カテゴリー
データ可視化

ロンドンで一番ひどいバス停を見つける – ビッグデータ活用事例

ビッグデータ解析サービスの英コグニシオ社(Kognitio)が公開している、ロンドン最悪のバス停(The worst bus stop in London)は、ロンドン交通局の運営するバス運行に関する膨大なデータを使って、運行状況に関して優秀なバスやひどいバスを見つけるというプロジェクトです。

対象となるデータの規模は以下。

  • データ数 4,938,534,706
  • バス停の数 19,687個
  • バス路線数 675本
  • バスの台数 9,641台

ロンドン交通局のオープンデータというページがあるので、ここから入手できるのでしょうね。

これらのデータから、たとえば、7つの運行ゾーン毎に、「バスがとても遅れるバス停」「時刻表より前にバスが来がちなバス停」などのランキングが求められています。

これは「ロンドンで最も出発が遅れる路線」。走ってて遅れるのではなく出発が遅れるってどういうこと? と思いますが、運転手が遅刻するとかそういうのもあるんでしょうか。

こちらなんかは良い方の結果で、最も時間に正確なルート。路線のバスのうち85%が時刻表から外れずに走っているそうです。

郵便番号でランキング

バスが正確な地域、不正確な地域をランキングするには、郵便番号(の上3桁)が使われています。

なんで郵便番号? と思うかもしれませんが、イギリス(や西洋の多く)の住所は通りの名前+番号なので、おおまかなエリアを示すには郵便番号が便利なのかもしれませんね。

ロンドンで最も使えないバス停は

すべてを総合した、ロンドンで最悪のバス停は、ヒースロー空港近くのリングウェイ(Ringway)バス停だそうです。時刻表通りに来るバスの割合は全体の4%、25本に1本しかないのだとか。

ロンドン交通局自身も、いろいろとデータ処理して同様の情報は持っているのかもしれませんが、こうやってオープンデータとして公開することで、第三者が検証したり改善提案してくれたりするのはいい感じです。

カテゴリー
技術

Google Glassを、監視カメラからプライバシーを守るために使うWatch Your Privacy

本日(日付上は昨日)アメリカでのみ一般販売して、もう売り切れたらしいグーグルのメガネ型情報機器グーグルグラス。

目で見ているものを全部撮影・録画できる能力から、トイレやレストランなどのカメラが常時写したりすることを想定していない場所で密かに使えてしまうことや、自分たちが写されてネットに公開されることを嫌がる人たちからの批判も多いようです。

そのようなプライバシーの問題を提起されているGoogle Glassですが、反対にプライバシーを守るために使うアイデアを考えて制作しているのが、オランダのサンダー・ベーンホフ(Sander Veenhof)さん

彼のWatch Your Privacyプロジェクトでは、Google Glassを掛けて街中に出ると、監視カメラのある場所、監視カメラが撮影していそうな範囲を、実際の景色の上に重ねる、いわゆるオーグメンテッド・リアリティ(Argumented Reality, AR)の手法で表示してくれます。

privacy-camera-ar

上の写真。写真中央左のポールの上に、監視カメラがあるんですね。

privacy-camera-ar-2

こちらの画像は、この仕組みをオンにした時とオフにした時の見え方の違いを説明しています。

データはARアプリLayarに与えるデータの形で提供されていますが、その監視カメラの位置情報などはオープンデータとして公開されているものを使っています。

イギリスでは監視カメラがたいへんな数配置されているそうで、このようなカメラに映らないように外出するのはかなり難しいと聞きます。

監視カメラが有ったことで事件などが解決するケースもあるため、監視カメラを全部無くせばいいというものでもないかもしれませんが、監視カメラがそのような良いことだけでなく悪いこと(罪の無い人の監視など)に使われないことがシステム的に保証されないと、不安に思ったり自衛しようとする人が出るのも避けられないでしょうね。

このアプリ、オマケとして他のGoogle Glass装用者がいたらそれもARで指摘してくれるようです。Google Glass自身が自分の場所を公開しているということなんですね(たぶん、オフにはできるのでしょうが)。Google Glassの人に写されたくないのでGoogle Glassを掛ける、みたいな変な話も起こりそうです。

via prosthetic knowledge