「Facebook」タグアーカイブ

Facebook、バグによってCEOマーク・ザッカーバーグ氏の死亡を伝える

このバグはひどい

創業者ザッカーバーグ氏をはじめ、複数の有名人のFacebookプロフィール上が「追悼アカウント」とされ、故人を悼むメッセージが表示されていたということです。

マークを愛した人々が、共有された追憶と称賛で心慰められるよう願います。

We hope people who love Mark will find comfort in the things others share to remember and celebrate his life.

「何人が若死にした? 僕も死んだよ」という人も。

有名人や自社の社長だから騒ぎになってすぐ訂正されましたが、もしかしたら一般人でFacebookに殺されたままの人というのも、もしかしたらいるのかもしれないですね。

フェイスブックCEOマーク・ザッカーバーグ氏のプライバシー防衛術

Facebook社が大金をはたいて買収した、スマートフォン写真共有サービス Instagram の月間ユーザー利用数5億人突破したということで、Facebook 創業者でCEOでもあるマーク・ザッカーバーグ氏がFacebookアカウントで祝意を寄せています。

More than 500 million people now use Instagram every month — and 300 million every day. The Instagram community has…

Mark Zuckerbergさんの投稿 2016年6月21日火曜日

この写真を見てChris Olsonさん(@topherolson)がツイッター上で指摘したのは、ザッカーバーグ氏の使っているラップトップの様子。

  • カメラがテープで塞がれている
  • マイクがテープで塞がれている
  • メールクライアントは Thunderbird

zuckerberg-laptop-with-camera-taped

ソーシャルでの写真の共有を、そして最近は動画の共有を強力に推進しているフェイスブックの長としてどうなんだ、という話もあるでしょうけど、常に注目される富豪&有名人としては、身の回りの情報が間違っても他者に収集されないように気を配る必要があるのかもしれませんね。

セキュリティのチェックをしてくれる有能なスタッフがまわりにたくさんいるであろう氏がここまでの注意を払っているのですから、大事な情報を扱っている人はラップトップやスマートフォン等のカメラやマイクは塞いで置くことも検討したほうがいいのかもしれません。

Facebookが母の日専用の花アイコン「感謝!」をテスト中

フェイスブックのいいね! のリアクション、「うけるね」「悲しいね」など現在は6種類から選べますが、

facebook-reactions

ソースコード中に花アイコンと「感謝!」の文字が追加されているのを、ツイッターユーザー @sreedevsharma さんが発見しています。

実際ソースコードを見ると、is_visible: false (見えない)という状態で感謝のリアクションが含まれていますね。

The Verge がフェイスブック社に問い合わせたところ、「母の日を祝って、いくつかのマーケットで花を贈るリアクションをテスト中です」という回答を得たとのこと。

「アメリカでは有効にならない」とも言われたそうですが、日本は母の日もアメリカと同じ今週末ですし、ソースコードは日本語も対応(「感謝!」と入ってます)しているので、日本語ユーザーは日曜にこのリアクションが使えるようになるのかもしれません。

一時的な特別リアクションらしいですが、一回つければその後もつけた記事にはこの花が表示され続けるようです。

特定の日だけ使えるようなリアクションの話は今回初めてだと思いますが、これがうまくいけば、いろいろな記念日で特別なリアクションが用意されるようになったりするのかもしれません。

[追記 2017-05-19] 2017年も、日本のユーザーに対して母の日一日限定でこの「感謝いいね」が有効になっていたようです。

他人のFacebookアカウントを乗っ取る方法を見つけた人が$15000の報奨金を貰う

アナンド・プラカッシュさん(Anand Prakash)が月曜にブログで報告したのは、フェイスブックで他人のパスワードを取得する方法を見つけたという話。

Facebook のパスワードを忘れた時の再取得の手順は以下のようなものです。

  1. 電話番号かメールアドレスを入れる
  2. 送られてきた6桁の数字を本人の証明として入力
  3. 新しいパスワードを設定する画面に行ける

3でデタラメな数字を入れ続けると、10-12回ぐらい失敗した時点でブロックされてしまうそうです。ですので、6桁の数字を総当たりで試すことなどできないはず(=安全)なのですが、

