カテゴリー
ネットのサービス

BrightPath – 明るい道を案内してくれる地図サービス

BrightPath は、明るくて安全な歩行用の道を提案してくれるwebサービスです。

使い方はとても簡単。地図上で開始(Start)と終了(End)の2点を順番にクリックするだけ。最短距離ではなく、明るい道を示してくれるそうです。

「Google Mapsは時々、危険なルートを提案してくることがある」、特に、その街に観光や引っ越しで来たばかりの人ほど、ネットの地図の案内に依存してしまい、危険なエリアに迷い込んでしまう恐れがある、という問題意識から開発されたということ。

明るい道、のデータはどこから

イギリス政府のデータ公開サイトで“Street Lights”で検索すると、都市や街ごとに800件以上のオープンデータが出てきました。BrightPath はこの中からロンドンのデータを持ってきて使っているのでしょう。

日本では

GitHub でソースコードも公開されているので、地図と街路灯のデータがあれば東京版とかも作れそうです。

明るい場所を教えてくれる、というサービス、2014年にオープンデータ利用のコンテストがあって明石工業高等専門学校がNGY Night Street Advisorというサービスを作り、受賞しているようなのですが、サービスとしては継続運営はしてないようで、見つかりませんでした。

この時は名古屋市から提供を受けた10万灯の街路灯データを使ったそうですが、このデータもこのコンテスト用に一部に公開されたもののよう。

こういったデータを継続的に公開していると、ロンドンのように続くサービスも出てくると思うのですけど。

[追記] 名古屋ではなく静岡市を扱ったSIZ Night Street Advisorというサイトは動いてました。

カテゴリー
データ

names.io – 徹底的な?姓名データベース

names.io は、世界の多数の姓(surname)と名(first name)を集めたデータベース、と言っているテキストデータで、GitHub で公開されています。

Exhaustive(徹底的な)が示すように、あらゆる国の姓名を収集しているそうで、README にも入手元へのリンクを多数載せていますが、その規模はというと「姓が10万種類、名が16万種類」だそう。あれ?

日本の姓は30万種類ぐらいあるそう。ローマ字表記のこのデータベースでは同じ音の姓はかなり整理されるだろうとは思いますが、それにしても10万種類で「徹底的な」はないかな、と。

ただこのテキストファイル、同じく公開されているスクリプトで各所のデータを持ってきて加工して作成していることから、データの入手元を増やしていけば、本当に網羅的なものになる可能性もあるでしょう。issues には追加すると良さそうな提案が集まってきています。

最初に「すごい」「完全」と打ち出すことで、あえて突っ込みを受けて改善していこうということなのかもしれません。

via Hacker News

カテゴリー
データ可視化

Citylines – 世界各都市の公共鉄道網の変遷を見られる歴史地図

citylines.coは、世界の都市鉄道の路線がいつ開設されたか、をプロットした地図です。

1920年東京周辺の鉄道網
1920年東京周辺の鉄道網

△の再生ボタンを押すと、その都市の初めての鉄道ができてから現在までの時系列での鉄道網の変化を見せてくれます。東京は1960年代の都電の廃線が印象的でした。

1920年大阪周辺の鉄道網
1920年大阪周辺の鉄道網

二つの都市を並べて見るモード(Compare)もあります。これは1945年の東京とニューヨークを並べたもの。

日本では東京、大阪、名古屋と長崎の4都市のデータが入っています。名古屋は現在の地下鉄データのみ、長崎はデータが空でしたが。

データはオープンデータとして公開されています。自分で足りないデータを貢献することも可能。

日本のデータはまだまだ少ないので、調べて追加してあげるのもいいですね。鉄道好きの子供なら夏休みの自由研究とかにもできそうです。

via Maps Mania