カテゴリー
ネットのサービス

taxsim.app – 過去60年間のアメリカの所得税額を計算できるサイト

資料として面白いサイト。taxsim.app はアメリカ合衆国の各州における所得税額をシミュレートしてくれるwebサイトです。

今年だけでなく1960年から現在まで、それぞれその年の税率で計算してくれるというところに特徴があります。

年度や州、年齢や婚姻状況、そして年収を入力すると、連邦税と州税の額が表示されます。

カリフォルニア州、2000年に25歳、独身、年収9万ドル[acc value="90000" currency="usd"]として税率を計算

控除に影響する様々な追加の設定もすることができます。また、設定からdevモードにすると、このデータを表示しているAPIに対するrequest/responseを確認することもできます。

この税額計算ができる TAXSIM というソフトウェアは Fortran で書かれていて、これまでもいろいろな方法で動かされてウェブUIも何度も変更されているらしいのですが、現在の実装は Fortran のオリジナルコードを WebAssembly/LLVM で動かし、今回の UI は Vue や Tailwind.css を使っているそう。ソースコードも公開されています。

過去の税率や控除がどうだったかをウェブ上で自分でいろいろと確かめられるのはいいですね。同じ年収で年度を進めていくと、年収にもよるのでしょうけど1980年代とかに比べて連邦税の金額が減少傾向にあるんだな、など変化を実感することができます。

適当な値を入れて税金がどう変化するかを試してみましたが、1960年代から今までの税率の変化は、ずっと増え続ける、とか、ずっと減り続ける、とかいうことは無く、長いスパンで増えたり減ったりしていたようです。年収のレンジなどによっても傾向は変わるのかもしれませんが、政権党の交代とか景気の変動に対して変わってきた結果なのかもしれないですね。

いずれにしても、「昔はもっと税金が高かった」あるいは「安かった」という n=1 の回想というのは、その人のいた業界が伸びたかとか、個人の昇進や転職がうまくいったかどうかとか、家族の増減とか、色々な要因に影響されていて必ずしも世の中全体の変化を映してはいないかもしれません。こういったツールでモデルケースをいろいろ遡れるのは、議論のための正確な証拠が取れるという意味でいいですね。

カテゴリー
ジェネレーター ツール

Facitars! – アバターアイコン生成ライブラリ

Facitars! は、一定のトーンに沿った形で与えたシードからランダムなアバターアイコンを生成してくれるライブラリです。

Facitars! のサンプルコードで生成したランダムなアバター群

アカウント名やメールアドレスをシードにすることで、他のユーザーと形や色が同じにならないユニークなアイコンをユーザーごとに自動で作れるため、会員登録制のwebサービスのデフォルトアイコンなどに使えそうです。

HTMLページに埋め込んだJavaScript から呼び出すことも、サーバーサイドから呼んで画像を作ることもできるオープンソースのライブラリの形式で提供されています。実際に作ってみました。

Facitars! で自分のアカウント名などをシードに作成したアバターアイコン

ユーザー登録サービスでも自分のアイコンを登録する手間は面倒と感じる人が多いようで、ユーザーが並んでいるコメント欄などでもデフォルトのアイコンが並ぶばかり、というサービスもありますね。こういったライブラリを使ってデフォルトアイコンでも個人別に違ったものにすることはいい対策かなと思います。

同様のアバタージェネレーターとしてはたとえばBoring Avatarsなどもあります。こちらはカワイイ系のアイコンを生成できますが、色のバリエーションは手動で与えるタイプのようです。

via reddit

カテゴリー
ネットの事件

とある「ブラウザ拡張が Manifest V3 に対応しました」リリースの機能一覧がすごいことに

Chrome拡張機能を作る際の仕様が Manifest V2 から Manifest V3 に移行するという件に絡んで、表示中のwebページをhtml一個にまとめて保存してくれるブラウザ拡張 SingleFile の「対応」が面白いことになっていると reddit で取り上げられていました。

Manifest V3 対応版を謳ったSingleFile-Lite がそれなのですが、その README に掛かれた対応版の主要機能はというと、

  • 信頼できない自動更新機能
  • バックグラウンドでの自動保存機能なし
  • 時間の掛かる保存は上限5分で打ち切り
  • 必要な時にも referer を勝手に挿入しません
  • Fontface API経由での独自フォントの読み込みを制限
  • 他も乞うご期待!

Manifest V3 に対応する修正をした結果、いろんな既存機能がデグレードしてしまったんですね。

そして、Manifest V3 対応による新拡張機能の利点はというと、「なし」とのこと。

ブラウザ拡張がユーザーの読み書きするデータを参照する権限を獲得する粒度が大きすぎたために、従来の Manifest V2 のAPIでは必要以上のものを取られることがあり、これが悪さをするブラウザ拡張の跋扈を招いたと言われます。Manifest V3 では拡張が何でもはできないように権限を絞っているらしいのですが、そうなるとこれまで提供できていた機能を続けられなかったり、同じ機能を実装するのが大変になったりする拡張も多いのでしょうね。

SingleFile の作者も、制約の多さに嫌気がさしたのかも。やけくその対応版 Lite のリリースは開発者の悲鳴なのかもしれません。どんなAPIにアクセスしていたか次第で、V3への対応の大変さはまったく違っていそうですけれど。

via reddit