カテゴリー
英語学習

Alex – 政治的に正しくない英単語の利用をチェックできるツール

Catch insensitive, inconsiderate writing (心無く、浅はかな文章を捕らえよう) というキャッチで公開されている Alex は、JavaScript/Node.js ベースで書かれた英文チェックツールです。いわゆるポリティカル・コレクトネス(PC)に反する、政治的や社会的に差別や偏見のある単語が使われていないかを見つけてくれます。

ウェブですぐに動作を試せるデモが公開されているので、それを見てみるのが一番早いでしょう。

alexjs-demo

「カメラマン」「チェアマン」みたいな男女差別につながる言葉、”he”とか”she”とかの男女を決め打ちで書いた主語、master/slave など人種差別の時に使われる表現、などを見つけ、赤でハイライトしてくれます。

下部には、「ではどんな単語を使えば問題ないのか」も表示してくれます。

# ワンクリックで全部置き換えるボタンもあっても良さそうなものですが

GitHub 上でソースは公開されていて、修正提案や用語の追加なども受け付けています。

JavaScript のソースをローカルでコマンドラインで動かすこともできるし、Atom や Sublime といった著名なテキストエディタや、gulp からマニュアルファイル等のチェックをするために呼び出すためのインテグレーションコードも紹介されています。

話題になっている Hacker News でも、GitHub の Issues でも、「なぜこれがダメなのか」とか「判定がおかしい」という文句が出ていて、問題の難しさが垣間見えます。

機械的に処理しているのだから誤検出も多く、指摘されたことを全部書き換える必要はない(しするべきでもない)ですが、僕ら非ネイティブからしたら「そんな問題があったのか/気にしてる人がいるのか」という情報を簡単に得られるという点で、英文のメールやリリースを書いたときに通してみる意味はあるように思います。

それが配慮なのか、それとも言葉狩りになってしまっているのか、検出結果を見て判断するのもまた非英語話者にはたいへんなことではありますが。

via Hacker News

関連

ネーミングが外国語で危ない意味になってないか調べられる WordSafety.com

joblint – 英語の求人表現をチェックしてくれるツール

あなたの英語がどの方言かを判定してくれるサイト WhichEnglish

カテゴリー
技術者と英語

「ハッカー」という単語の初出は1963年

Yale名言辞典の編者フレッド・シャピロさんの調査によると、”hacker”が(切り刻む人という意味ではなく、)すごい技術を持つ者という意味で最初に印刷物に登場したのは、1963年のマサチューセッツ工科大(MIT)の学生新聞The Techの11月1日、第20号だということです。

(image credit: duartes.org)
(image credit: duartes.org)

この記事中では、電話のシステムに細工をして長距離電話のタダ掛けをするような人たちのことを「ハッカー」と呼んでいます。

これが最も古い記録だとすれば、「ハッカーという言葉自体には善も悪もない」とか「ホワイトハッカーもブラックハッカーもいる」という主張は、歴史的観点からは後付けということになってしまいますね。

MITのスラングだった時代から、ハッカーには「悪いことをする」という意味がついてまわっていた。とFredさんは述べています。

とはいえ、最初の使い方に縛られる必要はないと思うので、技術的にすごい人を悪い意味を含ませることなくハッカーと呼べるようであってほしいと、個人的には思いますが。

via First Recorded Usage of "Hacker" – Gustavo Duarte

カテゴリー
ネットのサービス

テレパスワード – あなたのパスワードの陳腐度を当てるサービス

マイクロソフト研究所の公開したTelepathwords (Telepath + Password)は、あなたが入力した弱いパスワードを警告して当てる実験サービスです。

telepathwords

テキストボックスに、パスワード候補としたい文字列を打ち込んでいくたびに、このサービスが、「次にこの字を使おうとしてるでしょう?」と、3つの候補を表示してきます。

このサービスでは、辞書にある文字列や、よくパスワードに使われる文字列をデータベースとして持っており、それと照合することで、次にユーザーが入れそうな文字を予測するということです。o(オー)を0(ゼロ)に置き換える、ような単純なものも、ちゃんと予測してきます。

予測できてしまうような文字を入れた場合、入力した文字の上に赤いバッテンが表示されます。弱くないパスワードとされるには、×のつかない文字を5つ以上含ませる必要があります。ポケモンのモンスター名のほとんどを知っているなど(英語の名前は違うものも多いでしょうが)、いろんな辞書を持っているようです。

海外のサービスなので、たぶん英語の辞書を中心にチェックしているのだと思います。今は、日本語をローマ字で入れたら、推測されることはかなり減ります。

telepathwords-tokyo

サービスでは、マウスの動きや、文字を打つ間の時間なども測定しており、今後の研究に生かすとしています。

今でも、パスワードを設定するフォームにおいて、あまりにも簡単なパスワード(“1234″とか”password”など)は受け付けなかったり、辞書にある単語だけ入れたら「パスワードが弱い」と警告したり、というフォームは多いですが、そういうところでユーザーが入れようとしたパスワードを先読みして教えるというのは、単純すぎるパスワードを使おうとする利用者への警告の役割を果たすかもしれないですね。

via Telepathwords: How Bad are Your Passwords?