  • beta.facebook.com
  • mbasic.beta.facebook.com

というfacebookに同じようにアクセスできるサブドメインでこれを行った場合、失敗してもブロックされないのを見つけた、というのです。

何回でも試せるので、10万回繰り返すスクリプトを回し、(他人のパスワードを本当に変えると犯罪なので)自分のアカウントのパスワードの再設定ができることを確認した、ということ。

こちらがデモ動画

Facebook への報告が2月22日、翌23日には修正を確認したということで、もちろん現在はこの手は使えません。

プラカッシュさん、3月2日には、Facebook からセキュリティホール発見の報奨金として$15000(165万円) を受け取ったということです。

ものすごい技術力がある、とかでもなく、beta. というアクセスができる別の入口を知っていた、とか、そこでたまたま試してみた、とか、こんな形でのセキュリティホール発見もあるんですね。これで$15000(165万円) 貰えるのは嬉しいだろうな、とは思いますが、もしこの hack が本格的に悪用されていたらどれぐらいの損害を被っていたかと思うと、Facebook には安く上がったと言えるのではないでしょうか。

もし2月23日以前に「変えた覚えがないのにパスワードが変わってた」ということがあった人は、気づくまでの間に同じ手口でアカウントにアクセスされていた可能性もゼロではないですね。

子供が映っている写真は自動的に限定公開にしたい、とフェイスブックの中の人が語る

「フェイスブック10年間のイノベーション」というイベントでフェイスブック副社長(日本語の副社長ほどは高い役職ではありません)のジェイ・パリクさんが語ったところによると、親が自分の子供の写真をフェイスブックへアップロードして、それがフェイスブック全体に公開する指定となっている場合に、「知人限定じゃなくていいんですか?」と警告することが将来的にできるだろうということです。

GoogleもFacebookも、利用者が撮影してアップロードした写真の中の人物の誰が誰かを特定することに一生懸命になっています。いずれは動画の中に映っている人を特定したりもできるようになるでしょう。

巨大なネットサービスに、居場所や友人とのやりとりだけでなく顔や表情まで読み取られ、広告のターゲットとなっていくのは不安もあります。ユーザーのためになることにも使えるんですよ、という言い訳用であっても、子供のプライバシーを守るための機能も検討してくれるのはいいかなと思います。

フェイスブックの友人のアイコンや名前をぼかしつつ共有できるサービス Threadshots.com

Threadshots は、フェイスブック上の投稿をフェイスブック外で共有しやすくするための支援サービスです。

Chromeブラウザの拡張機能として提供されていて、この拡張をインストールしておくとFacebookの各記事に Threadshots ボタンが登場します。(ただしFacebook の言語設定は英語である必要があります。少なくとも今のところは)

threadshots-installed

拡張インストール直後のフェイスブック。

threadshots-button

各スレッドに上のようなボタンがついています。ボタンを押すと Threadshots.com 上に見ているコメント/リプライが取り込まれて、

threadshots-covered-full

アイコンや氏名のところを完全に隠したり、

threadshots-blurred

ぼやかしたりすることができます。

この匿名化したスクリーンショットのリンクを、ツイッターやタンブラー、レディットなどに貼り付ければ、「誰が言ったかは言えないけどどうしても共有したいやりとり」みたいなものが、ある程度は身元がバレないよう配慮しながら公開できるというわけ。

上の例では完全公開のスレッドを使いましたが、実際に隠してまで公開するとなると、友達内での限定公開のスレッドに対して使うことが多いかもしれないですね。

アイコンや名前を隠しても、コメント本文に発言者やそのスレッドのコミュニティを特定するような情報が入っていればダメなんで、過信は禁物だと思います。元の発言者が限定にしているものを勝手に画像で転載するのも一般的には良くないマナーだとは思いますが、ネットに完全公開、ではなく、別の非公開のコミュニティに対して紹介する、だと実態としてはたくさん起こっているのかもしれません。そんな共有を頻繁にする人には便利なサービスといえるかもしれません。

(credit methodshop .com )
(credit methodshop .com )

via TNW

英語で一番使われる(笑)はLOLじゃなかった – Facebookの統計データから

Facebook Research の Sarah Larson さんが発表したのが、メッセージやコメントなどで「笑っている状態」を表現する文字についての統計です。

英語で「笑っているよ」を表現する方法としては、LOL = laugh out loud = 大笑い、とか LMAO = laugh my ass off などが有名かと思います。でも、こんな略語が本当に良く使われているんでしょうか?

