「広告」タグアーカイブ

有名WordPress プラグインのYoast SEO、500万+のブログ管理者に望まぬバナー広告を表示

Yoast SEOといえば、ワードプレスのSEO対策をしてくれるプラグインで最も有名なもののひとつです。

そのプラグインが、北米の国民的特売日であるブラックフライデー前に、ワードプレスの管理画面に派手な広告バナーを勝手に表示した、として騒ぎになっています。

バナーのサイズは 1015px x 102px、しかもYoast プラグインのページではなく管理画面のどのページにいっても表示されたそう。

Yoastプラグインのサポートフォーラムもたいへんなことになってます。

無料で使えて信頼もあり、2万5千件以上ある過去のレビューのほとんどは星5つなのですが、今回の件で雪崩のような不評コメントが延々と続いています。

WordPress のプラグインサイトによれば、アクティブなインストールが500万以上あるということで、この広告を見せられたブロガーの数もたいへんな人数になるでしょう。

高品質のワードプレスpluginによくある、追加機能を有料で買えるフリーミアムなビジネスモデルでやっているようですが、有料ビジネスがうまくいっていないのか、広告バナーを一斉配信できる立場での誘惑に逆らえなかったのでしょうね。競合プラグインもあるので、人気や勢力図の入れ替わりもあるかもしれません。

Non Ad Block – 広告だけ表示してコンテンツを隠すブラウザ拡張

ウェブサイト上の広告を表示させないようにする、いわゆるアドブロック拡張はいくつも存在しています。

広く一般ユーザーに普及してるというほどでもないでしょうが、広告収入で運営しているウェブサイト・サービスの中にはこういったツールで広告を非表示にしているユーザーに警告したり、アドブロック拡張を入れてるユーザーを逆にブロックしたりしているところもあります。

Chrome拡張機能の Non Ad Block は、アドブロックの正反対をする拡張で、ウェブサイトから広告ではないものをすべて隠し、広告だけを残します。

通常表示がこんな風なサイトも、

拡張を入れればこんな風に

邪魔な本文に引っかからずに、純粋に広告だけを楽しむことができます。

ぼやかされた本文のリンクも、読めないだけでクリックは可能です。

ソースコード(現在配布中の v1.0.0.1 には、危険なコードは入っていないと思います。ブラウザ拡張の常で将来の更新では保証できませんが)では、ページ上のCSSクラス等をホワイトリストで探して見えるようにしているだけなので、いかにも広告というクラス・タグ名を使っていないサイトではうまく動かず、ページ全面がぼやけてしまうこともあるようです。

そういう意味では、日本語由来のクラス名を使っていたりもする日本のサイトでは、広告の部分がちゃんと引っかからずにあまり面白い結果にならないことも多いのが残念。

アドブロックとこのノンアドブロックの両方を入れてみたところ、みごとに何も読めなくなりました。当たり前か。

via Stupid Hackathon

もしも東京の街に広告が無かったら、というアート

フランスのグラフィック・デザイナー、ニコラス・ダミアンさんの作品。

東京の景色から屋外広告を取り去ったらどうなるかを写真加工で作っています。

tokyo_no_ads_03

no_ad_04

看板の文字を消しただけで、看板の煩さを取り除くには看板自体も除去しないといけないのではと思いますけど、何も描かれず無地になるだけでも、まったく別の街のようです。

リンク先にはもっと多くの作品があります

日本は街中の広告看板に対する規制が甘い、ヨーロッパでは街並みが美観を維持できるような規制がある、といった話はよく聞きますね。

規制が厳しく運用されている地から来た人にとっては、多数の看板が勝手に主張しあって複雑な景色を成す東京の風景は驚きなのかもしれません。

via Ufunk.net

Googleコントリビューター – サイトのファンから毎月少額を貰い、広告を非表示にするグーグルの新実験サービス

グーグルが新たに公開した Google Contributor は、サイト利用者がサイト運営者を「直接」応援するための実験サービスということです。

毎月定額(1~3ドル(330円))を支払う申し込みをすることで、対応サイトに行った際に他の一般ユーザーとは違うことがおこります。通常ならバナー広告やテキスト広告が表示されているはずのところに、購読への感謝を示すメッセージが表示されるのです。

google-contributor-explanation
(Google Contributorのトップページより)

