「3D」タグアーカイブ

マイクソフトが描く近未来のお茶の間スポーツ観戦

来週のスーパーボウル50にあわせて、マイクロソフトがHololens技術を中心とした、「もう少ししたら家でのスポーツ観戦はこうなる」というデモ動画“Imagining the future for NFL fans”(未来のNFLファンを想像する)を公開しました。

future-sports-watch-stadium

スタジアムを上から見下ろす

future-sports-watch-player

プレイヤー紹介もリアル

future-sports-watch-stats

欲しい統計データを取り出せたり

future sports watch by microsoft

テーブルの上で今のプレイを3Dリプレイ。指をゴニョゴニョやって、カメラの角度や再生速度が変わってます。

https://www.youtube.com/watch?v=oKqzeoMCU0c

この手のデモで良く突っ込まれる、今のHololensの視野角はそんなに広くないという話はやっぱりあって、今むりやりこの中継サービスを作っても、顔の正面にもっと小さな四角い映像が浮かぶだけです。たとえばこの記事で、イメージ映像でどう見えるかと自分の視点でどう見えるかを比較するアニメーションGIFを確認できます

ただ、いずれこういうスポーツ観戦が家の中でできるとしたら魅力的だし、球場へ行くのとはまた別の楽しさも増えそうですね。

あと、みんながヘッドセットを掛けてるんなら、壁の大型テレビは要らないような気もします。まあ人の習慣はなかなか変わらないですからね。

via Business Insider

Urban Jungle – Googleストリートビューの風景をジャングル化するサービス

Urban Jungle は、グーグルのストリートビューの画像を加工して、街をジャングルにしてくれるというマッシュアップサイトです。

地名で検索した後で、表示したい地点まで地図を移動させたあと、黄色い人型をつまんで目的の地点に落とすと、その地点から見た風景をジャングル化してくれます。もちろん、その地点はストリートビューのデーターがある場所である必要があります。

streetview-jungle-shinjuku

street-view-jungle-cybozu

スウェーデンの@inear さんによる実験プロジェクトで、ストリートビューの未公開APIを使っているらしいのでそのうち消えてしまうかもしれません。

via Hacked Google Street View Places Greenery Into Concrete Jungles – PSFK

遠近法を無視した操作で解いていく、ファースト・パーソン・パズルゲームのデモ

ファースト・パーソン・パズル

自分の目線から見たようなリアルな3次元世界をCGで再現し、その中で戦闘するゲーム「ファースト・パーソン・シューティング(FPS, 一人称視点)」は、特に海外で人気のジャンルです。

計算機科学の名門として知られるカーネギーメロン大学の、エンターテインメント・テクノロジー・センターの学生たちのグループPillow Castle Games が開発したのは、一人称視点ではありますがシューティング(銃撃)ではなくパズル、「ファースト・パーソン・パズル」

Forced Perspective

このゲームの特徴は、”Forced Perspective”(強制された視点)にあるそうです。”Forced Perspective”は、実際には遠くにある大きなものを、近くにある小さなもののように見せたり、あるいはその逆で、近くにある小さなものを、遠くにある大きなもののように見せたりする光学的なトリックのことです。

“Forced Perspective”で画像検索するといろいろな人が巨人になったり遠くの大きな建物や車を手のひらに載せたりという写真が出てきますね。

forced-perspective-on-google-image-search

日本でも昨年、漫画「進撃の巨人」を再現する同様の遊びがネットで流行しました。

ゲームの内容は、CGで書かれた家の中を歩いたりジャンプしたりして、出口を探して脱出するというものですが、この世界には現実世界にはない法則があります。”Forced Perspective”なトリックが、トリックではなく実際に機能してしまうのです。

画面内のオブジェクトは自分の視点で見たサイズで掴み、近くや遠くに移動させることができるのです。といっても説明ではよくわからないと思うので、デモ動画がこちら。

まずオブジェクトの操作。遠くにあるエッフェル塔やピサの斜塔、自由の女神やピラミッドは、掴んで引き寄せればチェスの盤に乗ってしまい、チェスの駒と並んでしまいます。

pillow-castle-chess

ジャンプで登れないような高い所には、机の上にある小さなオブジェクトを大きくして踏み台を作ります。

壁に掛かるモナリザを大きな橋にしたり、近くの積み木で谷を埋めたり、遠くに見えるあんなものまで。窓やドアの遠近を狂わせることで、通れないところを通ったり、自分自身のサイズを変えたりもできます。

