カテゴリー
ネットの事件

間違って空メールを大量送信したインターンに、大量の「自分がやらかした失敗」体験が集まる

今晩、HBO Maxのメーリングリストに誤って中身が空のメールを送ってしまいました。ご迷惑をお詫びします。たくさんジョークが届いてる通り、やったのはインターンです。ほんとにそうなんです。これからも彼らを助けてやっていきます❤️

サービスやブランドから大量の会員へ間違ったメールが送られてくるミス、ありますよね。このメールに対して、失敗したインターンをなぐさめようと大量に返信が寄せられました。

インターンさんへ、私は自分のPCのカレンダーに毎月いつ生理が始まりそうか入れてたんですが、数か月後にそのカレンダーが全社共有になってることに気づきました。当時37歳でした

ある日男性の同僚が「なんで毎回ここに PERIOD って表示されるんだ?」と独り言を言ってたので気づきました。

アルコール中毒の同僚がいたんだけど、彼は役員会議で話さなきゃいけない時、自己紹介の後につい「そしてアル中です」とAAの会(アルコール依存症自助の会)で話すように言ってしまったんです

# 依存症自助の会では、現在自分が持つ問題を包み隠さず話すとこから始める、ということで、自分の依存症を認める発言を常に行う、ということです

インターンさん、私はシニア・エンジニアの時に本番環境DBをdropしたことがあるよ。あなたが思ってるよりそういうことは頻繁に起こるものです。良いシステムを作るというのは人間のミスに対して復元力を持たせること。なぜなら私たち人間はいつも失敗するんだから。

私はインターンの時に本番環境のテーブルをdropしました。すぐ会社を辞める決断をして、荷物をまとめて上司のところへ行きました。上司はおびえてCEOに報告に行きましたが、私の持ち場へ行ったときタイムアウトで処理がキャンセルされたことを知りました。

初めてフロントエンド・エンジニアとして正社員の職を得た時、最初に本番環境にデプロイしたのはセール中のメニューをきらきら揺らがせる効果でした。しかしアニメーションさせる箇所の名前衝突に気づかなかったので…

再現するとこんな感じでした。

そういうこともあるよ 🙂

インターンさん、

エンジニアの課長に言われました、「経験は成功体験から得られ、知恵は失敗から学べます」 おめでとう、あなたは今まさに知恵を得ました。

失敗を恐れず、成長できないことを恐れなさい。あなたを誇りに思います。

あるプラットフォーム・エンジニアより

インターンさん、

私は一度、当時副大統領だったジョージ・ブッシュ(父のほう)氏が誰かわからず、彼の職場であるホワイトハウスの閣議室に入れないようにするところでした。🤷🏼‍♀️

実際の彼は、HBO MAX Help(最初のツイート主)と同じぐらい優しい人でした… あなたも大丈夫ですよ

インターンさん、

私は一度、全世界の Spotify を止めてしまいました。ほとんどもう一回やるところでした。私のチームは優秀で、おかげでまだ私はここで働いています。結合テストが終わってても、思わず壊れた箇所を見つけてしまうことってあるんです。それは問題ないし、将来の改善にもつながります。幸運を祈ります💐

紹介したのはほんの一部で、有名エンジニアやら起業家やらインフルエンサーやらを含めたたくさんの人たちが、自分の最初の失敗体験をリプライで発表し、インターンをなぐさめるというスレッドになりました。

via Bored Panda

カテゴリー
fun

LinkedIn でウケる話

ビジネスパーソンのための素敵な話があったのでご紹介。

ある日、面接に向かう途中、迷い犬を見つけた。

腹をすかせ、疲れ切っていた。

誰もが無視していた。

しかし私は違った。弁当箱を開け、私のランチをあげた。

餌をやっていたせいで遅刻し、面接は受けられなかった。

がっかりして家に戻った。

次の日、同じ会社から面接をするから来るようにと連絡が来た。

驚いたけど、とにかく向かった。

従業員にはCEO室へ通された。

5分後、CEOが入ってきた。

それは、上品なスーツに身を固めた先日の犬だった。

犬は愛らしく吠え、尻尾を降り、採用通知を渡してくれた。

涙が込み上げてきた。

君たち、その日こそ、善行をおこなうのにためらうべきではない、と私が実感した日だった。

カルマは犬の形としても現れるのだから。

LinkedIn – Nikhil Narayanan

いい話ですね。よい転職を望む人々を勇気づけてくれます。島耕作かと思いました。

この話、少しずつ形を変えながら各所に流通しているようです。こちらはツイッターで47万件のイイネを集めたもの。エッセンスを取り出してよりコンパクトにしたのが良かったのかな。

