「電子工作」タグアーカイブ

Daytripper – 全自動「ボスが来た」装置

Daytripper は、誰かが近づいて来たときにやっていたこと(マインスイーパーなど)を隠す、いわゆるボスが来たボタンを、センサーを持った小型機器との連動で自動でやってしまおう、というプロジェクトです。

実際の利用の様子を見ていただくのが一番わかりやすいかと思います。二つの機器のうち、レーザーセンサーの方をボスが来るときの動線に配置し、受信側を Windows などパソコン側に接続します。

センサーに反応があれば、パソコン側のUSBにつないだ受信機が任意のキーストローク信号を発し、好きなキーを押したようにできる、と。このキーがたとえば Windows + M なら、開いていたウィンドウが勝手に閉じられる、というわけ。上のデモ動画では、全ウィンドウが閉じられていますね。もっと凝ったキー操作を設定すれば、仕事用のウィンドウ群だけを残して表示することもできるでしょう。

作者の dekuNukem さんは製品化もしていて、組み立てキットで $59.99(6490円) 、完成品で $66.98(7260円) でイギリスから購入することもできます。仕様やファームウェアがオープンソースで公開されているので、自作もできるようです。

Windows はドライバ不要で最初から対応していて、USBキーボードで動くなら Linux や MacOS, Android などでも問題ないでしょうとのこと。

ボスが来ようと来まいと、やるべき仕事が終わってればゲームでもはてブでも好きにしてればいいじゃないか、と思いますが、そのあたりは会社の仕事のやりかたにも依るんでしょうね。

まあ、さぼりを隠すというユースケースを示すことで受けそうだし、実際話題になっているのですが、この価格でこの機能に特化したガジェットが買えるなら、もっと真面目な活用法もいろいろありそうですね。

via Hacker News

起きないとお札を切り刻むシュレッダー目覚まし

起きないと挿してあるお札を細かく刻んでしまうという恐ろしい目覚まし、Money Shredding Alarm Clock

money-shredding-alarm-clock

同じ発想で考えられたデザインコンセプトで、ロシアのデザイン会社が発表したものが2011年に話題になったことがあるようですが、今回はちゃんと動く実物です。

アラーム時計を自作するための工作キットSparkfun Clockitと、USB接続で動作するシュレッダーUSB Paper Shredder

CLockitは後継品が$24.95(2640円)、USBシュレッダーは$12.97(1320円) で購入できるようです。

デモ動画では1ドル(110円)札を使っていますが、これを高額にするとより効果的かもしれませんね。それでも寝てしまった時のダメージもすごそうですが。

via Money Shredding Alarm Clock [Video] | Geeks are Sexy Technology News via Geekologie

Tortilla を電子回路の基盤に

[2018-07-30 更新] リンク先が無くなっていたので、同じようにトルティヤを電子回路基板として使っているページに変更しました。

バカ。。。

ブリトーやケサディラでおなじみのトルティヤにこんな使い道があるとは。ハバネロとドライドトマトによる電池駆動にも成功したそうです。。。