「YouTube」タグアーカイブ

世界と日本の2015年YouTubeトップ10の傾向

グーグルが、2015年に最も観られた動画のランキングを発表しています。(世界日本)

ワシントンポストが、「普通のユーチューバーが公開して大ヒットした動画は10本中3本だけ」という記事を公開しています。

世界のトップトレンド10の内訳を見ると、7本は以下のように、プロが作った動画でした。

テレビ番組のオフィシャルな転載: 4本 (アメリカ3本、イギリス1本)
広告: 2本
公共広告: 1本

一般人が作って公開した動画は3本。

イギリスのドーバー警察が公開した、パトカーに乗ってる警官がテイラースウィフトのShake if Off を歌う様子に本物の歌をミックスした Dover Police DashCam Confessional (Shake it Off)

大きな風船にくるまれて、破裂した瞬間をスローモーション撮影した 6ft Man in 6ft Giant Water Balloon – 4K – The Slow Mo Guys

4歳児がSilentóのWatch Meに合わせてダンスする動画 Silento- Watch Me (Whip/Nae Nae)

これが10本中のトップではありますが。

初期の頃と違い、ここ数年のトップ10は、このようにテレビ発のものやプロが製作した動画が優勢な傾向のようです。素人動画3本についても、そのうちの2本は有名音楽を使ったものですね。

日本

ワシントンポストにならって、日本のトップ10についても分類すると、

吉本興業所属のユニットのダンス: 5本
動画ニュースサイト: 1本
いわゆるYouTuber: 4本 (2組)

ということでした。

アメリカではテレビのトークショーから面白い部分を公式がネットに公開していますが、これは日本ではあまりやっていないので、その分まだ個人製作のものが入ってくる感じでしょうか。

グローバルと日本の共通点としては、どちらも一番観られた動画がダンス動画だったところとなるでしょうか。

プール監視員になって溺れる子供を見つけるブラウザゲーム

Spotthedrowingchild.com は、「溺れる子供を指せ」という名前が示すとおり、プール監視員になったつもりで溺れている子供をいち早く発見するという体験ができるwebサイトです。

ページを開くとプールの動画が再生され、どこかで子供が溺れ始めるので、それを見つけたらマウスでクリックします。

spot-the-drowing-child

溺れている子供のクリックが当たりだったら、その発見が監視員に比べて何秒間早かったか、あるいは遅かったかが表示されます。

一通り動画が再生し終わったら、子供が溺れていた場面を拡大してリプレイしてくれるので、うまく見つけられなかった時もどんな風に子供が溺れていたのかを再確認できます。

spot-the-drowing-child-game

再生が終わったら出てくる解説の後ろの「Play Again」リンクをクリックすれば、また別の動画が始まります。

開発の経緯

作者のFrancisco Saldañaさんは、2010年のブログ記事溺れている人は溺れているようには見えない(Drowning Doesn’t Look Like Drowning)をピックアップしたHacker Newsのコメントにヒントを得てこのゲームを作成されたそうです。

ゲームに使われる動画は、YouTubeからプールで実際に子供が溺れている動画を探してきて使っています。こちらのツールを使うと、見つけてきた新たな動画から、子供の溺れている場所やタイミングを設定して追加データを作成することもできます。

サイトはHTML と JavaScript のみでコンパクトに作られていて、全ソースが公開されています。今のところ動画は6本あるようですね。

「溺れている人は溺れているようには見えない」

サイトでも後から表示されますし、サービスの発想の元となった記事でも紹介していますが、テレビやドラマなどで出てくる「溺れている人」の様子と、本当に溺れている人の様子は(例外はもちろんあるにしても)大きく異なるそうです。

  • ほとんどの場合、溺れている人は声をあげて助けを求めたりはできない。息をするので精一杯
  • 溺れている人には余裕はない。体を持ち上げて息をしようと手足は勝手に動くだけ。手を振ったり、救助者や救命用具の方へ近づいたりすることはできない。
  • 溺れている状態では人は棒立ちになりバタ足もうまく効かない。そこから沈みだすまでの時間は20秒から60秒しかない。