多くのサイトが、コンテンツの上下左右、あるいは中にまで散りばめた広告からの収益で運営している現状ですが、利用者の中には少額なら応援したい、使い続けられるなら有料でもいい、という人もいるでしょう。そのような人たちと運営者を直接結びつけることができるなら面白いのではないでしょうか。

Google Adsenseによってインターネット中に広告をばらまいてきたグーグルがこれを始めるというのは面白いですね。

小さなスクリプトを貼るだけで訪問者の少ないサイトやブログでも少額のマネタイズができるようにしたのがアドセンスですが、そのおかげでグーグルの広告コードを貼っているサイトは世界中に大量に存在するわけです。

他のポッと出の事業者が同じような購読支援サービスを始めても、そのサービスに対応した広告コードを貼り直して回らないといけないでしょうけど、既にグーグル経由で広告を表示して利益を上げているなら、この Contributor には参加するだけで対応できてしまうのかもしれません。(まだサイト運営者側は一般参加できない状態なので、コードの張り替え等が必要かどうかは不明)

実験には有名テックブログの Mashable嘘ニュースの The Onion などが参加しているということです。それらのサイトを開いてみましたが、まだ購読ボタン等は表示されていませんでした。

実際にどのように見えるのか、の例は出ていないのですが、サイトトップにあるこちらのイメージ図を見ると、

google-contributor-working-model

広告枠のところに感謝のメッセージが表示されるのであり、広告枠部分が無くなるというのでは無いのかもしれません。たくさんあるバナー広告枠が目立たないグレーボックス等になるだけなら、コンテンツの表示面積は変わりないのかもしれませんし、毎月貢献した利用者としてそれが本当に嬉しいのかどうかという問題もあるでしょう。

広告も含めてのレイアウトがされている場合には取り去ってしまうとサイトデザインが崩れてしまうでしょうし、実験サービスということなので調整されていくのではないかと思います。

また、まだ一般開放前だからかもしれませんが、この少額の購読料からグーグルがいくら抜くのかは書かれていませんね。グーグルにしてみれば広告が表示されてれば売上の3割ぐらいは手に入っているわけで、購読料からもそれなりの手数料は取るのではないかと思います。購読者以外には従来の広告を表示できるわけですから、adsense のプロモーションとして Contributor を使う(購読料に対する手数料は低かったりゼロだったりする)という可能性もなくはないですが。

サービスページからは、招待希望のメールアドレス登録ができるようになっていますので、興味のある方は登録しておいてもいいのではないでしょうか。

via Gigaom

Ello – 新たなFacebook対抗ソーシャルネットワーク

Ello という新しいソーシャルネットワークサービスが招待者のみのベータ運用で始動しているのだとか。

今日あたりは、ツイッターやフェイスブック上の英語圏で「誰か Ello に招待してくれないか?」というメッセージが多数飛んでいるようです。

ello-beta-top

招待されてないので中には入れていませんが、マニフェストによれば、Ello は「広告主に支配されていないソーシャルネットワーク」を目指すもののようです。

「投稿・友達・フォローのすべてが追跡・記録され、広告主がそのデータを買い取るようなソーシャルネットワークでは、あなた自身が売買される商品なのです」というのは、Facebookなどについて良く言われるところです。

Ello は利用者が商品にならないネットワークを目指すということ。現在は広告が載っているフェイスブックやツイッターなども、最初は広告が無かったではないか(=人気が出たら広告載せるんでしょ?)という想定質問に対しては、広告が嫌いで Ello を始めたし、ユーザーページには大きく「アカウント削除」ボタンを置いてあるので、Ello の方向性が望ましくない方へ変わったと思ったらいつでも退会してほしい、と言っています。

では広告やデータ販売無しにどうやって運営するつもりなのか、ですが、有料での追加機能を販売することを検討しているようです。ユーザーに合わせたさまざまな異なる小さな機能を売ることで、大多数のユーザーが無料で使い続けられるようにしたいとのこと。

