カテゴリー
ネットの事件

Curl プロジェクトが Travis-CI 無料枠を外されそうだとして対応を開始

URL転送ライブラリとそのコマンドラインツールとして有名な Curl プロジェクトの GitHub issues で、travis-ci の無料枠が使えなくなる(travis-ci shuts down the free tier for us)というチケットが上がっています。

有名CIサービスである travis-ci にはオープンソースをサポートする無料枠があり、GitHub 上の多くの OSS プロジェクトで travis-ci が利用されているのもそれによるものです。

curlプロジェクトでも 2013 年から travis-ci で CI を回しており、現在は33個のジョブが走っているそう。今年の3月までは、特別にCPUブーストもしてもらえていたということですが、このブーストは予告なしに止まっていたそう。

travis.ci は今 travis-ci.org から travis-ci.com へのドメイン移行を進めているのですが、この移転でオープンソース無料枠を再度申請したいが、他のプロジェクトに対するメールでの返答にあった「無料枠を使える条件」が引っ掛かりそうだ、とCurl作者のダニエル・ステンバーグ氏(Daniel Stenberg)が述べています。

  • 申請者はプロジェクトのリードかレギュラー貢献者である
  • プロジェクトは3か月以上の歴史を持ちアクティブである
  • プロジェクトはオープンソースの定義(OSD)に合致する
  • プロジェクトは営利企業や組織にスポンサードされていない
  • プロジェクトは有料サービスやソフトウェアの有料版の配布をしていない

ステンバーグ氏はwolfSSL社に属し、勤務時間中にCurl プロジェクトの管理やサポートをしてよいことになっているのですが、これが上記の5つの4番目にどうしても抵触してしまうだろうということ。

氏は「他の無料枠のあるCIサービスへの移行」「CIツールをセルフホストして使う」「寄付を募ってTravis-ci を有料枠で使い続ける」などの取りうる選択肢を示し、意見を求めています

コメント欄や twitter ではすでにいくつかの他のCIサービスから引っ越しの提案が出たり、CIツールの変更についての作業を手伝いたいという人も出てきています。

今のところ、あくまで他のOSSプロジェクトに対しての Travis-ci の返答から出ている話のようで、Curl プロジェクトの CI が止められているとか止められそうというわけではなさそうです。ただ新しいルールがあるならそれに違反したまま使い続けるのは後日のリスクとなるかもしれないですね。

コメントの中には、「Travis-ci は内部で Curl を使ってるだろう。Travis-ci が Curl を無料で使えるように、Curl が Travis-ci を無料で使えるよう例外扱いしてもらえばいい」と言ったものもあります。これは Travis-ci も応じるかもしれませんが、その他の多くの同様の OSS プロジェクトについてこのような例外が得られるわけではないですね。

OSSプロジェクトを支援するためにOSS開発者を社員にしたり、スポンサーとして援助したりというケースは多く、そのおかげで続いているOSSプロジェクトもあるでしょう。Travis-ci を含めた各CIサービスも無料枠の abuse などで無料枠の継続がたいへんな状況になっていることもあり、この後も他プロジェクトで同じような話が出てくるのではと思います。

カテゴリー
ツール

go-license-detector – オープンソースのライセンスを判定してくれるツール

go-license-detector は、プロジェクトのドキュメントファイルをスキャンして、そのプロジェクトがどんなライセンスかを推定するというツールです。SPDX で400種類近くに分類されている多種多様なライセンスの分類名(identifier)の形でライセンス情報を返します。

従来のツール

Ruby製のLicenseeでは、ライセンスファイルの存在や、既知のライセンスファイルとの一致度を見て、オープンソースのライセンスが何かを判定しています。GitHub 自身も、各リポジトリのライセンスを判定するのに利用しているそうです。

他にもいくつか、Google の licenseclassifier などライセンスを推定するツールはあるのですが、go-license-detector は以下の特徴があるそうです。

  1. 誤判定があっても、「不明」という結果を少なくする方向の検出
  2. Golang による高速な処理
  3. GitHub の人気トップ1000リポジトリ(手動でライセンスが判定されている)をできるだけ当てられることを目指す
  4. SPDX の分類に従う

精度比較

ブログ記事では、既存の各ツールとの判定精度の比較をしています。902のソースコードを判定し、ライセンスがあるものに関して99%という高率の判定結果、また、判定の速度もとても優秀ということ。

現在は LICENSE や READEME など、一定の種類の名前でライセンス情報を探そうとしていますが、それらのファイルについて既存のライセンス文書との一致をみるにしても、単なる一致ではなく単語のゆらぎやミススペルなどまでケアしているようです。

何か一つオープンソースのプロジェクトが有ったとして、そのライセンスが何であるかを当て、それを信じて利用するというよりは、多数のリポジトリをまとめて分析するような用途に向いているのかなと思いました。

via Detecting licenses in code with Go and ML · source{d} blog

カテゴリー
ツール

オープンソース化された結婚式のウェブサイト(GPLライセンス)

Oath社のソフトウェア・エンジニア、ラムさん(Ram)が結婚一周年を記念して GitHub で公開したのは、彼が自身の結婚式のために製作したウェブサイト。

デモサイトも公開されていて、動く様子を見ることができます。

サイトは、二人の出会い(大学の同級生だそうです)、結婚式前後のイベント、参列者がインスタグラムに投稿する際のハッシュタグの案内(その写真はこちらで見られます)、婚約式の写真、結婚式場の地図、が、モダンなレスポンシブデザインで提供されています。

結婚式のウェブサイトのフォーマットとしては、この式が挙げられたインドでもどこでも大きく変わらないと思うのですが、コンテンツ内のメヘンディ、ハルディなどインドの結婚式独特の行事の案内や、そのドレスコードの説明などは興味深いと思いました。新郎新婦にウコンを塗りたくる儀式っていったい…

参加不参加の表明(RSVP)は Google Sheet とメールで、ホスティングは GitHub Pages で実現されていて、同じものを完全に無料で動かすことができます。

ライセンスはGPLv3ということで、これから結婚式を挙げるエンジニアの人は、これをベースにして作るのもいいかもしれませんね。

via Hacker News