カテゴリー
WordPress

WordPressでLINEへ送るボタンを設置する方法

ひさびさに増えた、ソーシャルで共有系の新ボタン「LINEへ送る」を、このブログにつけてみました。数分でできるのでやり方をご紹介しておきます。

Jetpackの機能を使っているので、もしまだJetpackを入れていなければ、Jetpackを入れて、有効にしてください。Jetpack、いろいろと便利ですよ。

アイコン画像の用意

配布されているアイコンに、16×16ピクセルのものがないので、ダウンロードしたら展開して、40×40ピクセルのアイコンなどを編集して16×16にしてください。

メディアの新規追加でこの16×16のアイコンをアップロードし、アップロード完了画面で出たファイルのURLをコピーしておきます。

Jetpack

[設定]-[共有]-[共有ボタン]で、「新サービスを追加」をクリック。開いたダイアログに、たとえば以下のように入力します。

サービス名: LINE
共有URL: http://line.naver.jp/R/msg/text/%post_title%%0D%0A%post_url%
アイコンURL: さきほどメディアアップロードしたアイコンのURL

[共有ボタンを作成]を押すと、利用可能なサービス、にLINEボタンが増えていますので、これを下の有効化済のサービス、にドラッグしてください。

そのすぐ下に、ブログ記事の下にどのように表示されるかのプレビューが出ますので、他のソーシャルボタンとの順序等に問題がなければ、「変更を保存」してください。

この仕組みで表示させると、パソコンで見たときも表示されてしまいます。今はパソコンからクリックしても何も起こりませんが、これはいずれ対応してくれることを期待します。

カテゴリー
WordPress

[公開終了] WordPressブログで告知を扱うプラグインApollo Plugin

[更新 2016-09-26] プラグイン、Githubのソースコード共に公開が取り下げられていました。類似のプラグインとしては、Notification Barなどがあるようです。

Apollo Pluginは、ワードプレスブログで各ページの最上部に出す告知を簡単に作成・管理できるプラグインです。

管理画面は機能をオンにするのと、通知バーの色を選ぶぐらい。

カスタムポストで通常の記事と同じように、アナウンスバーに出したい告知が書けます。開始日・終了日も指定できるので、告知の必要性が無くなったら自動的に消すことも可能。

ブログでちょっとした告知をする際にいいかも。

[更新 2013-03-13] プラグインの公式ページができ、また、僕が作った日本語リソースが取り込まれたようです。メニューが日本語になります。

カテゴリー
WordPress

Kindleの電子書籍のサンプルを簡単に表示できるWordPressプラグイン Embed Kindle

作りましたDigital Inspirationで紹介していた、Kindle Readerを自分のサイトに貼る方法を見て、WordPressプラグインにしたものです。

[[embed_kindle asin="B009B1RI7M"]]

というショートタグを書くと、以下のように表示されます。

[embed_kindle asin=”B009B1RI7M”]

asin=””のところは、AmazonのKindleストアで表示したい電子書籍のページをブラウザで開き、URLの中の10桁の英数字をコピーしてください。

サンプルがあればマンガでも表示できますが、あまり読みやすくは表示されないですね…

[[embed_kindle asin="B008ODF84I"]]

[embed_kindle asin=”B008ODF84I”]

Digital Inspirationの記事はLong Tail World: キンドル電子書籍をサイトに埋め込む方法:How to Embed Kindle eBooksでも紹介されています。

このKindleReaderは、米国向けのものらしく、リンク先がUSのKindleストアになったり、US版に存在しない書籍やマンガについてはエラー表示も出たりしてしまうのでいまいちですが、日本のAmazonで日本向けのものがリリースされたら、プラグインを改良して追随させようと思います。

WordPressの公式プラグインディレクトリで公開されましたので、プラグインの「インストール」から”embed kindle”で検索すると出てきます。