Java One で気になったトピック (1) サーバサイド編

JavaOne Tokyo 2005 でいろいろ仕入れてきた知識のまとめ。

全体的に、「Java SE 5 の Annotation 取り込みました。結果楽チンになりました」というものが多いけど、実際にコードサンプルを見せられると、威力は明らか。C# の人とかからすれば「いまさら」なんだろうけど。

EJB3.0

  • Annotation で、すごく簡単に書けるようになった -> コードサンプルを見た感じ同意
  • Hibernate などからいいところを見習った

Shale

JSF の拡張。Struts の反省を生かし Struts の McClanahan が作っている新フレームワーク

JAX-WS2.0, JAXB2.0

StAX

  • DOM, SAX に続く第三のパーザ
  • 軽い処理、一部だけを抜き出す処理が楽に書けそう

Java EE 5

EJB3.0, JSF1.2, JAX-WS2.0, JAXB2.0 なんかを含む。これまでの反省から、各技術要素のばらばら感を減らすようにインテグレーションを深めているとのこと。20061Qリリース予定。

Project GlassFish

  • Sun がメインで作るオープンソースアプリケーションサーバ
  • Java EE 5 を先取りして遊べる

Sun Java Studio Enterprise 8/Sun Java Studio Creator 無料公開

こんなん無償にしちゃっていいのかね。

「Java One で気になったトピック (1) サーバサイド編」への2件のフィードバック

秋元 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です