Larson さんは、5月最終週のFacebookの投稿・コメントを正規表現を使って集計し、全体の15%のユーザーがこういった(笑)表現を使っていたという結果を得ました。さらにその内訳はというと、

(chart image: Facebook Research)
(chart image: Facebook Research)

このグラフのようになります。一番多かったのは”ha”、そしてそれを繰り返した”haha”, “hahaha”などのグループ。日本語で言うなら、コメントした後に”ハハハ”と書くような感じですね。

次が絵文字系、そして”he”, “hehe”(ヘヘ)と続きます。

LOLは1.9% の使用で、50分の1ぐらい。見ないわけでもないけど、そんなにみんなLOLを使っているわけでもない、ということがわかりました。

Facebookだけのデータではありますが、Facebookの英語圏での普及率や使われ方を考えると、ネット一般で見てもそれほど傾向は違わないのではないかなと想像します。

via VentureBeat

1995年のFacebookコマーシャル

1995年といえば、Windows95の出た頃ですね。当時のフェイスブックのCMがYouTubeにアップロードされています。

「いくつかやることが有ってカヤックに一緒に行けなくなったよ」と言ってきた友人に、フェイスブックに入ったばかりの男性が、「フェイスブックを使えば問題は解決だよ」とフェイスブックの素晴らしさを伝える動画です。

友人の「母に誕生日の贈り物をしなきゃ」という用事には、「そんなのフェイスブックで誕生日おめでとう、と送っておけば同じことさ」とアドバイス。そんなんでいいのか?

facebook-1995-mom

1995年ともなると画面デザインがいかにも古くさいですね。好きな写真を(6枚まで)送ると、プロフィールの画像として設定してもらえるというサービスもあったようです。

同僚の女性を飲みに誘う電話をしなきゃ、という問題については、「フェイスブックでその同僚を探せば、好きな映画、出身校、彼氏がいるかどうかなどすべてわかるんだぜ。イベントを作って招待すれば飲みに行くこともできるよ」だそうです。なんかストーカーみたいですが。

その誘いたい女性の写真からビーチでの水着写真を見つけ、「電話すれば無料でプリントアウトも貰えるんだぜ」と。昔はそんなサービスをやっていたとは。好きな画像を印刷したマグカップを購入したりもできたそうです。

facebook-1995--toll-free

こんなに便利なフェイスブックへの入会方法はというと、800番で始まるフリーダイヤルに掛ければ、フロッピーディスクのスタートアップキットが送られてきて、最初の10時間は無料で接続できます。必要なのはパソコンと電話回線だけ。

動画には、「懐かしいなー、スタートアップキットのCDをフリスビーにして遊んでたよ」など当時を懐かしがる声や、「フェイスブックって昔はこんなだったのか」「おいおい、フェイスブックが始まったのは…」というコメントも寄せられています。

ちなみに、こちらが元ネタですね。AOL(アメリカ・オンライン)の1995年のテレビコマーシャル。パソコン通信で花を送ったり飛行機のチケットが取れますよ、という内容。

via Hilarious ad shows how Facebook would've been if it existed in the 90s

書評: つながりっぱなしの日常を生きる ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの

アメリカのソーシャルメディア研究者ダナ・ボイド ( @zephoria氏の著作 It’s Complicated の邦訳。

http://www.amazon.co.jp/dp/4794220871

ソーシャルメディアを使う若者への多数のインタビューなどを元に、大人がソーシャルメディアや現在の若者社会について持っている誤解などを解いていっています。

以下、特にハッとさせられた部分。

p.48 治安の悪い地区からアイビーリーグの大学へ願書を出した黒人少年の話。マイスペースではギャングのような発言をしたりしている。大学の審査担当者は願書の中の志のある少年が嘘ではないかと疑うが、著者はそのように自分を見せないとうまく生きていけないコミュニティで苦悩する若者という可能性を提示する

日本でもツイッター等で本来公に見せるべきでないような行動を誇示したり写真を載せたりして炎上している若者が多いが、その中には若者の世界での中の友人関係をなんとか維持しようとするあまりに、本当は自分がそうしたいというわけでなくても社会から見たら問題となるような行動をとってしまうことがあるのでは、という観点。

p.132 「インターネット中毒」という言葉を初めて使った精神科医イヴァン・ゴールドバーグ氏は本気でそれを病気としての中毒と考えていたわけではなかった。何かに熱中してやりすぎる人は何にでもいる。 p.157 ネット中毒という言葉は、子供をネットから遠ざけたい大人の便利な道具となっていないか。

