「家」タグアーカイブ

カリフォルニア大火災の前後を衛星写真で見比べるサービス

カリフォルニア州サンタ・ロサで発生した大規模な山火事、40人以上の死者を出し、一週間経ってもまだ完全に収束してはいないということです。約10万人が避難し、多くの家が焼けてしまったということで、被害の映像もいろいろと入ってきています。

10月12日、火事の後の衛星写真を使ってRobin Kraftさん(@robinkraft)が作ったのは、この被害地域の衛星写真を火災前と後で一つに並べ、マウス操作でオーバーレイされた二つの画像を見比べることができるサイトです。

左にスライドすると、火事の後の写真が見られます。デフォルトで表示される地域は、地域中の家が燃えて灰となってしまっていますが、画面の左端のあたりでは、延焼が止まって家々が残っています。

赤いところは木々の緑が赤方向にずれているためで、赤外線カメラでの撮影による影響ということです。家が次々と燃えても、家の間の木々は結構残っているものなんですね。

こちらのニュース記事には、山火事が起こった領域が地図に描かれていますが、複数の離れた箇所で発生し、それぞれが大きく燃え広がっていることがわかります。

画像比較スライダー(image comparison slider)などと呼ばれる、比較的新し目のUI、ニュースサイト等でもよく見るようになってきましたが、このような事件で被害の深刻さを見せるには大きな威力を発揮するようです。

via Maps Mania

朝日も昼日も夕日もあたる家

北欧の人は太陽の光を貴重と感じ、ちょっと肌寒くても陽が出ると日光浴を始める、と読んだことがあります。

ノルウェイのこのお宅は、そんな貴重な日の光を家ごと浴び続けられるよう、常に太陽を方を向いて回転するように作られているそうです。

rounding-house-from-top

大きな母屋に、横にあるのはプール?

rounding-house-underground

家の地下部分は大きな空洞で、真ん中に家を回している軸があります。

田畑にしてるわけでもない緑が家のまわりに広がって、いいおうちですね。

via The Awesomer

サインフェルドのアパートをDOOM上で再現したファン

アメリカのシトコム史上1,2を争う人気だったというコメディドラマ「サインフェルド」の主人公ジェリー・サインフェルドのアパートを、DOOM2 上で再現した人が現れました。

seinfeld-apartment

このアパートね。

4人のメインキャストも忠実に再現しているのですが、なにぶん元が殺伐としたシューティングゲームなので、その扱いはひどいことになっています。

作るのに100時間掛かった、というデータは、こちらからダウンロードできます

フィクションの中の建物や風景をファンが再現する、というのは、VRの普及とあわせてこれからも増えそうですね。日本でフィクションだけど誰もが知っている家、とかはどこにあたるんでしょうか。

JOHN ROMERO

ゴス・ファッションの娘に対して父親のしたこと

ゴスなファッションをしているだけで浮いてしまうような保守的な町・学校。それでもゴスを止めない娘を送る父親。

https://www.youtube.com/watch?v=LGV35i-gGnE

「あなたのプロジェクトで語ろう」(Say it with your project)

ドイツのDIYショップのテレビCMでした。

via Geekologie

窓の無い部屋にLEDで太陽光を再現する Coelux

イタリアのインサブリア大学からスピンアウトした Coelux は、サイトの売り文句によれば、そこが屋外であるかのように見えるLED照明パネルです。

次の写真、天井に穴が開いた部屋ではなく、Coelux を天井に設置した、窓の無い部屋だということです。

coelux

太陽光のスペクトルを再現するLED、太陽と空の距離の違いを再現するような光学的処理、によって、青空の太陽を数ミリの厚さのパネルに作り出しているというのがプロジェクトを率いるPaolo Di Trapani教授の説明。

coelux-tropical

Coelux はまた、光の角度や光の強さを変えることで、トロピカル風、地中海風、北欧風、の3つの異なる空を作り出せる、と言っています。

coelux-mediterranean

地下室などにあると良さそうですし、東京など不動産の高いところではありがちな、うまく採光ができないような部屋とか、隣のビルで昼でも真っ暗な部屋とかが多少はましに使えるようになるかもしれません。

