「ジェネレーター」タグアーカイブ

英語のかばん語や韻を自動生成してくれるジェネレーター、気の利いた言い回しが作れるかも

Portmanteau & Rhyme Generator(カバン語と韻ジェネレーター)は、英単語を2つを入れると、その二つの単語やその類語・周辺語から韻を踏める単語を探したり、カバン語を合成してくれるというwebサービスです。

例えば “dog” “run” でやってみると、韻については

  • “around” “Grayhound” グレイハウンド、周りに
  • “bark” “embark” 吠える 乗船する

など、元の「犬」「走る」に関連した言葉で、韻を踏める組み合わせが、音としてどれぐらい近いかという指標をあわせて列挙されます。

かばん語(ポートマントー)の方も、「犬」「走る」に関連した類語を探した上で、

  • ranimal (ran/animal) (「走る」と「動物」で「ラニマル」)
  • puground (pug/aground) (「パグ」と「座礁する」で「パグラウンド」)
  • carrytriever (carry/retriever) (「運ぶ」と「レトリバー」で「キャリトリバー」

二つの音をつなげた新語をたくさん提案してくれます。

ポートマントーの方は仕事の役に立ちそう。ブランドやドメインで実在しない言葉の案を多数出す時など、ベースとなる商品のジャンルや希望するイメージの言葉などを与えると、類語を調べ、音の響きをあわせた候補がたくさん出てくるわけで、英語圏の人にはもちろんのこと、英語にそれほど親しみが無い(けれど、英語的な造語をネタ出ししなきゃいけないような状況の)人にとって有用なツールとなりえるのではないでしょうか。

ソースコードも公開されていて、データを差し替えて自分で動かすことも可能そうです。

via Hacker News

Datawrapper で、複数地点を俯瞰で紹介できる地図 Locator Map を作る

ジャーナリストやビジネスパーソン向けのグラフ/地図作成サービス Datawrapper で、地図上の複数地点を示す Locator Map というタイプの地図を作る機能が追加されています

東京日本橋500円(5ドル)ランチガイドのお店で作ってみました。

広い範囲のどこに当たるかを差し挟んだりもできるので、意味なく地球上での位置など入れてみたりしました。

地図の方角を変えたり、斜めから見たように角度をつけることも自由にできます。

上のサンプルは手で入力しましたが、店舗のリストなど、データをまとめて渡して地図を生成することもできます。地図のベースとして使われているのは OpenStreetMap ですね。

Datawrapper はフリーミアムのサービスで、無料でも限定された形で利用できますが、多数のチャートや地図を作ったり、それらの図をサイト上で何万回も表示したり、画像やpdfにして配布したりする場合には月額制の有料プランに入る必要があります。

見栄えのよいグラフや地図を作るのもスキルが必要ですが、データを与えるだけでデザインされたものが出たり、インタラクティブな仕組みを持たせたりできるのであれば、お金を払ってもいいというユーザーがいて、こういったサービスが存在できているのかもしれません。

via Maps Mania

Dungeons TOME – D&Dのダンジョンを生成するジェネレーターサイト

Dungeons TOME は、D&D のダンジョン・マスターガイド(DMG)に倣った方式でダンジョンを作ってくれるジェネレーターです。

フォームで、迷宮の入口を中央、横、角のどこにするかを選び、reCaptcha で人間チェックを受けると、

ランダムな迷宮を生成してくれます。乱数のシードを入れると、固定された生成結果を得ることもできます。

台形、丸、八角形の部屋が生成されないのがDMGとの違いということですが、これは作るのが大変だからで、実装する予定はないそうです。

生成されたダンジョンは非商用なら自由に利用・配布可能ということ。ソースコードは非公開ですが、メンテしなくなることがあればソース公開するかもしれない、だそうです。

via Hacker News

ファンタジー地図ジェネレーター

Fantasy Map Generatorは、架空世界の諸国地図を自動生成してくれるという JavaScript ライブラリです。デモページを開くと、リロードするたびに新しい大陸や諸島の地図が描かれます。

地形等は svg で生成されていて、拡大しても崩れたりしません。

デモ上でクリックすると、国・郡・町などを変更したり、表示のフォント・色を変えたりすることもできます。

地名は自動生成ではなく、namems.js に定義したものをランダムに出しているようです。

現在も開発中ということで、ソースコードはGitHubで公開されており、開発ブログでは海岸や河川の生成など、これまで作成したところの仕様や作り方などについても解説されてます。

昨年ご紹介した中世ファンタシーの城郭都市を生成するジェネレーターと併せて、TRPG のマスタリングや小説の世界観設定などに使うとはかどりそうなサービスではないでしょうか。

Corporate Gibberish Generator – 企業名からIT企業のそれっぽすぎる紹介文を作るジェネレーター

Corporate Gibberish Generatorは、社名を与えるとその会社を紹介する「たわごと(gibberish)」を生成してくれるジェネレーターサービスです。Andrew Davidsonさんの作。