「中毒」ということにしてしまえば、そこで相手を「自分とは別物」と切断してしまえます。自分の趣味は「熱心」で、理解できない趣味は「中毒」と言っているだけなんじゃないか?

p.178 子供の性犯罪被害。実態としては加害者の多くがネットと無関係な知人や家族なのに、メディアはネットの向こうの狡猾な性犯罪者の危険を煽る

p.196 ソーシャルメディアで自分の苦しみを訴えている子供は多いのに、大人がそれを見つけて必要な手助けをすることができていない。

「ソーシャルメディアで若者を騙そうとする悪い大人がいる!」から、「だから使わせるな!」に行くのではなく、「ソーシャルメディアで若者を導こうとする良い大人はもっといる」とでもなればいいのでしょうけど、それをどうやって実現すればいいのか。今のネットで「若者の声を代弁」みたいなことを言っている大人に、良い大人のフリをした悪い大人みたいなのがいるのも事実でしょうし。

p.257 Kinnectのようなシステムが、肌の色が濃いユーザーで認識率が落ちてしまうこと。新しい技術が新たな不平等を産むことがある。

日本の状況と違うところもあるが、おそらく共通する点も多いでしょう。子供が自由に外を歩き回らなくなっている、忙しすぎてオンラインぐらいでしか友達と社交をする暇がない、というアメリカの状況も、日本にやってくるのはすぐのようにも感じます。

売上の9割が書き手に入るという新ソーシャルネットワーク tsū 登場

フェイスブック対抗、で出てくるソーシャルネットワークとしては、先月 Ello をご紹介しました。個人情報を売らず、プライバシーを大事にする代わりに、便利機能を有料で売るというモデルでした。

昨日21日火曜日に(時差があるので実際には今日でしょうね)公開された tsū(ツー) は、それとは違う方向性でフェイスブックと差別化しようとしているソーシャルネットワークサービスのようです。

tsu-akky-tokyo

tsū ではフェイスブック同様に広告は表示され、そこからの収入が運営にも回されるのですが、広告収入の9割は利用者に還元されるのだということです。

サイトでは、「サイト上でコンテンツを作っているあなたがたが何の見返りも受け取れないのはおかしい。あなたの作ったコンテンツをあなたの観客が読んでいるのだから、あなたが受け取れるべきだ」と謳っています。

個人情報や広告についてはもう仕方が無いとして諦めるにせよ、自分の書いたものを友達が読んでるのだから、書いたユーザー本人にも利益をわけますよ、ということですね。プライバシー重視の過去の対抗馬とは、たしかに方向性が違います。

というわけでアカウント作りました。アカウント名が「5文字以上」と言われてしまったので、残念ながらいつもの @akky ではなく、@tokyo としました。

使ってみたい方はこちらから登録できます。

http://tsu.co/tokyo

# 紹介者にインセンティブがあります。僕に良いことがあると嫌な方は、検索で他の方の紹介を探して、そちらから登録してください

メニューは英語で、言語の切り替えも(まだ)無さそうですが、登録画面には特に難しい項目はないでしょう。

tsu-registration-form

生年月日はデフォルトで表示されます。後で設定で非公開にはできますが、webサービスに本当の誕生日を入れるような方は注意してください。

登録してログインすると、トップバーに $0.00(円) という金額表示が。直裁です。クリックすると自分の収入がグラフで表示されます。

tsu-bank

アクセス解析も最初から提供されていて、自分の各投稿の閲覧数や被いいね!数などがわかります。

tsu-analytics

Re/code によれば、tsū は既に7万ドル(770万円)の出資を受けているそうです。

フェイスブックのような大きなサービスになれるかどうかは、現状ではまったくわからないとは思いますが、お金をインセンティブにすることで乗ってくるユーザーはいるでしょうし、もともとコンテンツをお金で売っていて、既にファンが多数ついている有名人や作家にとっては、フェイスブックなどよりもこちらが流行してくれたほうが直接収入になる可能性もあります。

[追記 2014-10-24] 初日の広告収入が計上されました

via New Social Network Tsu — Which Pays Users Who Post — Raises $7 Million(7億7000万円) | Re/code