BlogCode/StoryCode ブログ/本のレビュー共有サービス

via del.icio.us/popular


blogcode_logo_us.jpg

新しく登場した BlogCode は、ブログのレビューを共有して、似たブログの推薦を受けるための共有レビューサービス。

“Code Blog”というメニューから、好きなブログのタイトルと URL を入力してレビューは開始できる。

一つのブログについて、国名から始まり、

  • 国際性/地域性
  • 更新頻度
  • 文字の多さ
  • 著者の人数
  • 読者コメントの量

ブログの扱うのが

  • ニュースや記事
  • ゲームや娯楽
  • 画像や写真
  • 役立つサイト
  • 変なサイト
  • 意見や体験など

ブログの性格が

  • 個人か企業か
  • お気楽か真剣か
  • 論争に踏み込むかどうか
  • リベラルか保守か
  • わかりやすいか難解か
  • 子供に見せても大丈夫か、会社では見られない内容か

ブログのトピックが

  • エンターテインメント
  • ビジネス
  • 教育
  • 家庭
  • 青少年
  • ライフスタイル
  • ニュース
  • レクリエーション
  • リファレンス
  • テクノロジー

といった全項目について、Javascript によるスライダーでもってレビューは完了。

んでもって、ブログの URL やタイトルで検索すると、ユーザレビューの総合的な結果から、そのブログに似たブログを類似度順に返してくれる、というわけ。

ためしに、自分のブログ(このブログ)を自己診断で登録、似たブログを探してみたところ、トップには Scobleizer がでてきた。まあ自己評価だからインチキなんだけど。

storycode_logo_us.jpg

StoryCode というサービスもあり、こちらは書籍について同じことを行う。2005年の3月からやっているらしい。これも元々は英国からはじまったサービスっぽい

たとえば、Ender’s Game の似てるリストはこちら

自分の嗜好と似たブログ/本を探す、という点では面白いサービスだと思うんだけど、ユーザに入力してもらうデータの量が多くて煩雑すぎると思う。

ソーシャルブックマークサービスの場合は、自分のためにタグを、それもまあ2,3個程度つけるという作業量が負担にならないのだと思うけど、このレビューシステムはたいへんすぎ。「本の虫」とか「ブログの虫」(と言うかどうか知らないが)みたいな人による偏ったレビューになる気もする。

# だがそれがいい、ということもある?

この形のままで大ヒットしそうな気はあまりしないんだけど、レビューを集めるところをもっと気軽にできるようなら価値はでるかなあ。

あと、レビューはユーザ登録しなくてもできるようなので、ブログや本(フィクションだけだそうだ)の評価にどのような軸があって、対立する概念を英語でどう言うのか、といったあたりは英語の勉強になるかもしれない。

追記: バレバレ。自分のブログだけレビューってのもなんだし、ということで、そんなレビューを書きましたわたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です