カテゴリー
データ可視化

Commute Time Map – 一定時間内にたどり着ける範囲を示せる地図サービス

「ピカデリーサーカスから電車で20分」と「ブリクストンから車で10分」の2つを指定した地図。すべての条件が成り立つ領域だけを表示させたりすることもできます。

いわゆる「等時間地図(isochrone map)」と呼ばれるタイプの地図で、地図上の地点間の所要時間を大量に集めないと描けないものです。

徒歩で指定した時は、時間内で行ける範囲は円形に近い形となります。

「東京駅から電車で30分」、絶対にこれは違いますね。電車利用は線路沿い、自動車は高速道路沿いにそって大きく伸びそうなものですが、時間を伸ばしても思ったほど距離が伸びてないような気もします。

「ロンドン中心部から電車で30分」だともう少しそれっぽい範囲が出てくるので、このサービスが使っているIsoline APIが日本の電車に未対応なのでしょう。残念。

ある一か所から一定時間内でどこまでいけるかだけでなく、複数地点からの到達を条件にできることで、どんな使い方が考えられるでしょうか?

別々の会社で働く3人の友人が、徒歩・徒歩・自転車でランチを食べに集まるとして、全員が同じぐらいの時間がたどり着けるのはどこか、みたいなのを可視化することができるかもしれません。

また、同棲カップルがお互いの職場からの時間ができるだけ短くなるところをみつける、みたいなのに使えるかもしれませんね。通勤時間が同じになる場所をみつけて、そこで賃貸物件を探す、とか。

電車での速い移動がもっと正確にでるようになれば、日常的に使える便利サービスになるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です