リンクトインの有名人

昨日面接に行く途中、飢えた犬を見かけた。立ち止まってエサをやったため面接を逃してしまった。翌日、電話で面接に来るように言われた。驚いたけど行ってみた。入って来た面接官はあの犬だった。

このツイートへのリプライであったこちらは、この手の「転職面接いい話」がコピペされ、複数のLinkedIn ユーザーによって消費されているという実例。

まったく同じ「いい話」が多数の異なる面接官の体験談として共有されているようです。

転職ネットワークの人達も、ほっこりした話に飢えているんですね。

via Board Panda

カテゴリー
ネットの事件

シス管探偵、サーバールーム内の謎ラズパイの設置者を突き止める

テキサス州オースティンで企業のサーバー管理の仕事をしているクリスチャン・ハチェックさん(Christian Hascheck)が、彼の管理下で発生した興味深い事件について語っています。

サーバーに挿さった謎のデバイス

始まりは同僚から送られてきたという写真。「サーバに知らないラズパイがつながってる。調べてくれないか?」と。

普段リモートからサーバ管理しているハチェックさんは、同僚に指示してラズパイを切り離させ、SDカードに入っていたイメージを送らせました。

当初は社内の誰かの実験物かな、ぐらいに思っていたそうですが、サーバールームに入れるすべての人に訊いても知らないとの返事。USBソケットに刺さっていたドングルを巨大掲示板の reddit で晒したところ、WiFi/bluetooth モジュールだとわかります。

SDカードの中身を調べる

Raspberry Pi のストレージであるSDカードの中身から、Resin(今はBalenaに名称変更)というイメージを使ってることがわかります。このResinは、IoTデバイスとのデータ送受信を行うための有料サービスです。VPN経由で、暗号化されたデータを転送できるといいます。

configファイルの中から、Resin のユーザー名や半年前の登録日を見つけたハチェックさん。ユーザー名でネット検索すると、「天才児」を持つ両親が開設した2001年のサイトが見つかりました。

SDカード中のnodejsアプリが何を送ってるかは最後まで解析できなかったそうですが、ライセンスファイルにある作者名を調べてみると、彼の会社の共同創業者だと判明します。

また、他に、このデバイスをセットアップした際のWiFi接続に関する記録を持つファイルが見つかります。その際につなげたネットワークのSSIDが記録されていたということで、ハチェックさんはSSIDが収集されて検索できるWiGLEでこのSSIDを調べてみます。すると、出てきた住所が、上に出てきた「天才児」の家の住所と一致したのです。つまり、刺さっていたデバイスをセットアップしたのは、この家という可能性が高いということ。

通報

サーバールームへの侵入者についても、RADIUSのログからサーバールームのWiFiに、無効化されたアカウント名で接続を試行した当時の社員がいたことを突き止めます。この社員は、アカウントが無効になった後も数か月、荷物を運び出すためなどという理由で会社から出入りを許可されていたのだということも判明。

reddit の方では「最終報告」として、この元社員がデバイスの設置を認めたものの、それは「WiFi のトラブル解決とマネージャーの執務室の周りをうろうろするユーザーを追跡するため」だったと言っていると伝えています。しかし、なぜシステム管理者にも秘密でそんなことをしていたかは教えてくれず、実際に収集したデータを見せてくれ、という要求も無視されているということ。

ハチェック氏はここまでの情報を当局に渡し、自分の仕事範囲は終わった、とても面白い体験だった、と記事を結んでいます。

一連の流れを読んでみると、この元社員、ユーザー名とか設定時のSSID名とか、いろいろ証拠を残しすぎなんじゃないかという気もしますが、多数のレイヤーで構成されたこのようなサービスを構築して、痕跡をどこにも残さなずに綺麗に仕上げるのも、難しいのかもしれませんね。ハチェックさんが reddit 掲示板で広く意見を求め、いろいろな人が助けたことも解決につながったのかもしれません。

Raspberry Pi にそれらしいケース(いろいろ売ってますね)をつけてより目立たなくしたり、放置せずに回収したり場所を変えたりすれば、このような手法で企業内のデータが成功裏に外に転送されているところもあるのかもしれません。

key