父親産休を取ります

産休に入ります。

個人活動は平常どおりです

個人でやっている仕事やプロジェクトは、在宅でできるものが多いので、通常通り行ないます。

すでに一年以上、週四日は自宅でネットサービスを企画したり、英語ブログのAsiajinの運営をしたりという暮らしを続けてきました。それが週七日になると思います。

よろしければ、当ブログ同様、個人ブログのフィードも購読していただけると、たいへん励みになります。

[追記 2009.04.16] 父親にとっての産休と育児休業の違いについてはこちらでまとめたのでどうぞ。

その後、育児休業の方も取得しています。父親育児休業開始父親育児休業終了

Googleがtwitterを開始

http://twitter.com/google

Matt Cuttsさんのtwitterで、公式twitterであることが確認された。

日本時間で2/26(木) 午前9時過ぎに最初に投稿されたつぶやきは

I’m 01100110 01100101 01100101 01101100 01101001 01101110 01100111 00100000 01101100 01110101 01100011 01101011 01111001 00001010

答えは↓で。

2進数のところをASCIIコードに直すと、”I’m feeling lucky[LF]”になる。

名前は”A Googler”、所在地はカリフォルニア州マウンテンビュー(本社所在地)、ウェブサイトはGoogleのAboutページ。Googleからのニュースやアップデートを届けるという。

その後のつぶやきは、

となっている。

フォローしている35人(現時点)は、Googleの有名社員やGoogleのサービス・オープンソースプロジェクトなどのアカウント。

この時点でもう、3500人以上がフォローしている。

Lenovo IdeaPad S10eレビュー

アジャイルメディアネットワークのモニターに申し込んだところ、忘れた頃に当選通知が来た。Lenovoが始めて出すネットブック(Intel指定の汎用部品を多用した低価格ノートPC)、IdeaPad S10eの3週間モニターだ。

たまに書いてるので知ってる人もいるかもしれないが、僕はモバイル用のパソコンとしてはパナソニックのLet’s note R3をここ4年ほど使い続けている。買ったときで20万円(1818ドル)以上したが、細かな不満はありつつも今でも使えている。

しかし、最近、各社のネットブックが5万円(455ドル)前後で出てきて、さらにe-mobileの加入と引き換えに100円(0.91ドル)で売ってたりしているので、ネットブックがどれぐらい使えるのかは気になっていた。僕はノートパソコンを無くしたり取られたりしたことはないけど、気軽に持ち歩くには外で壊れたり盗られたりしても金銭的ダメージが少ない方がいいかなあ、というのもあるので、安くなるのは歓迎。どの会社のも似たような構成になっちゃうのは、まあ甘んじようかと。

到着したS10eの箱。前のモニターの人が使ったあと回ってきたもののよう。箱小さいなあ。

lenovo-ideapad-s10e-package.jpg

開けてみる

lenovo-ideapad-s10e-package-opened.jpg

lenovo-ideapad-s10e.jpg

これはご愛嬌。

lenovo-ideapad-s10e-translation-ouch.jpg

Linuxの方は、まだこなれてない感じもある。

発表会でもちょっと触ったけど、すぐに立ち上がる内蔵Linux OSというのを試してみる。ブラウザはFirefoxっぽいのだけれど、メニューからオプションなどいろいろ消えていたり、独自のブランド名がついている改造版。

lenovo-ideapad-s10e-linux-splashtop-browser.jpg

Windows側はXP。

lenovo-ideapad-s10e-xp-sticker.jpg

レノボなんだけど、トラックポイントじゃなくてタッチパッドになっている。Thinkpadのトラックポイントは好きなのでちょっと残念だけど、タッチパッドだから使えないということはない。ただ、このタッチパッドは奥行きが少し足りない感じかなあ。

lenovo-ideapad-s10e-touchpad.jpg

モニターに応募したのが昨年末のブロガー向け発表会の時なんだけど、年明けてからSonyの尻ポケットモバイルパソコンVAIO type Pを見てしまったので、そちらの衝撃の方が大きくてちょっと霞んだ感じはある。

type Pの方は最初からメモリ42G載ってたり、液晶が高解像度だったりと僕的にいいポイントをつかれているので。type Pは機能だけじゃなくてネットブックというには少し割高なので購入層もちょっと違うのだろう。

