カテゴリー
ゲーム

Influence – 囲碁風ヘックスボードゲーム

Influence(影響) は、囲碁の影響を強く受けた新しいボードゲームです。

ウェブページ一枚に収まる盤面で、コンピューター対人間、あるいはコンピューター対コンピューターで遊ぶことができます。

囲碁の白黒の代わりに緑と青。盤は正方形ではなく六角形(ヘックス)をベースとしたもの。ここに交互に自分の色を打っていき、盤面をより多く支配した方が勝ちというところまでは囲碁と同じです。

囲碁と違うのは、取ったヘックスからある程度の影響力(influence)が周辺のヘックスに漏れ出していくこと。ターンが進むごとに周囲から集まったパワーがヘックスの色を濃くしていき、一定のパワーを越えるとそのヘックスに新たに打ち込むことはできなくなります。この状態ではヘックスの周囲が黒く縁取りされます。

周囲を敵に囲まれてパワーが減ったら、縁取りが消えて相手が上書きできるようにも。互いに打ち合ってすべてのヘックスが確定状態になったら、相手より多くのヘックスを支配していたプレイヤーの勝ち。

歯車ボタンから行ける設定画面では、ユーザー対ユーザー、コンピューター対コンピューターなどの指定や、コンピューターの場合のAIの3段階の強さを変えることができます。

そのヘックスでの「影響力」の大きさは数値ではなく色の濃さで表現されるため、次に自手を打ったらどこがどう変わるかを正確に読むのは難しそうです。ここを色で「感じ」としたままにするか、内部の数値をはっきりだすか、については Hacker News で作者とユーザー達が議論を進めていたりします。議論中では「影響」が周囲のヘックスに漏れる量や、周囲が黒太線になって打ち込めなくなる閾値の具体的な数値についても明かされています。

まだフィードバックを受けてルールも盤面も変わっていきそうですが、提案が多く寄せられているところからも面白いと思った人が多そうなのがわかります。囲碁や将棋のように実体の駒ありきであれば0か1かという結果しか表しにくいですが、最初からコンピューター上で動いていることから、影響力の伝播をパーセント単位で調整できたり、一手指すごとに盤面の全部のヘックスの影響力を再計算したりできるのは可能性を感じますね。(コンピューターと切り離したボードゲームに移植することは難しくなりますが)

via Hacker News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です