カテゴリー
海外サービスウォッチ

Yahoo!以前のディレクトリ、Google以前のロボット検索

東京大学で「ウェブビジネスの歴史」についての講義をしてきましたで公開した講義資料の補足です。 1991年のウェブの登場から、大きなウェブビジネスの登場とその巨大ビジネスに個々のウェブサービスがどのように対応したか、という […]

東京大学で「ウェブビジネスの歴史」についての講義をしてきましたで公開した講義資料の補足です。
1991年のウェブの登場から、大きなウェブビジネスの登場とその巨大ビジネスに個々のウェブサービスがどのように対応したか、という歴史を、その歴史を生で見てない若者に解説する。という順序を追ったのですが、資料の中で、わざわざ、「Yahoo!が世界初のディレクトリではない」こと、「Googleが世界初のロボット検索ではない」ことを強調するために、それぞれの先行者について紹介しています。
どちらも、ウェブを検索して「世界初」と思われるものを見つけて紹介したわけです。
講義資料中にもありますが、ディレクトリの場合は、1992年に登場したThe WWW Virtual Libraryが最初だという説が有力でした。このサイトは、驚いたことに今も普通に運営してるようなんですよね。
# ちなみに、Yahoo!初期のスクリーンショットはここから使わせてもらいました。Amazonの初期の画面も載っています。リンク先にあるように、この画面を見ても、当時の時点ではこのサイトを世界中の人が使うようになるとは想像できないでしょうねえ。
ロボット検索の場合は、AltavistaとかInfoseekとか、Google登場前にウェブに触れていた人にとってはGoogleが最初じゃなかったことは明らかかもしれませんが、現在のGoogleの広がり方だけ見ていると、Googleが後発から競争に勝って今の地位を得たことは想像できないかもしれません。こちらはディレクトリ検索よりさらに諸説あるのですが、1993年のWandererが、クローラbotを走らせたという意味で最古のもののようです。こちらは現存していないようです。Wandererの作者はどうもその後Googleで働いているようですね。
聴き手が経済学部の学生で、(そもそも起業を目指すかという話は置いておいて)自らプログラミングを覚えて起業する、というより、起業するにしても経営担当となる可能性が高いだろうと考え、一回の講義でいずれ役に立つ何かを覚えておいてもらえるだろうか、と考えました。一つの授業で記憶に残るところなんて良くて1,2個だと思うので、「かならずしも世界で最初に始めた人が、そのコンセプトを世界中に広めたわけではないよ」というのを伝えたかったのが、今は誰も覚えていない最初のプレイヤーを紹介した理由です。
技術者は特にですが、世の中で最初にそれを発明した人に成功してほしい、成功するべきだ、という気持の人も多いのではと思います。しかし、20年無いウェブビジネスの歴史を見ても、多くの成功したサービスは、そのジャンルでの最初のプレイヤーではありません。
既に存在するウェブサービスに良く似たサービスが出た時に批難する声もウェブでは良く出てきます。アメリカ・シリコンバレーで流行したサービスを日本語に持ってくる、いわゆる「タイムマシン経営」に対する批判もその一つかと思います。
もちろん、コードやデザインをそのまま盗用するようなものはダメですが、同じコンセプトだけれども実施方法を変えることで、先行者よりも使いやすかったり、役に立ったりするサービスが出てきて、ユーザー数や人気でも逆転してしまうのはよくあることで、東大の学生に、「それまでまったくどこにもなかったものを一からひねりだすこと(だけ)がウェブビジネスだ」という風には思ってほしくなかったのです。むしろ、それをするサービスが既にあるし、そのサービスへの需要は多そうなのに、ビジネスとしてブレイクしていない、という時にこそ、そのジャンルでもっと良いサービスを作って成功するチャンスがあるのかもしれません。
そして、なんで自分がここのところにこだわったかというと、たぶん、自分の中に「まったく新しいもので成功したい」という願望があり、しかもそれがうまくいってないことへの反省もあるからだろうなあ。と思います。あまり格好のいい話ではないですが。

「Yahoo!以前のディレクトリ、Google以前のロボット検索」への1件の返信

秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ : Yahoo!以前のディレクトリ、Google以前のロボット検索

検索エンジンの歴史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です