カテゴリー
ネットのサービス

Sharezies – サブスクを家族や仲間と共有するサービス

Sharezies というアプリが iOS/Android で出ていて驚いたのですが、これ、音楽や書籍のオンライン読み放題といったサブスクリプション(サブスク)サービスのログイン情報を家族やルームメイト、友達らと共有するためのサービスです。

グループを作って、お互いが自分のサブスクサービスのユーザー名とパスワード(!)を登録すると、他のメンバーがそれを参照して自分もそのサブスクサービスにアクセスできる、ということ。

「お父さんがファミリーアカウントのログイン方法を忘れたりしてないか? ハウスメイトが音楽サービスのパスワードを週に3回も変更してないか? 職場でB2Bサービスのログイン情報をチームで共有する必要はないか? – Sharezies はあなたのためのものです!」

「誰が最もサブスク登録に貢献しているかを見ることもできます」なんてアプリの説明に書いてあるので、友人間のギブ&テイクでアカウント情報を融通するような使い方も利用ターゲットに含めていそう。

家族、ルームメイトなどの同居人、遠方に住む家族、友人間で共有してもよいとするサブスクもあるでしょうが、規約で明示的に禁じているものや、家族の利用には追加費用を取る家族プランを別途用意しているサービスなどもあります。

昔アメリカの友人に、アメリカ国内からしか注文できないものを買いたいので住所使っていいかと話したら、返事のメールで彼女の Amazon のログイン名とパスワードが送られてきて驚いたことがあります。まあ信用されてるということでしょうけど危ないなと。世の中そういうことをする人もいるんだなあと。

サンプル画面では電力会社のサイトのログイン情報を共有したりしていて、これなんかは家族やルームメイトで共有しても問題なさそうな例だと思います(利用規約では禁じてるかもしれませんが)。結局は何を共有するかで問題になったりならなかったりするため、このサービス提供者側に責任はないのかもしれませんが、禁止されているサブスクの共有も引き起こしやすい面はあるかと思います。

https://apps.apple.com/tt/app/sharezies/id1507725958

カテゴリー
ネットのサービス

Billisimo – サブスクリプション管理サービス

Billisimoは、AWS, Trello やSlack など課金型のサービスの購入状況を管理してくれるwebサービスです。

まだクローズトベータ中で動くところはわかりませんが、こちらの説明によると、チームで利用している課金サービスの課金状況や更新状況を、一つのダッシュボードでまとめて見せてくれるそうです。

毎月の請求や支払いデータをどうやって集めるのかな、と思いましたが、各サービスからのメールを使っているそうです。サービスに登録したメールをBillisimo にも転送するようにしておくと、Billisimo が各メールの送り主やメール文面を解析し、利用料の請求額やその支払期日などをそこから読み取るそう。

サービスの中には管理ページにログインしないと詳細が出ないものもあると思うので、そのへんはどうなってるのかな。

普段担当者がやってることでしょうけれど、会社の規模によってはこういったサービスの購読が数十から数百ということもあるでしょうし、安くて間違いが少ないなら使いたいと思う会社もあるでしょうね。

いろいろなサブスクを管理するこの Billisimo 、それ自体もサブスクリプションサービスで、料金は最小で月$100(1万1000円) からのようです。