カテゴリー
未分類

普通のプリンタと特殊インク/用紙だけで指紋認証を突破する

ミシガン州立大学バイオメトリックス研究グループの Kai Cao 氏と Anil K. Jain 氏が発表した研究成果では、3次元で型を取ったりボンド等で凹凸をつけたりすることなく、市販のプリンターで印字した指紋を使って、スマートフォンの指紋認証が突破できることを示しています。

2d-fingerprint-hack-items

利用するのは、普通の市販のプリンター(今回はブラザー製だそうです)、AgIC社の導電性インク、同じく専用紙。

2d-printed-fingerprints

スキャンした指紋の画像を、このプリンターで印字し、切り取ってスマートフォンの指紋センサーに当てると、Samsung や Huawai の指紋認証対応スマートフォンのロックを解除できてしまったということ。

# なんで一番普及してる iPhone じゃないんでしょうね。iPhone ではあまりうまく再現できなかったのかしら

使われている特殊インクはは、以前に「描いたら回路になるペン」でクラウドファンディングを受けたのと同じ会社のもののようですね。

これまで発表されていた手順は、グミ的な素材で型を取った3Dの指型とか、2Dで印刷した紙の上に木工用ボンドや液体ゴムを盛り付けて作った指型によるものだったそうですが、今回の手法は、誰にでもできるより簡単な手法と言えますね。

via Hacker News

「普通のプリンタと特殊インク/用紙だけで指紋認証を突破する」への3件の返信

電導性インクで、静電容量チェックの指紋認証をクリアする、というワケね。銀行なんかの光学読み取りだとまた別なんだろうな。それともそっちは普通のインクでクリアできるとか?
■普通のプリンタと特殊インク/用紙だけで指紋認証を突破する https://t.co/acCjlgBq9i

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です