カテゴリー
工作

Nettleマジック・プロジェクト – トランプにつけた見えない印でデッキのカードを全部当てる

ポール・ネトルさん(@nettlep, Paul Nettle)が公開した Nettle Magic Project は、オープンソースのトランプ・イカサマ支援ツールです。

イカサマ、というと実際に悪用するみたいですが、あくまで「こんなことができる」という実験ですね。

トランプの側面に、それぞれのカードに固有の模様をインクでつけて、そのインクを読み取ることで、デッキの上から下までどのカードが並んでいるかを読み取ってしまいます。

インクの押されたトランプデッキ
側面にスタンプを押されたトランプ(説明のために見えるインクを使っている)

実際には赤外線でないと見えないインクを使うため、仕掛けをしていないトランプとの区別はつきません

読み取りは Raspberry Pi に NoIR カメラを付けたデバイスで行います。

iPadクライアントによるトランプ読み取り結果
iPadアプリAbraで読み取り結果を表示した様子

作者自身によるiPad アプリで、撮影した見えないインクの並びからトランプの並びを表示しています。52枚重なった状態でどれだけ正確にわかるのかなと思いましたが、この写真だと読み取りの信頼度は99(/100)ということです。

カメラに映ったデッキからカードの方向を正しく読んだり、全カードのマークからビット情報を読み取ったり、ビットの並びからエラー訂正で確からしいスート/数字を取り出したり、読み取った横のラインの重なり具合からカードとカードの境界を推定したり、動画から切り出した複数の画像から取り込んだ結果を時系列で追ったり、といった処理を経て、どれぐらい読み取れているかを判定しているそう。細かくは読めませんでしたが興味のある人にはとても詳細な説明が提供されています。

Hacker Newsのコメントによると、2016年開催のDefcon 24の「ジェームス・ボンドのようにポーカーでイカサマをする」というセッションで同じようなトランプの読み取りがデモされていたそうです。

自分の用意したトランプを使えることが前提なので、この仕組みを実際的な使い道はカジノとかではなく、プロジェクト名が示すようにマジックの種としてでしょう。

ここでは専用のIRカメラ、専用のアプリケーションを用意し、読み取りが容易な環境で行っていますが、今後ますます家やオフィスに複数のカメラが常時稼働するようになったり、またカメラが他の目的もあってIRやUVにも対応したりしていくかもしれません。そうするとソフトウェアの工夫次第で普通ならわからないような情報の読み取りができたりするかもしれないですね。

via Hacker News

images copyright are by Paul Nettle

カテゴリー
データ可視化

hexyzland – 数式で六角形の図形表示を動かす遊び場サイト

hexyzland は、六角形ベースの図形を6つの変数と数式で動かす、プログラミング実験場です。

Hexyzland トップページ

6つの変数は t(時間), r(中心からの距離), a(角度), x,y,z(3方向の座標) となっていて、各ヘックスの値を -1(真っ赤) から 1(真っ白)の間に変えることでヘックスのサイズと色が変わります。

あとは数学的な関数を組み合わせればアニメーションのできあがり。チュートリアルにたくさんの実例が出ています。

作成した図形は URL が生成されるので SNS 等で共有することもできますし、動いているところを動画として保存することもできます。

GitHub にサイトのソースコードも公開されています。

tixyland という正方形ベースの同様の遊び場があり、hexyzland はそれにインスパイアされたものだそうです。

tixy.land トップページ

via reddit/programming

カテゴリー
ゲーム

イギリス国政調査の人口で遊ぶブラウザゲーム

Census 2021 population map game(2021年国勢調査人口地図ゲーム)は、イギリス政府のサイトで公開された、地域の人口を当てるブラウザゲームです。

ゲームでは、イングランドとウェールズの地図上にて開始地点と目的地が与えられて、開始地点から隣のエリアを攻略し、進んでいってゴールを目指します。

隣のエリアに進むには、現在のエリアの人口に対してターゲットのエリアの人口が「多い or 少ない」を当てる必要があります。

出発地と目的地は日替わりで毎日違うお題が出るようです。

遊んでみた結果

イングランドの地名を見て、そこの人口が周辺より多いかどうか、を当てるのは外国人にはかなり難しいのではと思いますが、イギリス人ならある程度推測できるのかもしれません。たまに観光ガイドやサッカーで見聞きしたような名前が出てきたりしますが、だからといって人口が多いとは限らないですね。

毎日のお題の他に、好きな地点間やランダム地点間で遊べるレギュラーモードや、一手ごとに制限時間の課される時間制限モードも用意されています。

また、最近のブラウザゲームといえばこれ、の Wordle風の結果共有テキストもコピーできます。

地方の人口や国勢調査に興味を持ってくれる人が増えるのであれば、簡単なゲームを広めるというのも広報の一手段としてありなんでしょうね。日本版があったら面白いかも。

via Maps Mania