カテゴリー
fun

姓がない人をWebのフォームでどう扱えばいいか

世界の姓名データを集めるプロジェクトに関する Hacker News の突っ込みを読んだ中に出てきて面白かったのは、世界には姓が無い人がいるという話。

世界に姓がない人がいる(日本にもいますが)のは知っていたけれど、それがアプリやブラウザ上の入力フォームでどう扱われるか、扱われるべきなのか、というのは考えたことがありませんでした。

妻は姓を持たず、アメリカに来るたびにすべてのフォームで「ファーストネーム」と「ラストネーム」を問われることに困惑しています。彼女のパスポートには「名前」欄しかないのに

というコメントに対し、同じようにgiven nameしか持たずアメリカに来て、銀行口座の開設、車の購入、結婚証明の取得、などの手続きごとに窓口で揉め、結局心理的に大きな抵抗を持ちながらも改名することになった話なども出ていました。

上はミャンマー人の話のようですが、インド人からも、インドを構成する多数の言語利用者の中には名前が一つしかない人達もいるのに、政府は名前欄を2つ設けて入力させるのを強制している、多数派の想像力不足だ、というコメントが出ています。この人はまた、アメリカ領事館の査証発行システムにこのような姓のない人が登録する場合に、姓の部分に”LNU”(Last Name Unknown)と入れたり、逆の場合(!)にはファーストネーム欄に”FNU”(First Name Unknown)と入れたりした例を見たそうです。

また、2語からなる姓だけを持ちgiven nameを持たない人が、ファーストネーム+サーネームの入力をかいくぐるために姓の最初の語をファーストネーム、2番目の語をサーネーム「ということにして」乗り切ったが、ドイツに移住した際に両方とも姓ではと指摘されてしまい(ドイツっぽい)、サーネームに正しい2語の姓を、ファーストネームには(無い、という意味で)”-“を入れるように変更された話とか。

日本で名前を登録するようなサービスを作るとしたら、姓名のどちらかが空欄だとエラーになるようなフォーム、普通に作ってしまうと思いますが、それは海外由来の名前を持つ人にとっては本名を登録できない欠陥フォームになりうるんですね。

ただ、ほとんどの場合ユーザーは姓と名両方あるので、単純に空欄で受け入れるとこんどは誤入力だらけになる。エラーで止めるのではなく、本当に姓や名が無いのかを確認するような特別なフローに遷移するとかが正しい実装なんでしょうか。

カテゴリー
ネットのサービス

12 Sunsets – とある道路の1960年代から2007年までの風景を見られるサイト

Googleストリートビューは世界の多くの道路の景色を見ることができます。しかし、当然のことながらGoogleカーが走り回って撮影した以前の昔の光景を見ることはできません。

車に全周囲カメラを積んで撮影してまわる、という発想が新しいのだから、それより前のデータが無いのは当たり前ですね。ストリートビュー的なものを時代を遡って作るのは不可能に思えます。

しかし、カメラでアメリカの特定の道路から見える風景を撮り続けている人がいれば話は別。この道路に限定されてはいますが、アメリカ、ロサンゼルスのサンセット大通りからみた風景をストリートビュー的に再現する 12 Sunsets はそんなサイトです。

サイトは1965年から2010年までサンセット大通りを撮り続けた芸術家エド・ルシェ(Ed Ruscha)氏の写真をGetty社がまとめたものです。

サンセット大通りは全長35kmある、ロサンゼルスを象徴する道路だそうです。35kmもあると、残っている写真といっても何から何まであるわけではなく、時代によって景色のある個所無い箇所は穴あき状態になっています。

それでも、同じ場所の複数の写真を並べてみられる箇所もあり、変化が面白いです。建物は10年ぐらいではそれほど変わっていなくても、店の業種や看板が変わっていたり、走っている車の形も多少は違いますね。

集めて分類して配置する作業はたいへんだと思いますが、もしかしたら昭和の東京などでも、これに近いものが作れたりするのかもしれません。もしあればぜひ遊んでみたくなります。

逆に考えれば、Googleはサービス開始からの画像を持っているでしょうから、これから先はこのような暦年の光景がいつでも見られるようになるということでしょうね。

via Maps Mania

カテゴリー
工作

ジャガイモでDOOMを動かす

ジャガイモに亜鉛・銅板を挿すと電位差が生じて電流を取り出せる。小学生の夏休みの自由研究のような話ですね。

一方、カーナビ上や妊娠検査キットなど、どこででもDOOMを動かすことに結び付けるDOOM勢が世界には存在しており、このジャガイモ発電でもってDOOMを動かそうと一週間も奮闘をした方の動画がありました。

DOOM を動かすのにいくつのジャガイモが必要か? (How Many Potatoes Does It Take To Run DOOM?)がその動画。

今回 ZOOM を動かすために選ばれたデバイスは、Raspberry Pi Zero 。必要な電流は 100-120 mA、電圧は 3.3V

ジャガイモ一個から取り出せる電流が 1mA 弱だったそう。

ジャガイモの大きさで電流が変わるわけではないので、次はこうなります。これで計った結果から、770切れのジャガイモで 100 mA、4.5V が取り出せそう、と予想。

生のジャガイモでやるのかと思っていましたが、茹でたジャガイモの方が取り出せる電流が多いんですね。茹でて切って繋げて、茹でて切って繋げて、友人と奥さんに手伝ってもらって2日目から3日目はひたすらこの作業だったそう。

しかし… Raspberry Pi は起動せず。

ここで一旦実験失敗として、会社へ出社。車庫の中のジャガイモは異臭を放ち、魚のような臭いが充満していたと。帰宅してもう一度試してみるも、やはり起動せず。

5日目、電流がどれだけあれば Raspberry Pi が起動するのかもわからず、実験失敗を認め、ジャガイモの片づけというたいへんな作業だけが残った状態。

6日目、今取れている電流で DOOM を動かせそうなものとして、関数電卓 TI-84 があると気づき、これをつなげてみると、

動画作者は終わりに「やる価値は全くないので、自分でこれを再現しようとはしないこと。私もまったく報われた気がしません」と結んでいます。

via Geekologie