カテゴリー
fun

Zoombot – ビデオ会議に「分身」を参加させる

多人数のビデオ会議で、自分に関係のない話題が延々と続いてるとき、自分はいなくてもいいんじゃないか? ということは無いですか。自分が必要な議題になるまでとか、名前が呼ばれるまで待機状態になるようなこともあるでしょう。

マット・リードさん(Matt Reed)がエンジニア的に解決しようとしたのは、自分そっくりで自分と同じように応答するボット Zoombot でした。

受け取った音声が条件を満たしていたら、応答するスクリプトのようです。たとえば以下のようなものを仕込んだそう

  • 「元気?」と聴いたら「元気だよ、訊いてくれてありがとう」
  • 「わかった?」と聴いたら「ちょっと聴き取れなかった」
  • 「じゃあね」と聴いたら「今度また。気をつけて」

映像の方は、自分の顔を映した画面を録画してループで回しているだけのようです。こちらも凝るならば会議全体の話題に応じて表情を変えたりとか工夫の余地は多そうです。

マットさんはどれでしょう? 不自然に明るさが違うのはわざとでしょう。本当にボットで騙そうとしているわけではないので。録画された映像も、明らかに変です。

動画で、実際にやりとりしている状態が観られます。自分が呼ばれているわけではないところで突然反応したり、「マット、あなたロボットみたいね」とバレバレだったり。みんな反応を楽しんでいます。

zoombot のソースコードも公開されているので、あなた自身のzoombot を作ることもできます。

マットさんは面白ネタとして作ったと思いますが、この方向性でより精巧なものを作ろうとする人も出てくるかもしれません。

via Awesomer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です