カテゴリー
英語学習

Wordle(ワードル)必勝法

twitter など SNS での拡散力が強くて急速話題となってきた英単語当てゲーム Wordle(ワードル) 、もう遊びましたか?

6回の試行から回答の単語に含まれるアルファベットの種類と位置を絞っていくというクイズゲームですが、「英単語」という片寄りのあるデータ群から推測するというゲームの性質から、どのようにすればより早く答えにたどり着けるかということを考える人も多いようです。

カリフォルニア大アーバイン校でCSを学ぶスペンサー・チャーチル氏(Spencer Churchill)は、Wordle で使われるすべての英単語のリストと Python スクリプトによって、できるだけ早く Wordle の正解にたどり着きたい人のための最善初手・二手を絞り込んでいます。

使われている文字を特定するほど次の回での絞り込みが進むのですから、できるだけ早い段階で多くの文字を試すのが有効かと思われます。

英単語には良く出てくる文字、あまり出てこない文字があるのですから、良く出てくる文字を5文字使った単語が、一番絞り込みができる良い初手ということになります。

チャーチルさんはまず、すべての対象単語を集計し、最も出現頻度の高い方からのアルファベット・リストを得ました。

次に、頻度の高い方から5文字ずつを選び、その5文字で構成される単語をスクリプトに出させます。

最速のための5文字の単語が複数あったため、こんどはそれらの中でもっとも有利な単語はどれか考えます。アルファベットの登場の有無だけでなく、アルファベットの正しい位置がわかる方が正解に近づくため、こんどは位置を含めて最も出現頻度が高いものを抽出すれば、これが最も有利な初手となるというわけです。

ブログで提示された最善の初手・二手を使って今日のWordle を解いてみたところ、2段目にしてかなりの絞り込みができ、4回目で正当にたどり着くことができました。

このブログ記事を紹介するHacker Newsの掲示板では、他にも理想の初手を考えていたいろいろな人たちからのコメントが集まっています。ORATE(演説する), SLATE(粘土板), SAUTE(炒める), AESIR(アース神族) などなど各自の考えるベスト・オープニングが紹介されていました。

また、人力であれば今回のような初手・二手目を覚えておくぐらいが関の山ですが、その場でプログラム的に解くのであれば当然、初手の結果を見てベストな二手目は変化しうるはずです。これを含めてのソルバー作りもプログラミングの課題として面白いのではないでしょうか。(ソルバー作ってる人も当然いますね)

Hacker News

カテゴリー
ネットのサービス

ブラウザゲーム – スエズ運河を大型船で進め

CNN によるSteer through the Suez Canal(スエズ運河を進め)は、スエズ運河で座礁して運河を何日も止めているエバーギブン号の事件を題材にしたシミュレーションゲームです。

# 3本連続でエバーギブン号事件についての記事となりました。

あなたは、スエズ運河の入り口の地図に配置された大型船を、前後進の出力調整と左右のかじ取りによってコントロールし、画面上端まで座礁せずに導かなければいけません。

船はキーボードのカーソルキーでも制御できます。

舵を切ったままにしておくとどんどん方向が変わっていくのを体験できます。またスピードが出ていると途中でまずいと思っても取り返しが効かなくなりますね。

最初はスエズ運河を通りきるまで遊べるのかと思いましたが、ゲーム画面は最初の地図の範囲だけでした。実際にスエズ運河の端から端まで通過するのは10時間以上かかるそうで、リアルなゲームにするとゲームというより、ただただつらい作業になるかもしれませんね。

via Maps Mania

カテゴリー
ネットのサービス

Tafels.app – 子供の算数計算を鍛えるブラウザゲーム + ソースコード

Tafels.app は、ブラウザ上で動く計算練習のアプリです。

掛け算・足し算・引き算があり、それぞれ一番簡単なレベルだけアンロックされていて遊べます。

表示された計算式の答えを、9個の候補の中から時間内に選ぶというだけのゲーム。一定以上正解すると次のレベルがアンロックされて遊べるようになります。

答えの数字を入力するものに比べると本当の計算力を測る力は弱いかもしれませんが、スマートフォン上のブラウザで気軽に遊べるのはこちらの選択式のインタフェースかもしれません。

ソースコードが公開されています。JavaScript をコンパイルして実行コードに自身は含まないという特徴のSvelteで作られたフレームワークSapperを使って作られています。

via Hacker News