(ソース: Coast Guard’s On Scene Magazine の Pia博士の記事から”Instinctive Drowning Response”(溺れる人の本能的な反応)。抄訳)

これはこのゲームをプレイしてみてもよくわかります。子供が溺れているのか、もぐって遊んでいるだけなのかは非常に判別がしにくい。そしていつのまにか監視員が飛び込んで助けに行くのを見て、やっと溺れている子供に気づくという按配です。

このゲームではいつかかならず誰かが溺れることはわかっているので、まだなんとか集中も維持できますが、実際に長時間プールを監視している監視員はたいへんだなあ、とつくづく感じさせられます。

僕は知りませんでしたが、「溺れる人はドラマのようには溺れない」という知識はとても大事ではないかと思います。それを実体験できるこのwebゲームを遊ぶ人が増えれば、もしかしたら将来の水難事故を減らすことがあるかもしれないですね。

via Hacker News

バッキンガム宮殿から全裸男性が脱出しようとした動画、の怪しさ

イギリスのバッキンガム宮殿から全裸で逃げ出そうとした男性、という動画が少し広まり始めています。

バッキンガム宮殿前の騎兵交替を見ていた観光客が偶然気づいた、という風な作りの動画、宮殿の壁に細長くしたシーツを垂らし、裸の中年男性がバルコニーからスルスルと降りていくのですが、途中で落っこちていくというもの。

https://www.youtube.com/watch?v=NQTBepU7D0U

観光客の女性二人がスウェーデン語で話してるのは、「ねぇ! あの人裸よ! うわぁ… なんて馬鹿なのかしら。あなた撮ってる? 」という内容らしいです。

バルコニーのあたりはエドワード王子の寝室だそうで、宮殿の警備体制の問題や落ちた男性の無事、逃げようとした動機など疑問はつきないところですが、こんな動画が撮られているのに大手メディア等には何も関連ニュースが出てこないし、有名観光地なのに他の目撃情報がツイッター等にも無いことから、最初からこの動画を怪しむコメントもそれなりにあったようです。

あっという間に検証する人が現れて、全裸男性が逃げようとした部分の壁が本当のバッキンガム宮殿の壁とは色も微妙に異なり、柱のデザインや窓の桟の数なども本物とは異なることなどが指摘されています。

検証者Jon Rosling氏による本物と動画のバッキンガム宮殿比較
検証者Jon Rosling氏による本物と動画のバッキンガム宮殿比較

検証したのがグーグルストリートビューやFlickrの写真で、一歩も動かずに行われているのもネット時代っぽいです。

となると、バッキンガム宮殿前の動画に、どこか別のところで撮影した似たビルの映像を合成したものではないか、というのが一番ありそうなところ。

登場するスウェーデン人女性の素性を知る人などもコメントで登場し、投稿者のアカウントなどからも、動画の作成者まで特定されつつあるよう。

YouTube での再生回数はもう少しで100万回再生ぐらいというところ。

有名ユーチューバーの活躍で知られるように、動画提供者は動画の再生回数に応じて Google から広告料の分け前受け取ることができるのですが、以前は10回再生で1円(0.01ドル)ぐらい貰えたのが、最近はさらに少なくなっているのだとか。

YouTube にこんなお騒がせな動画を載せる動機があるとすればその辺りかなとも思うわけですが、そうだとすれば現状では数万円になるかどうかというところでしょう。

今はここまで本物っぽい偽動画が作れるのか、と感心してしまいますが、こんな動画が次々出てきたら何を信じてよいのかわからなくなりますし、今回のような早期の検証がいつも行われるとも限りません。

