カテゴリー
ネットのサービス

Twitter の買収した Scroll は、広告が出ないことにお金を払うサブスクリプション

Twitter が5月に買収した Scroll というサービスを調べてました。

この Scroll は毎月$5(550円) のサブスクリプションサービスですが、これを購読すると Scroll に参加しているニュースサイトで広告が表示されなくなります。Scroll のサイトで紹介している例だと

こんな風に広告がいっぱい表示される提携ニュースサイトが

こんな表示に変わります。

これだけだと Ad Block などの広告ブロッカーとどう違うのかということになりますが、この広告を消す機能はニュースサイト公認の上で提携しているというところが違います。Scrollの会費からの収入が、読まれた量に応じて提携するニュースサイトに分配されるので、Scrollユーザーに対しては広告を表示しなくても、ニュースサイト側は収入が見込めるということ。

Scroll の説明では、広告表示よりも Scroll 参加の方がサイト側の収入が40%は多くなった、と言っています。

お金を払うと読めないニュースが読める、というのは新聞社のサイトなどが有料会員にだけ読めるペイウォールを設けていますが、それとは違い広告を我慢すれば読めるニュースではあります。

無料でもアクセスできるけれど、毎月お金を払うと広告が無くなる、というモデル、どこかで聞いたことがあります。YouTubeミュージックがそうですね。無料であることでユーザーの量を確保し、しかし無料だと不便な点(YouTube だと広告動画が差しはさまれる)を解消する有料メニューを提供する。

毎月固定額を払って広告が消えるのはいいけど、見に行くサイトが対応していなければ価値も半減だと思います。しかし、Scroll の対応サイトにはBuzzFeed, USA Today, Gizmodo, Slate など有力ニュースサイトが多数載っており、アメリカ・英語でニュースを見ている分にはScroll の効果を感じられる機会も多そうです。

広告ブロッカーのようにブラウザ拡張で実現しているのかと最初は思ったのですが、そうではなく Scroll にログインして cookie 経由でほとんどの場合は動くということ。(Safari は拡張機能のインストールが必要) これで済んでしまうのはサイトとはどうしても敵対的になる広告ブロッカーのサービスと違って、Scroll とニュースサイトとの連携が取れるからですね。

連携が取れるということはユーザーの情報が流れていく可能性を排除できないからということでもあり、Safari で拡張機能のインストールが必要なのはサードパーティークッキーへのアクセスに関する制約がSafari では強いからなのでしょうけれど。

買収についてブログでは将来はこの Scroll のような機能が Twitter 自身のサブスクリプションに入りうる、といったことも述べられていますが、今のところの Twitter はニュースの入り口ではあってもニュース本体はリンク先を開いて Twitter の外で読まれることが多いですね。このあたりも何かしようとしているのでしょうか。Twitter の有料会員はリンクを開いた先で広告が少ない、といった程度の連携なのかもしれませんけれど。

via The Verge

カテゴリー
Android スマートフォン

スマホの広告ブロックブラウザ Adblock Browser がリリースされたので試してみた

Chromeブラウザ用のアドオンとして有名な、見ているウェブサイトから広告を消し去ってしまうというAdblock Plus 拡張の作者が、iPhone や Android 向けに同等の広告ブロック機能を搭載したスマートフォンブラウザ Adblock Browser を正式リリースしたというニュースが入ってきました。

adblockbrowser.org-top

スマートフォンでの広告ブロック

パソコン版のブラウザではブラウザにちょっとした機能を追加する「ブラウザ拡張」機能がサポートされていて、ちょっと詳しいユーザーが拡張機能を追加でインストールして改造する、というのが一般的です。Adblock Plus拡張は自称「300万ダウンロード」ということで、ちょっと詳しいユーザが使うツールとしてはたいした普及率です。

その一方で、スマートフォンでは、単に閲覧する以外の機能はパソコン版に比べると抑えられていて、拡張機能を入れられるブラウザも少数派だったために、広告ブロック機能についてもこれまではそれほど利用されていませんでした。

