「創業」タグアーカイブ

「ツイッター」は「Smssy」や「フレンドストーカー」という名前だった可能性も

ツイッターというサービス名、はじまった当初は母音の無い Twttr だったこともある、というのは知られていると思います。

ツイッター創業をテーマに書籍 Hatching Twitter を執筆した、ニューヨーク・タイムズのジャーナリスト、ニック・ボルトン氏がブログで披露したのは、最初期にこのサービスに対して考えられたいくつかの名前の候補と、創業者の一人ビズ・ストーン氏の作ったロゴ案。

これらの名前・ロゴは、本の執筆に当たって、ツイッター社(当時だとOdeo社)の立ち上げ当時の内部メールを調査している間に見つけたということです。

twitterall

Odeo社がツイッターのアイデアを考え出した時は、ケータイのショートメッセージ(SMS)を活用するという目的でしたね。ツイッターの140文字も、SMSの文字数の制限(160文字)から決められています。ですので、Smssy というSMSを連想させるサービス名になる可能性もあったわけです。

ロゴ案が出てないので、もっと前に却下されたのだと思いたいですが、Friendstalker (友人ストーカー)という案も出ていたのだとか。もし「ストーカー」なんてのが入ったサービス名だったら、きっとここまで広まっていないし、日本での大人気も無かったのではないでしょうか。

ビズ・ストーン氏は多数のロゴ案を自ら制作したようですが、最終的に決まった twttr ロゴは、「忘れられた共同創業者」ノア・グラス氏によるものです。

logo_twittr

そのあと、今も知られるあの有名な水色のロゴに替わるわけですが、これはリンダ・ゲビン氏によるもの。

twitter-logo

ゲビン氏によれば、このロゴに切り替えた当時、ほとんどのユーザーは新ロゴを気に入らなかったのだそうです。2012年のインタビューで「(当時のTwitterの)ユーザーたちは、このベビーブルーとバブルガムのロゴを見て、日本のティーンエージャーのためのチャットルームみたいだと考えました。それは実際そうでしたが、ノア(・グラス氏)はこれをとても気に入ったのです」と答えています。

Amazon.co.jp
Amazon.co.jp

via Twitter's early name and logo experiments reveal a Smssy past | The Verge

4chan創業者、日本のおもちゃ屋の50,000ドルでの買収話を蹴っていた

日本の匿名掲示板文化をアメリカに移植し、先日設立10周年を迎えた、巨大匿名画像掲示板4chan。今では、先祖である2chan/2ch同様に、様々なネットの流行(ミーム)の一つの発生源となっています。

4ch-10th-birthday

その4ちゃんを創業したChris Poole(moot)氏がTumblrで明かしたところによると、2005年の秋に、日本のとある玩具店から、50000ドル(550万円)でのサイト買収オファーを受けていたということです。

その時の断りの返事の一部が公開されています。

Sorry for the delay. As crazy as it may seem, even an offer of that magnitude would not change my mind. The amount of time and money I and others have invested in 4chan makes it very hard to put a price on, and, not only that, but the site continues to grow in popularity immensely each day, month, etc.

遅れてすいません。正気じゃないと思われるかもしれませんが、そのような大金を提示されても気持ちは変わりませんでした。僕と仲間たちが4chanに投入した時間とお金を考えると、それに値段を付けるというのは非常に難しいのです。さらに、それに加えて、サイトは毎月、そして毎日、ものすごく人気を高め続けているものですから。

この時moot氏はなんと17歳です(彼は15歳で4chanを始めています)。サイトを500万円(4万5450ドル)で買い取りたいと言われて、どれだけの高校生がきっぱりと断れるものでしょうね。

moot氏はこのおもちゃショップの名前を明かしていませんが、既にその会社は存在していないということです。

2年目の段階で4chanの成長に気づいて日本から買い付けを試みたというその会社も結構すごいと思うのですが。どこなんでしょうね? そして、もし買収が起こってたら、その後の4chanはどうなっていたんでしょう。Anonymousグループもその抗議活動も生まれてなかった?

I could not be more thankful that I made the right decision. While 4chan hasn’t made me rich, it has become my life’s work and provided me with countless friendships and a decade of entertainment.

And that’s something you can’t put a price on.

その時正しい判断をしたことは、どれだけ感謝してもしきれません。4chanは私をお金持ちにはしませんでしたが、それはライフワークとなり、数え切れない友情と10年間にわたる楽しみを与えてくれました。

それこそが値札をつけられない何かなんです。

10周年関連のイベントで公開されたアニメ動画は、DAICON 4 FILMのパロディです。(9:11頃から)

4chan-twilight-1

4chanは日本のウェブ文化が大きくアメリカへ流れ込んでいるポイントの一つでしょうね。

via 4chan creator Chris Poole turned down a $50,000(550万円) acquisition offer from a Japanese toy company in 2005 – The Next Web