カテゴリー
ネットのサービス

Sharezies – サブスクを家族や仲間と共有するサービス

Sharezies というアプリが iOS/Android で出ていて驚いたのですが、これ、音楽や書籍のオンライン読み放題といったサブスクリプション(サブスク)サービスのログイン情報を家族やルームメイト、友達らと共有するためのサービスです。

グループを作って、お互いが自分のサブスクサービスのユーザー名とパスワード(!)を登録すると、他のメンバーがそれを参照して自分もそのサブスクサービスにアクセスできる、ということ。

「お父さんがファミリーアカウントのログイン方法を忘れたりしてないか? ハウスメイトが音楽サービスのパスワードを週に3回も変更してないか? 職場でB2Bサービスのログイン情報をチームで共有する必要はないか? – Sharezies はあなたのためのものです!」

「誰が最もサブスク登録に貢献しているかを見ることもできます」なんてアプリの説明に書いてあるので、友人間のギブ&テイクでアカウント情報を融通するような使い方も利用ターゲットに含めていそう。

家族、ルームメイトなどの同居人、遠方に住む家族、友人間で共有してもよいとするサブスクもあるでしょうが、規約で明示的に禁じているものや、家族の利用には追加費用を取る家族プランを別途用意しているサービスなどもあります。

昔アメリカの友人に、アメリカ国内からしか注文できないものを買いたいので住所使っていいかと話したら、返事のメールで彼女の Amazon のログイン名とパスワードが送られてきて驚いたことがあります。まあ信用されてるということでしょうけど危ないなと。世の中そういうことをする人もいるんだなあと。

サンプル画面では電力会社のサイトのログイン情報を共有したりしていて、これなんかは家族やルームメイトで共有しても問題なさそうな例だと思います(利用規約では禁じてるかもしれませんが)。結局は何を共有するかで問題になったりならなかったりするため、このサービス提供者側に責任はないのかもしれませんが、禁止されているサブスクの共有も引き起こしやすい面はあるかと思います。

https://apps.apple.com/tt/app/sharezies/id1507725958

カテゴリー
ツール

Link to Text Fragment – Googleによるウェブページの任意の場所をリンクできるブラウザ拡張

新しいLink to Text Fragment Google社自身によってリリースされた、ウェブサイトの好きな箇所をURL化して共有できるChrome拡張です。

拡張をインストールした状態でページ上のテキストを選択し、右クリックメニューを出すと、Copy Link to Selected Text (選択されたテキストへのリンクをコピー)というメニューが増えています。

ここでクリップボードに取得されたURLを Chrome ブラウザ上で開いてみると、

先ほどリンクを作成したwebページが開かれた上で、選択していた部分が黄色くハイライトされ、ページもそのハイライトされた部分までスクロールした状態で開かれます。

選択するテキストが短すぎると、URLが作れない、というエラーが出ます。

利用シーン

これまで、他人が作ったウェブサイトのURLを他の人と共有することはできても「この特定の部分を見せたい」というのは難しかったと思います。やるとすればページを開いた後にページ内検索で”○○○”を探して、とかでしょうか。

最新のブラウザとこの拡張を使えば、ページの特定の箇所をはっきりと示して共有できるため、長いページのある特定の箇所を素早く見てもらいたい、といった作業が効率化されるでしょう。

受ける側はブラウザが最新のバージョンであればこの拡張は不要です。Chrome を随時アップデートしている相手なら問題ないでしょう。

仕組み

Chrome バージョン80 から使えるようになった、Text URL Fragments の機能を使ったものだそうです。

コピーされたURLの後ろに、選択した文字列を含む文字列が追加されていますね。

日頃、チャットツールや社内のグループウェアなどでネット上のウェブページを紹介することが多い人などにとって、紹介の質が上がる良いツールなのではないかと思いました。

via The Verge

カテゴリー
情報共有ツール

コスプレ写真でGitを学ぶレポジトリ komeiji-satori/Dress

GitHub のkomeiji-satori/Dress は、自分のコスプレ写真をGitで管理し共有するため(A Study and Practice project of git)の学習用レポジトリです。

当プロジェクトで、リポジトリの clone, ブランチの作成, コミットのpush/pull, プルリクエストの作成, の全プロセスを学べます。Git/GitHub の使い方がわかるようになるでしょう。

This project helps you to learn the whole process of cloning a repository, creating a branch, pushing and pulling commits, and making a pull request, thus you can have a good knowledge of Git/GitHub’s usage.

100名近くの contributors が参加していますね。Hacker News で紹介されたことでどっと増えているのかもしれません。

説明が中国語と英語の併記で、必ずしも同じ内容が両方で書かれているようでもないですが、もともとは女装コスプレか異性装コスプレの共有場だったのかもしれません。Contributing.md には「他人の写真を載せない」「可愛いは正義」「性別不問」という参加条件が載っています。

public に全データが公開されていることから、データを利用したウェブサイトが複数作られ、README 中でも紹介されています。

ライセンスはCC 4.0 by-nc-sa とあるため、利用条件に従ってここの写真を再利用する人も出るかもしれませんね。

元々ソースコードの管理や共有のために作られた Git ですが、IT関連の電子書籍の編集などで使っているケースもあります。コードを書けなくても、いろんな人が自分の目的で使える場があれば、世の中の Git 親和性や バージョン管理への理解も高まるのかもしれないなと感じました。もしかしたらすでにあるのかもしれませんが、句会とか水彩画とか、いろいろな趣味の発表場所として使われていくのかも。

via Hacker News