カテゴリー
技術

お題どおりの表情を作ると止まるアラームアプリ Mimicker Alarm

双子かどうかを判定するサービスTwins or Notなど、顔写真の認証技術を使った実験サービスをいろいろ出しているマイクロソフトが、止め方に特徴のある新たなアラームアプリ Mimicker Alarm をリリースしました。

Mimic(モノマネする)の名前が示すとおり、このAndroid用アラームアプリでは、アラーム音を止めるために、カメラに向けてアプリに指示された表情を作る必要があります。

「驚いた顔をして」「ハッピーな顔をして」などという指示を見て、30秒以内にアプリが判定する驚いた顔を撮らないと、アラームが後でまた鳴るようになっています。

mimicker-alarm-surprized-face

https://www.youtube.com/watch?v=VWJyCYkMc3Y

マイクロソフトの Oxfordプロジェクトの一つ、表情を判定する Emotion API のデモとしての役割を持つこのアプリ、太っ腹なことにソースコードがGitHubで公開されています。

表情の変化を使って何かをするアイデアがあれば、このコードをベースに自分のアプリを作ることもできるというわけですね。

via The Verge

カテゴリー
工作

平手打ちで起こしてくれる目覚まし時計を作ってみた人

シモーヌ・ギエーツさんの発明工作・slap(平手打ち)で起こしてくれる目覚まし時計です。

The Wake-up Machine VLOG - YouTube

物理的な攻撃を受ければ、単なるアラーム音などよりも起きられるような気はしますね。

動画では、回転部分に髪の毛が巻き取られてひどいことになったりもしていますが。

実用化に関しては、いかにして頬っぺたの場所を正しく叩けるかが鍵になりそうな気がします。

こちらは過去のギエーツさんの動画。

朝食を作ってくれるロボット

自動歯磨きマシン

via Tastefully Offensive

カテゴリー
fun

起きないとお札を切り刻むシュレッダー目覚まし

起きないと挿してあるお札を細かく刻んでしまうという恐ろしい目覚まし、Money Shredding Alarm Clock

money-shredding-alarm-clock

同じ発想で考えられたデザインコンセプトで、ロシアのデザイン会社が発表したものが2011年に話題になったことがあるようですが、今回はちゃんと動く実物です。

アラーム時計を自作するための工作キットSparkfun Clockitと、USB接続で動作するシュレッダーUSB Paper Shredder

CLockitは後継品が$24.95(2640円)、USBシュレッダーは$12.97(1320円) で購入できるようです。

デモ動画では1ドル(110円)札を使っていますが、これを高額にするとより効果的かもしれませんね。それでも寝てしまった時のダメージもすごそうですが。

via Money Shredding Alarm Clock [Video] | Geeks are Sexy Technology News via Geekologie