「君に伝えなきゃいけないことがあるんだ」
iphone-message-loading-result
シボーン「何! 何よ!」

via This Prank Will Drive Your Friends Crazy

カテゴリー
ネットのマーケティング

イッセイ・ミヤケのGoogleストリートビューを使ったソーシャルマーケティング

香水のプロモーションのようですが、Googleストリートビューで世界の好きな地点を選んで、そこに好きな文字を描く、というもの。

メニューは日本語や中国語もありますが、描けるのはアルファベットだけのようです。モデルの女性が布を使って文字を描いてくれるところがファッション関係っぽいですね。

地名を選ぶ時も、英語で入力しないといけないようです。新宿と入れたらなぜか昭和パブ 新宿 ヤングマンの店内が出てきたので、そこにメッセージを設置してみました

歌謡パブの店内のストリートビューがあったことや、英語でShinjukuで検索するとなぜかその店内が出てくることなど、本筋と違うところでびっくりしましたが。

作成したメッセージつきストリートビューは、Facebook, Pinterest, メール, Google+, Twitterで共有するように促されます。

Facebookページで、世界中の訪問者が設置した画像を閲覧することもできます。

via Google Maps Mania: Post a Message on Street View