カテゴリー
fun

アイスランドバース – かなりリアル度の高いアクチュアル・リアリティ/オープンワールド

Islandverse は、verse界に名乗りを上げたリアルっぽい、リアル度の高い、というかリアルそのもののオープンワールドです。

おかしな外見のヘッドセットなしに、すべてがリアルな体験のできるアイスランドバースは何百万年も前から存在し、他の人間とコミュニケーションも取れます。

温泉も入れるし、触れない(触ってはいけない)けど苔も生えてます。裸眼で天空を見られ、火山岩も拾え、間欠泉、鳥、様々な滝、乗馬などの体験を、「今すぐにでも、今すぐでなくても、まあいつでも」楽しめるそう。

ザッカーバーグ氏のMetaverse のプレゼンからまだ一か月。いい感じでブッコんで来ましたねアイスランド。

via Hacker News

カテゴリー
ガジェット

Chatter Telephone – 走るおもちゃの電話が60年目にして本物に

Chatter Telephone は、1961年から発売され続けている子供向けの(固定)電話のおもちゃ Chatter Telephone を、オリジナルであるフィッシャープライス・ブランドがモダンに蘇らせた、おもちゃであり本物の電話機です。

Bluetooth 接続でスマートフォンと接続し、スマートフォンが近くにあれば本物の電話として使えます。スマートフォンのパッドにある’*’キーなどもダイヤルに装備していたり、スピーカーフォンにするボタンがついていたりするため、実用度もありそう。

そして、本物としてだけではなく、スマートフォンと通話する機能もあるということで、赤ちゃんに与えて赤ちゃんとの電話ごっこにも使えるそう。

以前ならこのおもちゃ、子供に電話の使い方を初めて教えるという性質もあったかと思いますが、今ダイヤル式の電話の使い方を覚えても使う機会はないのかも。(フィッシャープライスは、おもちゃのスマートフォンとかも出しています)

ちなみにオリジナルはこんな感じ。

この画像のタイプはさすがに古いようですが、今でも$10(1100円) ぐらいで本物機能のついてないおもちゃは売っています。

公式の製品紹介動画がまた良くて。現在のかっこいい電話のCMと言えば、やっぱりこれ風味ですよね。

価格は$60(6600円) 。公式サイトでは売り切れているということですが、実用にも使えるなら欲しい人はもっといるのでは。

via Hacker News

カテゴリー
fun

Alien Scapes – どこか別の惑星の風景をランダム生成するウェブサイト

Alienscapesは、どこかの架空の惑星の風景を合成して表示してくれるウェブサイト。

いくつもの太陽やいくつもの月、それも地球から見た月とはサイズも色も違う。

クリックするたびに新しい別の惑星の風景を作ります。星空や流星、山々の稜線なども毎回変わります。

天空の描写はかなり良さそう。手前の地形は特に、もっとリアルになる余地がありそうです。

via Hacker News