4万円(364ドル)台という価格の他のネットブックと比べるなら、Lenovoらしい仕様の選びで面白い選択ではないかと思った。

p.s. 驚異の2画面ノートPC ThinkPad W700dsのモニターもやるらしい、とLenovoのニュースレターで知った。こっちはこっちで惹かれるなあ。

アルファブロガー・アワード2008:ブログ記事大賞発表会に行ってきた

週末、アルファブロガーアワード2008の記事大賞発表会に行ってきた。

aba-signboard.jpg

会場は表参道。

毎年選考方法が変わるアルファブロガーアワード、今年は賞を始めたときからの念願だったという、ブログ単位ではなく記事単位で選ぶという方式が初採用された。

ブログ単位で選ぶ場合は、ブログを毎日書くとか、たくさん書くとかそういうのが影響するところもあるだろうと思う。特に多作でなくても、たとえ年に一本でも、多くの人をうならせたり、感動させたり、あるいは総突っ込みに走らせたり、そういうブログ記事をみんなで探してみよう、というのが今年の趣旨と見た。

どこかの誰かが単にいきなり「面白いブログ記事や注目の集まったブログ記事、議論を巻き起こしたブログ記事を推薦してよ」と呼びかけても、なかなか投票は集まらないだろうと思う。これまでの4回は、ある意味注目を集めて多くの人に投票してもらうための準備だったのかもしれない。

僕が推薦したのはこの2本。残念ながら選出はなかったし、去年一年間で読んだものから探して選ぶのはたいへんだったけど、選んだということも後までウェブに残るし、よかったかもしれない。

5000票近くの推薦の中から選ばれたのは、リンク先の12個の記事。いいこと言ってると思うのもあれば、これは釣れるだろうなあという「議論巻き起こし系」の記事も。

個人的には、リアルタイムで読んでたけどまゆたんブログ:思うこと。がまゆげ白いと思った。「快感フレーズ」ってきっとああいうのが好きで好きでたまらなくて書いてたんだろうと思っていたので驚きだった。漫画なり小説なり、昔は編集部や出版社経由でしか漏れてこなかった作者の心情が、ブログでダイレクトに出てくるという点も面白かった。

はてなブックマークで見たことがあるものもあれば、まったく知らなかったものも。去年のアルファブロガーもそうだったけれど、ブログ自身やウェブに関するものが減って、普段接することが少ないカテゴリーのブログ記事も多い。(アメリカと違って)日本では不活発とされている政治ブログが複数出てきたのも特徴か。

声優にブログ記事を読んでもらう、という企画は、思ったより良かった。12本に選ばれた記事自体の力もあるのかもしれないが、感情を込めたり複数の登場人物を演じ分けられた朗読は、新鮮な体験だった。

aba-yukari-fukui.jpg

会場をスポンサードし、着ぐるみキャラと全身タイツで盛り上げてくれたプリングルズにも感謝。いただいたプリングルズは家で楽しんでいる。

000-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg

aba-pringles.jpg

書評: Subject to Change 予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

Subject To Change――予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

subject-to-change-japanese-cover.jpg

なんか読むのに時間がかかった。あのAdaptive Path社がプロダクトデザイン・コンサルティングについて解説するという本。

イーストマン・コダック、Tivo、薬瓶、おしり拭き、iPod、Flickr、Netflix、ダイソンなどのプロダクトデザインの成功例や、アイデアはすごいように見えるけど実際には失敗だったプロダクトを上げて、プロダクトデザインで気をつけるべきことを説明している。

7章では「アジャイル」が登場。ソフトウェア開発プロセスでもおなじみの話なのでここだけはよくわかった。試してみて調整を繰り返すことでよいものが作れる、という話。

読んでいてもなかなかスカっとした感じにならなかったのだけれど、僕が専門外であるということの他に、Adaptive Pathの人が成功の要因を単純な法則的なものに落とし込んでおらず、そのような「これをやればOK」という答えも無い、ということなのかなと思った。

一章一章に書いてあることは理解できたのだけれど、それらを理解して自分の課題に対して何ができるかは、それぞれが自分で考えないとだめ、ということなのかもしれない。


[書評に関する注意書き]