3DCGといえば、見栄えや物理法則など、現実世界をいかに再現するかがずっと競われ、進化していますが、現実には起こりえない法則を持ち込むというのも面白いですね。

まだコンセプトを証明する段階ということで、ゲーム自体の作りはそれほどでもないのですが、リリースが期待されます。

via Viral Video: Carnegie Mellon Students’ Game Demo Blows Internet’s Collective Mind | Re/code

エアろくろでエア陶芸し、3Dプリンタで実体化させる研究

「業界人のインタビューでは、なぜか両手をろくろを回すような形にした写真が多い」というのは、2012年の春頃に流行っ笑い話で、「エアろくろ」という言葉を生み出しました。

アメリカのパーデュー大学の研究 Shape-It-Up は、Kinect を使ってエアろくろを回すことで、バーチャルな陶器(でもなんでも)を作れるというシステムです。

shape-it-up-operation

shape-it-up-operation_001

操作はおなじみのKinnectで。両手でオブジェクトの形を作っていきます。

shape-it-up-kinnect

形を変えたり、曲げたりも。

shape-it-up-deformation

デモ動画では色をつけるところがどうなってるかわかりませんが、いろんな形のパーツを作ったものを組み合わせて、人型にしています(2:20 あたりから)

shape-it-up-objects

できあがった3Dモデルをプリントすれば、作ったモデルを具現化することもできますね。

via Put Your Hands Up…and Use Them to Mold Some 3D Art | Gadgets, Science & Technology

ストリートファイターIIをテーマにしたファン作成の3Dアニメーション彫刻

Street Fighter Motion Sculpture は、Cinema 4DVrayという3DCG制作ツールの使い方を取得する目的でDant Headmanさんが制作した、ビデオゲームストリートファイターをテーマにしたアニメーション動画です。

guile ガイル サマーソルトキック

サマーソルトキック

ken ケン 竜巻旋風脚

ゲームをやったことがある人なら、色や動きだけでわかるのですが、キャラクターはたいへん抽象化されています。

blanka ブランカ 電撃

chun-li チュンリー スピニングバードキック

動きの残像がずっと残り続けていることと相まって、あまり見たことがない効果を生んでいます。

コメント欄では、これはぜひ3Dプリンターで印刷して飾るべきだ、という意見も。たしかに面白いかもしれません。

via Street Fighter Motion Sculptures – Virtual sculptures | Ufunk.net

Codespell – Java言語がそのまま呪文となる教育用3Dゲーム

カリフォルニア大学サン・ディエゴ校の計算機科学者達が開発した Codespell は、一人称視点の3Dゲームなのですが、その一番の特徴は、プレイすることでJavaプログラミングを身につけられるという点です。

Codespellでは、プレイヤーは小動物ノーム(gnome)たちが住む土地にやってきた魔法使いです。ノーム達は過去に魔法を使って生活していたのですが、今は魔法をうまく使えなくなっています。魔法の呪文はJava言語プログラムで、物体を浮遊させるとか火を起こすといった7つの手持ちの呪文を使って、ノーム達を助け、火を消したり川を渡ったりといったクエストを解き、バッヂを獲得するのがゲームの目標です。

ゲームプレイ

3D世界の岩が燃えていますが、

codespell-target

岩オブジェクトというターゲットオブジェクトに対して onFire()メソッドにfalseを渡す、という呪文を呼ぶプログラムを書き、実行することで、

codespell-target-program

燃えていた岩の火が消える、という例がデモ動画で紹介されています。

codespell-target-extinguish

プログラミングの達人を昔からWizard、魔法使い、といいますが、ここでは、プログラムがそのまま魔法であるような仮想空間を作りこんだ、ということですね。

ゲームの教育効果

これを開発した研究者たちが、プログラミング経験がまったく無い10歳から12歳の女子40名にこのゲームを遊ばせたところ、少女たちは一時間もしないうちにJavaの基本的な構造を把握し、自分たちで新しい遊び方をプログラミングしたということです。たとえば、呪文(プログラム)を間違えてターゲットのオブジェクトを空中高く、届かないところに持ち上げてしまったグループは、自身を他のオブジェクトの上からジャンプさせるコードを書いて、ターゲットに次の呪文を掛けることができるようにしたそうです。

