LeftoverSwap – 食べ残しを人にあげるためのサービス

LeftoverSwap (食べ残し交換)は、名前のとおり、ご飯の食べ残しを希望者にあげる、というwebサービスです。

leftoverswap-top

スマートフォンのカメラで食べ残しを撮影し、それを食べたい他の利用者は手をあげ、引き取ったり食べに行ったりします。

サービスのターゲットは、あげる側は、残った食べ物を捨てることを嫌う人、でも同じ残り物をこのあと何日も食べるのは嫌だ、という人。

食べる側は、お腹が減ったけどお金がない人や、無駄なゴミを減らしたい人、地域の他の人と交流したい人など。

サイトによれば、

  • 作った食事の40%はゴミ箱に
  • 25%の人は隣近所の人の名前も知らない
  • 70%の人は太り気味(アメリカです)
  • 16%の人は健康的な生活に必要な食事に困っている
  • 99%の人はビーフ焼きそばのお代わりは要らない

といった問題のすべてが、このサービスによって解決するそうです。

中の人のTEDでのスピーチ。

BBCのレポート。

http://www.youtube.com/watch?v=3kJwD_fEBF4

サービスが始まっているかのように紹介されていますが、iPhoneアプリは開発中でまだ出ていないようです。そのあとAndroid版も作る予定だとか。

via Are You Gonna Eat That?: An App For Sharing Leftovers | Geekologie

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です