カテゴリー
セキュリティ

blacklight – ウェブサイトが訪問者の何を何のために追跡しているか分析するサービス

blacklight紫外線を当てることで普段は見えない隠れたものを見つけるブラックライトからつけられた名前だと思いますが – は、ウェブサイトがどんな追跡コードを埋め込んで、訪問者のどんな情報を追跡可能にしているのか、を検出してくれるというツールサービスです。

このサイトのドメインを入れて試してみました。このサイトには追跡目的のトラッキングコードが入ってない、と出ました。

追跡目的のトラッキングコードとは、一覧とその説明文から、トラッキング 広告トラッカーやサードパーティークッキー、広告ブロックを検出するコード、マウスやキーボードの動きを保存するセッションレコーダーやキーロガー、Facebookに訪問を知らせるFacebook pixel、Googleアナリティックスのターゲット広告用追跡コード、などです。

これらのすべてが悪意を持って悪用される追跡コードではないかもしれませんが、サイトが何を見ているかを気にすることは大事ですし、気になった時に簡単に調べてくれるのはいいですね。

適当なドメインを入れてみた結果。広告収入で運営されているサイトであれば、いろいろ入れてみてもこれぐらいは普通のようです。

サービスはヘッドレスブラウザを使ってそのドメインへ訪問し、自らのデータベースにある既知のトラッキングコードがあるかを突き合わせているようです。検出したトラッキングコードから、そのコードがどの団体へ情報を送っている可能性があるか、なども表示してくれました。

カテゴリー
プライバシー

SocialSharePrivacy – ソーシャルメディアの埋め込みボタンに訪問を追跡させないライブラリ

SocialSharePrivacy は、ウェブサイトの提供者が、利用者に対してプライバシーが保たれるソーシャルメディアボタンを提供するためのライブラリです。

デモページを動かしてみました。スライダーでボタンを有効にしない限り、フェイスブックやツイッターのサーバに情報は送られません。

まずボタンを有効にするアクションを起こすと、初めてメディアが提供するボタンが有効となり、この時点でそのページに訪問したことは各サービスにも伝わります。そして、有効になったボタンをクリックすると、「イイネ」等をすることができます。

2回クリックをしなければならなくなった代わりに、そのページに訪問したことは各ソーシャルメディアサービスには知られずに済む、ということになります。

サイト訪問をしていることをソーシャルメディアから常時されるのは困る、しかし、イイネ等をしたい時にはできるようにしてほしい、という多少込み入った要件のサイトがあれば、このライブラリが一つの解決法となるでしょう。

SocialSharePrivacy のコードはすべてGitHub で公開されています。

カテゴリー
プライバシー

ウェブ広告を片っ端からクリックすることで広告ネットワークの追跡に抵抗するブラウザ拡張 Adnauseam

AdNauseam は、ブラウザ上に表示された広告を、自動的に見つけてクリックしてくれるというブラウザ拡張機能です。

広告ブロックをする拡張 uBlock をベースに作られた AdNauseam は、ブロックした広告に対して、間隔を空けて(=人間がクリックするかのように、ということでしょう)一つずつ、クリックして背後で広告を読み込んでいきます。

なぜそんなことをさせるのか? AdNauseam の作者たちの主張はこうです。

ブラウザの”Do not track”(私を追跡しないで)ヘッダは、多数の企業が協力しなかったため、使い物にならなくなった。広告ネットワークが我々の閲覧情報を売り渡し続けるのであれば、広告をブロックした上で、その広告をすべてクリックするしかない。すべてをクリックすることで、あなたを追跡しようとする企業は混乱するだろう。

adnauseam-io-1

何に対して興味を持っているのか、追跡して分析されたくない、という意思表明(Do not track)をしても追跡されてしまうなら、全部の広告を押すというのは確かに効果があるのかもしれません。すべてに興味を示すユーザーは、何に興味を示しているのかわからなくなるのですから。

# ただ、いろんなものを「買うかもしれない」判定しちゃう広告ネットワークもあるかもしれませんが

2017年には、このAdNauseam拡張、Chrome の拡張Store から「利用規約違反」という理由で削除されています。違反してるとされた規約にどう違反してるかの詳細な説明は受け取ってないとこの作者たちは言っていますが。

ウェブサイト上の広告での儲けが主要な売り上げであるGoogle社としては、普及すると都合の悪い拡張機能でしょうね。

開発者モードで頑張ればChromeでもインストールできなくはないですが… Firefox版Opera版は、それぞれの公式ストアからインストールできます。

現状のウェブと広告に対する抗議の意味を持った拡張機能ですが、議論を呼ぶものだし大なり小なり広告収入を得ている人にとっては迷惑と感じられるのかもしれません。