テストでは閉所恐怖症の人にも好評だったということ。どれぐらい「自然な光」なのか、サイトの写真だけじゃなくて実物を見て確かめたいところですね。公式ブログによればイタリアでは一般への展示なども始まっているようです。

[関連]

地下鉄の天井に空を映す巨大電子ペーパー Digital Canopy

via World Architecture News.com via Inhabitat

SliderRider – 階段をすべり台にする折り畳みマット

ユーザーのアイデアを他のユーザー達と改良し、商品化して売るというサービス Quirky.com で人気を集めていたのが、階段をすべり台にするという折りたたみマット SlideRider

sliderrider-1

これは子供が喜びそう。(うちは階段無いけど)

sliderider-2

普段は折り畳んで片付けておけて、遊ぶ時には展開できるというわけですね。

sliderider-3

Trisha Clevelandさん のアイデアを元に、Quirky のユーザーが「これなら欲しいと思う金額」「商品名」「商品キャッチコピー」「デザインや色」などの情報を貢献・提案し、スタッフやコミュニティメンバーが参加して商品化へのブラッシュアップをしているところだそうです。

sliderider-4

ユーザーからの希望では、$76(8360円)ならちょっと高い、$60(6600円)ならお買い得、という数字が出ています。プロジェクトのフォロワーも多く、Quirkyのショップページを見ると、結構な数のアイデアが既に商品化されているようなので、近いうちに買えるようになるかもしれません。

via The Awesomer via Incredible Things

KeyMe – 家の鍵をクラウドに預け、もしもの時にコピーを買えるサービス

keyme-logo

KeyMeは、自宅の鍵などの情報をネット越しに預けたり共有したりするためのwebサービス/アプリです。

サービス利用者は、スマートフォンアプリで鍵を撮影し、登録します。アプリは無料で、鍵情報を預けるのも無料。鍵を実際に引き出したり、コピーを作ったりする際に課金されます。

KeyMe: Access & Share Keys

カテゴリ: Utilities, Productivity
言語: 英語
価格: 無料
バージョン: 4.1.0

開発者: KeyMe, Inc.
公開日: 2013-08-07
評価(全バージョン):
(623人のレビュー)
評価(現バージョン):
(38人のレビュー)

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4

KeyMeサービスには、あらかじめ登録しておいた鍵について、そのベースとなる種類と、カットする場所・形のコード的なものが保存されるようです。

アプリから近所の鍵屋を探すこともできて、

keyme-find-kiosk

地図で案内されます。

keyme-find-kiosk-on-map

店でKeyMeから取り出した鍵の情報を見せれば、それを元に鍵のコピーが買えますよ、と。

keyme-show-at-locksmith

サイトに出てくる鍵の形が、どれも古い感じの形の鍵ばかりなんですが、最近日本ではよくみるディンプルキーでもこの仕組みは働くんでしょうかね?

家の鍵の情報を預けるとなると、このサービス事業者の信頼性やアプリの堅牢性は問題となるところですが、彼ら自身の説明によれば、

  • 鍵の情報は預かるが、住所を含め錠前がどこにあるかについては一切預からない(訳注: ので、悪用しようがない)
  • メールとクレジットカードの両方で本人確認
  • 鍵の形は、キーホルダーから外して白紙の上で、両面をKeyMeアプリから直接撮影したデータでのみ預かる。どこかから持ってきた鍵の写真画像を使って他人の鍵を登録できたりはしない
  • 鍵データを取り出そうとするたびにメールで確認を求める

といった対策を取る事で、悪用を防ぐということです。

鍵の情報だけあれば現物がなくてもコピーが作れるということで、複製キーの通販サービスなども提供されています。

スマートフォンから注文すると、郵送でコピーが送られてきます。また、色々なデザインキーでこのコピーを作ることもできます。

keyme-keys

日本の鍵屋であまりこういうのをみたことがないのですが、いろんな種類の在庫を置かないといけないからやってないだけなんでしょうか。鍵にラベルをつけたりキーホルダーをつけたりするより、鍵自身がそれぞれ違うデザインであれば、見分けがつきやすくて便利そうに思います。