適当な社名を入れると、一瞬で英語で会社の紹介文を書きあげてくれます。出てくるのはこんな感じの文章

勇敢に未踏の地を拓き、(未来のある時点で)激烈に進化する企業

サイコイン社はリアルタイム統合品質管理における業界リーダーです。業界標準用語「eテーラー」の意味するところは何でしょうか? eサービス無しにはあなたの会社はメソドロジーを欠いたままでしょう。我々は、加入者コミュニティのキャパシティを再目的化することで進化させます。再仲介のための予算は反復のコストの10分の1以下になるべきです。わたしたちは、貴社がパートナーシップの許容量を変化させることに介在します。開発の要素はたった一語、「定着」でまとめることができます。「説得力がある」仲介とはどのような意味でしょう? 簡潔に言うと、新規テクノロジーを監視する革新的な計画を貴社は所持しているのか?です。最先端の考え方をしましょう。SVG と Apache の融合を想像してください。私たちが、ユーザーの隠れた能力を解き放ち生成します。

A company that can whiteboard courageously will (at some unspecified point of time in the future) be able to evolve fiercely.

CyCoin is the industry leader of real-time Total Quality Management. What does the standard industry term “e-tailers” really mean? Without e-services, you will lack methodologies. We will repurpose the capacity of subscriber communities to evolve. Your budget for reintermediating should be at least one-tenth of your budget for iterating. We will engage the capacity of partnerships to transform. The development factor can be summed up in one word: sticky. What does it really mean to reintermediate “compellingly”? Quick: do you have a innovative plan for monitoring new technologies? Think cutting-edge. Imagine a combination of SVG and Apache. We will unleash the aptitude of users to generate.

Corporate Gibberish Generator™ による生成サンプル

訳してて頭が痛くなってきました。一字ごとに見ていくと何も言ってなかったりするのは明らかなのですが、オリジナルの英文が良さげなデザインでパッと出ていたら、なんかいい事言ってるんじゃないか、ぐらいには思ってしまうかもしれません。

「特にインターネットとテクノロジー企業に合わせて「たわごと」を調整した」ということで、英文でこけおどしを書きたい人は、このサイトの生成する文章や使っている単語を参考にするといいかもしれません。

via TheNextWeb

中世ファンタシーの城郭都市を生成するジェネレーター

小さな町から大きな都市まで、中世ファンタシーに出てくるような架空の町の地図を作ってくれるというジェネレーターです。

こちらは小さな町。城、市場、商人街、職人街、場外の農場、などが毎回違う配置で生成され、マウスのホバーで種別を確認できます。

大都市になると、為政者、貴族やスラム街などの場所も生成されます。

Haxe言語で動くOpenFLフレームワークで制作されており、今後も改良を続ける予定ということです。

via reddit/proceduralgeneration

80年代レトロタイトルジェネレーター

MTVとかで出てきていたような懐かしい感じのタイトルが作れるジェネレーター Retro Wave 。英語圏のtwitterでちょっと流行ってるそうです。

retro-wave-generator-top-screenshot

背景画像とフォントを選び、3行の短いテキストを書いて「Go」を押すだけ。

retro-wave-go-cybozu-go

3つの解像度でダウンロードしたり、各種ソーシャルへ送れます。

retro-wave-generator-error-with-japanese

日本語はエラーになってしまいました。こんなフォントでは英数字以外はやっぱ無理か。

https://twitter.com/Electivirus/status/783829073868926976

retro-wave-here-something-special

ただただ懐かしい感ありますが、80年代に生まれてなかった人たちがどんどん社会に出てきているこの時代、一周まわって評価されたりすることもあるかもしれません。

via TheNextWeb

Scrabble のタイルでメッセージを作るジェネレーター

Caption.it は、いろいろなテキストや画像のオンライン・ジェネレーターを揃えたサイトです。「英単語を作るボードゲームScrabble 風のタイルでテキストを描きたい」という事があり、これを作ってくれるサイトを探していて見つけることができました。

Scrabble では、文字ごとに得点が書いてあり、XやZなど単語を作りにくい文字ほど、高い得点がついています。木目調のタイルに書かれた文字の端に小さく数字が書いてあるだけで、「ああこれはスクラブルだ」と英語圏(ローマ字圏?)の人は思うみたいで、それぐらいこのボードゲームは有名だということなんでしょうね。

scrabble-photo-generator-caption-it

スクラブル化したいメッセージを入れて、Create を押すと画像ができます。そのままブログ等へ埋め込むことも可

Picture Captions
[Caption.iT – Face in Hole]

日本語でもできるといいんですが、そもそも日本語の Scrabble って無いですからね。(無いですよね? 誰か作ったけど流行らなかったとかいうことはあるのかしら)

日本語で文字遊びの定番、みたいのがあるなら、それをテーマにした同様のジェネレーターがあると面白いのではと思いますが。万人が知ってるようなものは無い気がしますね。