  • 貰って書いた本についてはその旨記述する
  • このブログはサイボウズ・ラボの社員ブログなので、秋元個人に献本いただいても、何でも自由に書けるわけではない。
  • もちろん、書評以外の他のブログエントリもそうだが、社員ブログではあってもサイボウズ・ラボ全社やサイボウズ・グループの意見を代弁してるわけではない。
  • 献本いただいても必ず読めるわけでも、ご紹介できるわけでもない。読書の速度は遅いので、発売前や発売直後に送っていただいても、ご紹介が半年後になるようなこともある

Google Japanが”more”を「その他」に変更

今日見たら変わっていた。

以前から気になっていて、Googleの中の人に話したこともあるのだけれど(たぶん担当じゃない人なので、僕が伝えたから変わった、とは思ってないよ)、Google日本版のページ上部にあるメニューの”more”が日本語の「その他」に変わった。

google-others-screenshot.png

変わる前はこんな。

google-more-screenshot.png

平均的日本人が”more”という単語を理解しない、とは思わないけれど、できるだけ多くの人にサービスを利用してもらうには平均を見るのでは足りなくて、横文字はなるべく避けた方がいいと思うし、Google JapanがYahoo! Japanに比べてローカライズが甘いと言われる所以かなと思っていたので、これはいい変化なのではと思う。

# でも”Gmail”を「メール」とか「Gメール」にするのは社内的に難しいんだろうなあ、とも思いつつ。

# “I’m feeling lucky”はいつから無くなったんだっけ。あれも英語のままは無いよなあと思っていたが。

Yahoo! Japanのトップページのほうは、かなりアルファベットを排除しているし。まったく無いわけじゃなくて”My”とか”Japan”はあるけど、”more”よりは簡単な単語だし、わからないと進めないという箇所でもない。

僕は、この違いは両社の成立の違いから来ているのかなという風に見ている。

Yahoo! Japanのほうは、もともと米国から来たブランドではあるけど、日本の資本が大量に入っていて普通に日本の会社としてやっている。そこの社員も特に英語が得意という感じでもなくて、きわめて普通の日本人的な感覚でメニューを決めているし、米国の意向からは離れて自前できめるられる裁量が多そうだ。

それに対してGoogleは、今もそうかどうか知らないけども日本に進出した頃は英語ができることが必須、みたいなイメージで人を集めていた。”more”がページトップにあっても特に問題なく読めてしまうような社員が多くて、かえって英語ができない人や英語を避けたい人の気持ちが実感できてなかったのかなあと。

注記

外国語を使う前にルールを調べましょう、という事を言ってるつもりは全然ないよ。実際にやってみるといろんな事が出てきておもしろいなあ、という話のつもり。実際問題は大文字だろうと小文字だろうと情報は伝わると思うので。

残りのセッション

今回ホセさんがスペインから来日されているということで、プレゼン資料を英語で作ったり、海外向けへのアピール的な発表があった。

yanddさんによる、日本のPHPの現状。PHP技術者の給料や、日本のコミュニティ事情など、とても面白かった。Asiajinで書いてほしいなこれ。

そして、sotarokさんはopenpearの紹介を。次は国際化という話もあったので、本家PEARの停滞感を打破するようなすごいリポジトリになる可能性を秘めている。制約の少ないPEAR開発者のコミュニティには期待。

kunitさんは、TDD(Test Driven Development, テスト開発駆動)の話と実演。目の前でTDDによるボーリングのスコア計算をするクラスの開発デモが行なわれた。コメントにテストコードを書くというDocTestを使っていて、これも興味深い話。

Google Japanのトップページのページランクが9から5に

Googleの社内ブロガーで、検索スパム対策担当としてSEO界では非常に有名なマットカッツさん(Matt Cutts)が、twitterでこんな書き込みをしている。Gen Kanaiさんに教えてもらった。

Google.co.jp PageRank is now ~5 instead of ~9. I expect that to remain for a while.

http://google.co.jp/のページランクは9ではなく5になった。これは当面の間続くだろう

同じ会社内で変な話ではあるが、自社であっても基本のルールは厳しく適用する、という姿勢を示すことは、Googleにとってもいろいろこれまで厳しい取締りを主導してきたマットカッツさんにとっても重要なのだろう。

via Google Penalizing Google

[追記 2008.02.18] Google Japanの説明が出た。