こちらはKeyMeのプロモーションビデオ。自宅からうっかりロックアウトされた男性が、(まあバスローブのポケットにスマートフォンが入ってたのはご愛嬌として、)家族に助けのメッセージを送ったところ、家族は急いで家に戻るのではなくKeyMeを使って彼女の鍵情報を共有した、というストーリーです。

via Losing your keys sucks. KeyMe makes it a little less painful | PandoDaily

自宅のドアをSF調にする大型ステッカー

sifi-door-decals

ドア全体にシールを貼れば、今あるドアを全く違うデザインにできるんですね。

宇宙船のエアロック

door-decal-airlock

武器庫

door-decal-armory

未来風倉庫

door-decal-freight-elevator

重要そうな研究をしているラボの入り口

door-decal-lab-door

一枚 $59.95(6490円) 。サイズは 80インチ x 32インチ (203cm x 81 cm)ということ。思わず家のドアのサイズを測ってみたところ、一つは 200 cm x 79 cm だったので、端っこを少しカットするだけで合いそうです。

ドア全面に貼りつけるシールは、SFに限らずいろいろとあるようで、検索したらこんなのも出てきました。

イタリアの廻廊

door-decal-castel-corridor

フランスの地下墓地

door-decal-french-catacombs-stairs

こちらは$199(2万1890円) とちょっとお高い。

via MetalCore Vinyl Door Decals: Hack to Open

ハイテクな隠し玄関

この画像にこの家の玄関が写っています。さてどこでしょう?

secret-door

日本人的にはからくり忍者屋敷を連想するかもしれませんね。答えはこちらの動画で。

鍵は無線式ですが、無線だけだと電池切れとかで簡単に入れなくなってしまうでしょうから、ちゃんと数字パネルでパスワードを打って開くこともできます。このパネルの隠され方がまたカッコイイ(56秒目あたりから)。

YouTubeのコメントの「え、じゃあ君は家の玄関を隠し玄関にして、それをインターネットに公開したのかい?」が笑えます。

この壁以外のところがどうなっているか、動画からはわかりませんが、家の目立つところにはダミーの玄関をつけたほうが、より効果的な気がしますね。もし泥棒が狙っても、玄関がどこにもなければ入り口を探すでしょうけど、ダミーがあればダミーを開けようと頑張るでしょうから。

via Crafty!: Secret House Entrance Hidden As Wall Paneling | Geekologie

GitHubで家を管理

ソースコード管理サービス/コミュニティのGithub上で、プログラムではなく自宅の修繕やリノベーションを管理している人がいました。

Issue tracker for my house

私の家の課題管理

My house has no source code, so I only use the issue tracker.

私の家にはソースコードはないので、課題管理だけを使うことにします。

README.me

一年ぐらい前から、「ドアにインターフォンをつける」「クリスマスツリーが無い」「玄関のドアがちょっと閉まりにくい」などといったちょっとした家の中の問題を、家族(たぶん)でチケットを切り、議論して解決してきている様子を確認することができます。

house-on-guthub

他で取り上げられたために、無関係な他のGithubユーザーがやってきているようで、「サルの守衛が必要」「サルの守衛が家に入れてくれない」「プールを掘ろう」このあたりはすぐにcloseされています。

まったくの他人、たとえば、僕とか、からのバグ報告は受け付けないようにしたほうがいいんじゃないか?」というissueに対しては、「家に来たお客が問題点を報告してくれたこともあるんで、歓迎だよ。Won’t Fixにしておくね」という回答が。なかなか興味深いです。

Githubの中の人(らしい。確認してません)は、「これが悪用だとは思ってないよ。こういう面白い使い方は好きだね。どんどん続けて。家が良くなるといいね」とHackerNews上でコメントしています。

実際にGithubがこんなプロジェクトばかりになることは無いでしょうが、Guthubでの課題管理に慣れ親しんでる家族やサークルの人は、GithubでToDo管理してみるのも面白いかもしれませんね。

# 全員がGithubを使いこなせるわけではない家族なら、代わりにサイボウズLiveでToDo管理をするという手もありますね

via Using Github issues to track house repairs | Hacker News