カテゴリー
Uncategorized ネットのサービス

scaffoldy – よくあるwebサービス構成の Docker Compose ファイルを作ってくれるジェネレータ

Scaffoldy は、選択したサービスを組み合わせた webサービスの Docker Compose 設定ファイルを作ってくれるwebサービスです。

対話式のフォームに回答していくだけで、docker compose で動作する yml ファイルが作られます。現在選べるのは以下のような項目

  • 言語/環境 – Python / Node.js / その他
  • .gitignore 等 git の設定
  • データベース – MySQL / MariaDB / PostgreSQL / MongoDB
  • データベース管理web UI – phpMyAdmin / pgAdmin / Mongo Express
  • キャッシュサーバ – Memcached / Redis
  • メッセージング – RabbitMQ / NATS
  • メトリクス – Prometheus / Grafana
  • その他 – Clickhouse / ElasticSearch / Mailhog

選択が終了すると、docker-compose.yml を含んだプロジェクトファイルをzipにしたものをダウンロードできます。これを展開して実行すると、何かしら最低限のものは動作するということです。

version: "3.8"
services:
    app:
      build: ./akky-scaffoldy/
      container_name: akky-scaffoldy-node
      ports:
        - 1337:1337
    mysql:
      image: mysql
      container_name: akky-scaffoldy-mysql
      working_dir: /application
      volumes:
        - mysql:/var/lib/mysql
      environment:
        - MYSQL_ROOT_PASSWORD=dbpass
        - MYSQL_DATABASE=mysqldb
        - MYSQL_USER=dbuser
        - MYSQL_PASSWORD=dbpass
      ports:
        - "3304:3306"
    phpmyadmin:
      image: phpmyadmin/phpmyadmin
      container_name: akky-scaffoldy-phpmyadmin
      restart: unless-stopped
      ports:
        - "3305:80"
      environment:

実際には動作するものも、エラーが出て動かないものもありました。生成された yml を見ると、最低限動かすための表記という感じではあります。サンプルアプリも配置できますが、Hello, World を表示するだけですね。選択したサービス群を連携させて呼び出すようなものは作られません。まあ組み合わせの数が爆発するのでそのあたりまでちゃんと作るのは大変だと思いますけど。

Docker Compose を初めて使う時の参考とか、まったく使ったことがないツールを簡単にセットアップして、そのあと勉強して改良していく際のスタート地点とするぐらいなら便利だし、それぞれのサービスに詳しい利用者の貢献が集まれば便利そうですね。

via Hacker News

カテゴリー
fun

Checkboxland – HTMLのチェックボックスですべてを作れるライブラリ

Checkboxland は、HTML のチェックボックス要素を活用してしまくるための JavaScriptライブラリです。

HTML のチェックボックス要素と言えばこれ↓ ですが、

このチェックボックスを使って様々な表現を実行できます。

デモでは、文字が横に流れるマーキー、デジタル時計、アニメーション、QRコード表示、ライフゲーム、動画再生(!)、など様々な表現が、すべてチェックボックスだけで実現されています。

API documentによれば、チェックボックスを縦横に並べたグリッド上でグリッド上の各座標を調べたり書き換えたりする低レイヤAPIと、文字を大きく描く、スクロールさせる、画像や動画を描写させるなどの拡張APIが用意されています。プラグイン機構も用意されているので、自分で Checkboxland に新たな機能を追加することも可能です。

多数の要素を表示しようとするとページが重くなるのはチェックボックスであっても(当然)同じで、チェックボックスの数が1500個を超えるとチェックボックスの更新速度が問題となることから、32×32 や 64×16 といったサイズ以下のグリッドを推奨するそうです。

作者のブライアン・ブラウンさん(Bryan Brown)は、職場の近くにある機械式の巨大サインボードが、黒白のグリッド表示でテキストやアニメーションを表示するのを見て「チェックボックスでも同じことができるのでは?」と考えたそうです。

チェックボックスだけで凝ったウェブサイトを作りたいと思っていた人(いるのか?)にとってはとても便利なライブラリと言えるのではないでしょうか。

via Hacker News

カテゴリー
ネットのサービス

このスニーカーは存在しない – 機械学習で自動生成されたスニーカー画像

This sneaker does not exist(このスニーカーは存在しない) は、機械学習で生成された実在しないスニーカーの画像を大量に作ってくれるwebサービスです。

実在しない人物の顔写真を作るThisPersonDoesNotExist.com や存在しないアニメ女性キャラクター(俺の嫁)を合成するwww.ThisWaifuDoesNotExist.netなど、敵対的生成ネットワーク(GAN)を利用した同種のサービスの一つで、このサイトでは5000種類の生成したスニーカーを並べていて、今後も元となるスタイルを増やすことでさらに多くのスニーカーデザインを追加する予定だそうです。

生成されたスニーカーを選び、”futuristic(革新的)”、”creativity(創造的要素)”、色の明暗のスライダーをいじることで、さらに多少のカスタマイズを行うこともできます。

新しいスニーカーをデザインする人がインスピレーションを得るために使えるか、ここで生成されたデザインをそのまま実際に作って販売する商売を立ち上げるか(といっても、ベースとなるスニーカー画像を参考にしてるので結果的に盗作になるケースは避けないと)、などの用途が考えられるでしょうか。

via Hacker News