しかし、AppleがiOS の次期バージョン iOS 9 上の Safari ブラウザに、広告ブロックを搭載できる機能を用意しようとしている、ということが少し前に話題のニュースとなっていたように、スマートフォンの利用者にも、広告を見たくないというニーズがあるのは確かです。広告によって閲覧体験が損なわれる度合いはもともとの画面が狭いスマートフォンの方が大きいでしょうから、要望が多いのも不思議ではありません。

今回の Adblock Browser は、Chrome拡張で既に定評のある作者が、OSレベルで対応しようとしているApple よりも先に、アプリとして出して来たということで注目されます。

iOS/Android 版ともに無料ということで、Android 版を入れていくつかの有名サイトを試してみました。

Yahoo! Japan

日本最大のウェブサイトヤフー。

まず スマホ版 Chrome ブラウザでの見え方。スマホ版では、もともとスクロールしない範囲に広告が出てないですね。

chrome-yahoo

こちらが Adblock Browser。

adblock-broswer-yahoo

ブラウザのUser Agentの判別か、スマートフォン版に直打ちでアクセスしてもPC版に連れて行かれてしまいます。広告枠についても、小さくてゴチャゴチャしてますが、PCで見たのと同じのがそのまま出ているように見えます。

asahi.com

asahi.com は、トップ下に(僕の環境では)Yahooのバナー広告。記事の後ろにもバナー広告

adblock-broswer-asahi-1

adblock-broswer-asahi-2

Adblock Browser では、これらの広告が消えて見えません。

chrome-asahi-1

chrome-asahi-2

ネタフル

個人ブログのサンプルとしてネタフル

Chrome ではトップページに(僕の環境では)Adsense と、記事タイトルの間にバナー。

chrome-browser-netafull-1

chrome-browser-netafull-2

広告が消えて、広告の上に書いてあった「スポンサードリンク」の文字だけが残る形に。

adblock-browser-netafull-1

adblock-browser-netafull-2

アメブロ

アメブロのトップに載っていたブログ。画面の下のバナーが一定時間毎に膨れて切り替わるというアグレッシブな広告。

ameblo-chrome-1

ameblo-chrome-2

Adblock Browser で見ると、この動くバナー、一瞬見えたりもしたけど消えてます。

ameblo-adblock-1

バナー広告が消えても、ブロガーの張ったクリックランキング的なブログパーツのボタンが多数残りますね。これらは広告という枠に入るのかどうか微妙ですし、海外製の Adblock アプリが対応できてなくてもあまり不思議ではないです。

ameblo-adblock-2

Chrome拡張もそうですが、数百万ユーザーといってもネット全体から見れば広告ブロックしているユーザーはごく一部です。また、広告ブロックしているようなユーザーは、もともと広告が表示されていてもクリックしない人が多いでしょう。

iOS9 の機能の件も、広告ブロックできるようなアプリを作れる、程度の話で、いきなりiPhone上のブラウザで広告がオフになるというわけではありません(そういう勘違いで煽ってたブログもあったみたいですが)。

そういう意味で、サイト運営側が脅威に思って何かしらの対策をするかどうかはまだわからないと思います。

[アプリid:1015653330] 指定されたアプリケーションが見つかりませんでした。削除されたのかもしれません Embed iPhone/iPad App

via TheNextWeb

カテゴリー
fun

Google Content Blocker

(リンク先のドメイン名に注意。Google社のものではありません)

Google コンテントブロッカーは、広告を見るのに邪魔になる本文をブロックしてくれる新サービスということ。

google-content-blocker

コンテンツだけがキレイにブロックされたあとのページで、ユーザーは広告をクリックしたり、広告の内容を読んだり、広告をクリックしたり、広告について友達に教えたり、さらには広告をクリックしたりできます。

コンテンツに注意をそらされてしまって広告を見逃してしまう人には役に立つサービスかもしれないですね。