毎日自分の食事する様子を中継するだけで月収9000ドルを稼ぐ韓国の女性ビデオブロガー

ロイターの動画ニュースによると、韓国には物を食べる様子をネット中継するだけで、毎月9000ドル(99万円)もの収入を得ている女性がいるそうです。

gastronomic-voyeurism-1

http://www.youtube.com/watch?v=oTs7KxD-V-0

この女性、パク・ソ・ヨンさん、毎日、長くて3時間になる自分の食事の様子を中継し、それを数千人のファンが観ているそうです。

ファンはパクさんにメッセージを送ったり、お金に換金できるバーチャルな「風船」を贈ることができ、その売り上げなどで彼女の月収は今や9000ドル(99万円)を超えたとか。勤めていたコンサルティング会社も退職したということなので、今は食べるのを見せるプロ、ということなのでしょう。

この人はたぶん最も成功している一例としてニュースになったのだと思いますが、同様の食事中継をしている人は韓国に3500人ほどおり、人気のある人はレストランなどのスポンサーがついているそうです。

動画の終わりでファンがコメントしていますが、一緒に食べているような気分になるし、一人で寂しくご飯を食べている人たちの慰めとなっているのでは、と言うことですが。

ロイターの紹介のしかたからすると、英語圏では同様の現象は起こってないのではと思われます。韓国の高速インターネットの普及率の高さや、一人世帯の多さが背景にあるのではと動画では言っていますが、そうだとすると日本でも食べる様子を見せるプロというのが出てくるんでしょうかね。ひょっとしたらツイキャスとかに居たりするのかしら。

そういえば、日本のテレビでも大食いする人たちを何時間も見せる番組がすごい人気だったこともありました。人が快活に食べる様子というのは、人によってはお金を払うほどのコンテンツたりうるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です