入手方法

ゲームはオープンソースで公開され、マック版はバイナリがダウンロードできます。Windows版も近々リリースされるということ。

via UC San Diego Computer Scientists Develop First-person Player Video Game that Teaches How to Program in Java via

Faceshift – 表情をリアルタイムでアバターに反映させる技術が実サービス開始

Faceshiftは、パソコンの横に置いたwebカム(Kinectなど)だけで、顔の表情を読み取り、その同じ表情を3Dで描いた別のキャラクターにリアルタイムにとらせることができる、というサービスです。

6月頃から技術ベータとして提供されていたようですが、11月15日に正式な有料サービスとしてリリースされたというアナウンスが出ています。

この技術のすごさを知るにはデモ動画を観るのが一番わかりやすいかなと。

カンファレンスで中の人が喋っていますが、その後ろで3Dのキャラクターがまったく同じ表情で動いています。

カメラで映した画像の距離と色から、その人の顔の3Dモデルを再現し、距離と色の情報にマッチする表情データを収集し、そこで表れている表情データを最終的なアバター側に送って反映させる、のだとか。

同じFaceshiftを使ったアート展示の様子はこちら。額縁の中の絵が、見に来た人と同じ表情を返します。

有料プランはプロのアニメーター等に使ってもらうことを想定しているそうで、二つのプランのうち高いほうのStudio(1500ドル(16万5000円)/年間・人)では、MayaやMotion Builderなどの3Dツールのリアルタイムプラグインや、ストリーミング機能が使えます。

アニメーションへの適用ということでは、絵を書き上げてから口の動きにあわせて演技するのではなく、カメラの前で演技したらキャラクターの表情も表現できてしまうわけで、製作プロセスがまったく変わってしまう可能性がありますね。声の演技が上手くても、同時に表情豊かに顔の演技もできないと評価されない、みたいな変化が起こるでしょう。2Dが主流の日本のアニメより、3Dが主流のアメリカの方がより適応が早そうな感じもします。

そして、この技術、その先にはプロ以外の一般の利用シーンが広がっていると思います。プロの利用なら、必要とあらば顔にキャプチャのためのマークをいっぱいつけるのはやるでしょうけど、Faceshiftの売りであるカメラで映すだけで表情が取れる、というのが生きるのは、普段の顔のままで使いたい一般ネットユーザーでしょう。

そうなるとこの技術、日本にこそ必要とされているような気がしますね。YouTubeやニコニコ動画での「歌ってみた」「踊ってみた」系の動画で、多くの日本人がお面を被ったり顔が出ない角度でパフォーマンスを披露しています。表現したいけれど顔出しは嫌だ、という表現者の割合が多いとすれば、このような「顔は隠れるけど動きは伝えられる」という技術の需要は非常に高いのではないでしょうか。

もちろん、ネットによくいるらしい若い女性のフリをするおじさん、いわゆるネカマが精巧な3D表現で動画チャット等にも大挙現れるというのも起こりそうですけど。

問い合わせれば試用もできるようなので、面白い使い道を思いついたら遊んでみてもいいのではないでしょうか。

via Watch this: Kinect-powered motion capture mimics your facial movements in real time | The Verge

世界の経済活動を3DにしたFlash地球儀

[追記 2015-06] 元プロジェクトサイトはありますが、可視化地球儀のページは無くなっているようです。

economical-globe-flash.png

経済活動の量に応じて赤い棒が立っている地球儀のフラッシュ

視覚化(Visualization)の面白さだねえ。

基データはイェール大学のG-Econプロジェクトの成果物らしい。GDPを基に、緯度1度、経度1度の範囲をセル(cell)としたGCP(Gross Cell Product)というのを考えて、セルあたりのGDPを(どうやったのかわからないけど)求めている。

G-Econプロジェクトのサイトでは、世界各国のデータが公開されている。それぞれ国ごとにも可視化されていて、日本のデータを使ったものがこれ

Japan_3dmap.JPG

ベトナムとか

Vietnam_3dmap.jpg

旅行や出張で全然知らない国に行ったりするときに、どのへんが栄えてるのかわかっていいかもしれない。

via digg