カテゴリー
ネットのサービス

Load of the Codes – プログラマ向けテキストアドベンチャーゲーム(序章)

Lord Of The Codes は、RPG風の中世世界を舞台にしたテキストアドベンチャーゲーム。パズルを解くことで先へと進むゲームです。

偉大な魔術師コナルド・ドゥヌース(Konald Dnuth。どっかで聞いたような名前)と組んで迷宮を進むあなたは、物語の中に出てくるヒントから、謎を解いて入力し、正解することで先へ進むことができます。

ページにはReplitによる Python インタプリタ環境が埋め込まれていて、これを使って謎を解いても構いません。手元で他の言語で解いても、あるいは暗算(!)で解いても、正答さえ入れれば先へ進むことができます。

現在、2問答えるともうゲームは行き止まりで、メール登録フォームが案内されます。登録すると完全版が公開された際に優先で案内されるみたいです。

ずいぶん初期の段階で公開したものだな、と思いますが、反響があればこの先が作られやすいかもしれませんね。

via reddit

カテゴリー
スマートフォン ツール

Magic Sudoku – iPhoneカメラで撮るだけの数独回答アプリ

Magic Sudokuは、iOS 11 の ARKit を使った、数独の答えを教えてくれるARアプリです。

iPhone のカメラを数独の問題に向けるだけで、画面内に一瞬で答えが出てきます。こちらがデモの様子(クリックで開きます)。複数の数独を解いて、全部画面中に表示されたままにできるんですね。

My boss made an augmented reality app that solves sudoku puzzles

数独の回答ツール(ソルバー)は昔からたくさんあるのですが、問題をパソコンやスマートフォン上で入力するのが面倒でした。画面上の問題をカメラで認識することで、この手間が大きく省かれたと言えます。

パズルを機械に解かせてどうすんだ、という話はありますが、人間が(ときには何時間も)うんうんうなってやっていたことを解決する事例、としては十分魅力的だと思いました。数独という、カメラで認識しやすい形の問題だからこそできたものですが、今いろいろな会社や工場で人が時間を掛けてやっている作業が、こんな風に簡単になったらすばらしいですね。

Magic Sudoku

カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
言語: アラビア語, オランダ語, 英語, フランス語, ドイツ語, 日本語, 韓国語, ポルトガル語, 中国語, スペイン語, 中国語
価格: ¥120
バージョン: 1.8

開発者: Hatchlings, Inc.
公開日: 2017-09-19
評価(全バージョン):
(4人のレビュー)
評価(現バージョン):
(4人のレビュー)

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4

via Product Hunt

カテゴリー
fun

3Dプリンタで作られた22×22ルービックキューブ、3度目の正直で完成

22×22のルービックキューブがついに完成した、という動画が作者の Coren さんによって公開されました。

22x22-rubiks-cube

2691個のパーツを一辺20センチのサイズに組み上げたこのルービックキューブ、 Prusa i3 という3Dプリンターでパーツを作成したそうです。製作期間は実に8か月。製作費は130英ポンド(22,000円(200ドル)ぐらい)

22x22-rubiks-cube-size

サイズ比較。3×3、4×4、5×5 のキューブと並べられると巨大さがわかります。

角のパーツが他に比べて非常に大きくなっていますが、個数を増やせば増やすほど、コーナーのパーツを大きくしないと回転中に角から外れてしまうためだそうです。

Thingiverse では、このパーツの設計図が公開されていて、3Dプリンターとやる気があれば自分用を作ることもできます。

22x22-rubiks-cube-parts-data-download

この22面キューブ、昨年11月には2度目の組み立て失敗が報じられていました。

7ヶ月かけて完成した22x22x22巨大ルービックキューブのあ゛あああっとなる最期 : ギズモード・ジャパン

崩れずに組み上げるために、パーツの調整など多数の苦労があったんでしょうね。

via reddit