カテゴリー
ネットのサービス

DeepDex – 実世界のポケモンを判定してくれる勝手アプリ

「AIとニューラルネットワークの力で」(アプリ説明文)、未知のポケモンを判定するAndroidアプリだそうです。

「10歳のあなたが、博士の研究所でパートナーのポケモンを選べと言われた時に、このアプリを渡されたらいいよね」

こちらがアプリの動く様子をおさめた動画。ぬいぐるみを見せて、そのポケモンの名前を言わせて、説明を読み上げさせています。(読み上げはAndroid OS側のアクセシビリティ機能かもしれません)

僕の持っている機種は「対応していません」となったので、実際にどれぐらい正しく判定されるかは試せませんでした。

「ファンが作った勝手アプリである」と書いてあるのですが、見つけたポケモンのイラストとか表示しているので権利的にはグレーっぽいようにも思います。本家がこういうアプリを出してくれるのが一番良いかもしれません。

via Geekologie

カテゴリー
ネットの事件

ポケモンGoプレイヤーを殴り倒した強盗が生中継される – ニューヨーク

TwitchでポケモンGoを遊んでいる自分を中継していたゲーマーが、中継されたままで強盗に殴り倒されるという事件が発生しました。

Twitchのユーザー rickeybot さんの最新動画、02:27:56 に事件は発生しています。ニューヨークの現地時間では夜中の12時13分だということ。

pokemon-go-player-mugged

「まだ警察と話してて、これから病院。顎がひどいことに」

検査の結果、骨が折れてたりということは無かったようですが、数日は腫れているだろうということ。

Ars Technicaがニューヨーク警察に事件について問い合わせたところ、rickeybot さんの持っていた3台のスマートフォンはすべて犯人が持ち去ったということです。

ポケモンGoの影響で、夜でも人がたくさん出歩くようになった、とか伝えられていますが、もともと夜ある国は危険な地域では、起こるべくして起こったと言えるかもしれないですね。ゲーム画面を見ながら歩いている人は狙いやすいのでしょうけど、そのプレイヤーが動画中継しているとは思っていなかったはず。

中継に残っている犯人の表情はそれほど鮮明ではないですが、現地でも大きく報道されているようなので特定は早めにされるかもしれないですね。

via Ars Technica

カテゴリー
ツール

Pokémap – Pokemon Goのポケモン・ジム・ポケストップを可視化する勝手ツール

アメリカ人をトリコにし、任天堂の株価を倍に押し上げた位置情報ゲーム「ポケモンGo」、日本での今日のリリースが2ちゃんねる経由マクドナルドからのリークで延期になった、とかいう話も(本当かどうかわかりませんが)流れて来たりと、これから日本でも熱くなりそうなところです。

Pokémapは、Ahmed Almutawaが始めたばかりのツール開発プロジェクトで、ポケモンGo に出てくるポケモン達、アイテムを得られるポケストップ、奪いあうポケジムなどゲームを簡単に進められるようにする重要情報を、Google Mapベースの地図に表示してしまうというPython製ツールです。

pokemap-top

現在のツールはプログラマでないとセットアップがたいへんそうな作りになっていますが、こんなツールで地図が見えてしまうと、一般のユーザーとの競争はかなり簡単になってしまうのではという心配もあります。

各データは Niantec 社のサーバとの通信を見て取得しているようなので、早晩、通信方法が変更されたり、暗号化されたりするのではと思いますが、熱心なユーザー&開発者が2日間で50人近く contributor として集まったそうで、GitHub 上のプロジェクトページでは一時的にプルリクエストを受け付けませんという表示がされています。

via The Verge