カテゴリー
ネットのマーケティング

Clubhouse.io が Shortcut へ改名。サービス名被りで

フリーミアムのコラボレーションサービス Clubhouse が、9月からサービス名を Shortcut に変更するというアナウンスを出しました。

  • (旧) clubhouse.io
  • (新) shortcut.com

多くのみなさんにとって、理由は明白だと思われるでしょう。オーディオアプリの Clubhouse があまりに速く巨大になってしまったため、その人気に向き合いながら我々のブランドを永遠に維持し続けることに希望が持てなくなりました。

For many of you, the reason for this is probably pretty obvious. The Clubhouse Audio App became so big so fast that we couldn’t possibly hope to forever maintain our own brand standing in the face of their popularity.

気の毒ではありますね。Clubhouse.io を運営する Clubhouseソフトウェアは2014年の創業、2016年のサービス公開から数えても5年目のサービスとなります。

その次に、なぜ新しいサービス名を Shortcut としたか、について3つの理由を述べていますが、そこは興味のある方は原文にあたってください。

続いて、大成功しているサービスの名称、アップルやフェイスブックなどなどを挙げて、「大成功したサービスだからといってその名前自体は特に良くも悪くもないよね?」と言っています。

「もしアップルの社名がブラックベリーで、ブラックベリーの社名がアップルだったとしても、ブラックベリーが世界で最も儲かる会社になっているだろうか? ブラックベリーTV はやっぱり(オリジナル番組で評価が高い)クールなサービスのままなんじゃないか?」

Shortcut という新しい名前が最高でもパーフェクトでもなくても、サービスが成功すればよい名前になるし、サービスを成功させるのは名前それ自体ではなく我々だ、と締めています。

多産多死のスタートアップの多くは大枚はたいて多数の商標を抱えたりはしないことが多いと思います。その結果今回のような不運も発生してしまいますが、名前の心配ばかりしてサービスが飛翔しないよりは前向きなのかなと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です