運営にとっても線引きは難しいのかもしれませんが、注目を集めるだけが目的の偽物には報酬が渡らないようにするなど対処してほしいですね。

中国のニワトリダンス動画がブレーク直前

王蓉(Rollin)の小雞小雞。

コッココッコ言ってるだけの歌のようですが、一ヶ月弱で700万回再生。コメント欄は多言語で溢れてるので、何かのきっかけでこのまま大流行するかもしれません。

江南スタイルの成功からすると、自国語のまま世界でウケようとすれば、こういう路線が確率が高いのかなーとも思いますね。

via Cheezburger

ヴァン・ダム、宇宙での180度開脚

昨年11月にYouTubeで公開された、ボルボの広告で2台の巨大なトラックの間で開脚をしてみせるというジャン=クロード・ヴァン・ダムの動画はソーシャルメディアで口コミの大爆発を起こしました。現在の再生回数は7000万回。

クリスマスには、アメリカのネット界隈では伝説の男、完璧超人(ということになっている)のチャック・ノリス氏を使ったパロディCG動画が公開されていました。こちらは肩にたくさんの人を乗せた状態で、ジェット機の上での股割りを披露しています。再生回数は2000万回。

chuck-norris-split

さすがはチャック

最新のパロディCG動画「ゼロ・グラビティ・スプリット(無重力開脚)」では、ヴァン・ダム氏が宇宙へ進出しています。

http://vimeo.com/87622033

van-damme-space-split

「一人の人間にとっては小さな開脚だが、人類にとっては大きな飛躍である」だそうです。

もちろんどちらのパロディ動画も本人の許可を取っているとは思えませんが、こういう扱いで人気になったらおそらく苦情とか取り下げとかはこないんじゃないでしょうかね。

via Jean-Claude Van Damme Leg Splits Between Satellites | Geekologie

oublio – 海外ソーシャルメディアで「今」熱い画像・動画をピックアップしているサイト

それだけの簡単なサイトですが。

oublio-top

reddit, ツイッター, インスタグラム, タンブラー, フリッカー, Imgur, YouTube などから、この一時間でもっとも反響の大きい画像(YouTube動画についてはこの一日)を表示してくれます。

Pinterestは、そういうAPIができれば対応するよ、と中の人がFAQで答えているので、他のサービスはすべてAPIから取れたデータを使っているのでしょう。

英語ユーザー、英語コメントで流れている人気の画像、日本でも流れているものも稀にはありますが、まったく目にすることが無いものも多いですね。おもしろい画像は言語を超えて面白いことも多いと思うのですが、それが紹介されて広まっていくところでは、言葉の壁がまだまだ邪魔をしているのかもしれません。

via The Most Popular Images From Each Corner Of The Internet

Webサービスファッション

ブログB For Bel による、Social Media Inspired Outfits。有名ソーシャルメディアのデザイン・色をイメージしたファッションです。
Fashiontwitter
ツイッターをイメージしたファッション
Fashionyoutube
赤が目立つYouTubeファッション
Fashionpinterest
楳図かずお、ではなくPinterest
他にFacebook, Tumblr, Instagramのコーディネートが提案されています
via Geeks are Sexy

100年前からインターネットがあったら

カレッジユーモアで開催されていた「もしもインターネットがずっと昔からあったなら」のイラスト
1960twitter
「1960年代にツイッターがあったら」
ボブ・ディランとジョン・レノンが絡んでます。ウォーホールは「未来には、誰でもユーチューブで1500万ビュー見られる動画をあげられるだろう」と語ってますね(“15 minutes of fame”)。LSDのティモシー・リアリーやキング牧師もいます。
英語でのツイッターはやはり、「有名人の発信するメディア」という見方がアメリカでは強いんでしょうね。
1940tumblr
1940年代のタンブラーでアンネ・フランクが彼女の最初の投稿をしています。
1920gmail
1920年代のGmailは、モノクロームな上に活字の揃いがバラバラです。古新聞などを見ると、活字の上下がきっちり合わなかったり、印刷時の汚れとかがありますが、それらを再現したものでしょう。
他にも、フェイスブックや健康情報のWebMD, 転職サイトのMonster.com, BitTorrent情報のPirate Bay, ポルノ版YouTubeのRedTubeなどのパロディ画面が公開されています

関連

Skype/YouTube/Facebookの「もしも」レトロ風ウェブサービス広告