過去のFacebook対抗ソーシャルネットワーク

「フェイスブックの良くないところを解消した新しいソーシャルネットワーク」はいくつも出てきましたが、一番ニュースになったのは Diaspora でしょうか。ニューヨークの学生4人がクラウドファンディングで立ち上げた Diaspora は、利用者のプライバシーを尊重するという触れ込みで多くのニュースで取り上げられました。オープンソースベースで開発が続けられ、今はコミュニティ管理となっているようです。複数のDiaspora サーバを建てて、それを既存の Diaspora ネットワークにつなげる分散型です。

OneSocialWeb は、開発はアクティブではないが、続いてはいる模様。こちらも分散型のネットワークです。

Anybeat (旧 Altly )は匿名性を売りに立ち上げられましたが、CEO のdmitry Shapiro さんがGoogle の Google+ チームに移籍し、閉鎖。ドメインは別のスタートアップの予告サイトに転送されてしまっています。

プライバシー重視、広告無し、匿名性保証など、フェイスブックに対する不満から対抗サービスを作るというのは定期的にニュースになりますが、ここまで多くなったフェイスブック利用者にとって、既にそこに友人たちのネットワークが存在するという点を考えると、そのためだけに別の新しいネットワークに移るのはなかなか難しいでしょうね。プライバシーや匿名性などについても、それほど気にならないとか、仕方が無いと思っている利用者が実は多数派なのかもしれません。

さてこの Ello は伸びるのでしょうか。もしそれなりの人気を博すことがあったとしても、日本に入ってきた時には名前で困りそうだなあ。

どの会社でも使えそうな「汎用ブランドCM動画」

ストック画像/動画サービスのDissolve公開している「汎用ブランド動画」(Generic Brand Video)は、彼らの提供するストック画像やストック動画をつなぎ合わせて作られた、どこの会社の何のブランドにでも使えそうな、よく出来た、しかし本質的には何も内容がないという興味深い3分の動画です。

渋い声で読み上げられているナレーションの原稿もこちらで公開されています

generic-brand-video-beaker

科学… それは沢山のことを行い、私たちに対して何かをしたりしなかったりする。白衣を着てビーカーを持ったこの男を見よ。これは私たちが研究もしてますよというのを意味している。そしてこれはDNAの写真だ。

generic-brand-video-india.png

世界にはとにかく沢山の人がいる。特にインドには。我が社が世界経済の一部であるというのはご理解いただけたか? ほら、この中国の農夫たちを見よ。

generic-brand-video-city-cars.png

この高速化した環境で、都市の夜景をストップモーションで映し、車が高速で回る様子は、何かを効率よくやってるような感じをかもし出すだろう。

generic-brand-video-hand-over-cans

我々の顔が見えない、と思われると困るので、これらの魅力的な人たちの顔を見てもらうとしよう。何人かは話したり笑ったりしているし、缶に入れた何かを手から手に渡したり、何か社会貢献をしてるっぽいように見えるだろう。

generic-brand-video-ethnic-smile

そういえば赤ん坊はまだ登場させてなかったっけ? 少数民族の老人が皺いっぱいの顔ではにかむことで、貧しいけど智恵に溢れ幸せな感じの映像は?

身も蓋もないナレーションですが、それでも、この良く出来たビデオ、気を抜いて見ていると何か大事なことを伝えてるように勘違いしてしまうかもしれません。

もちろん、プロが世界中で撮って来たストック映像の凄さも、もちろんあるでしょう。こちらには、利用されたすべての動画へのリンクがまとめられており、これを購入すれば同じ動画を作ることだって可能です。

最後に音楽を盛り上げて企業ロゴをバーンと出せば、なんだかわからないけどそのブランドに対する印象も良くなろうってものですね!

ハロウィーンでコカコーラに仮装したペプシ

ベルギーのBuzz in a boxというエージェントが仕掛けた、ペプシのハロウィーン広告だそうです。

pepsi-halloween-coca-cola-cosplay

すごいインパクトですね。日本じゃ絶対出てこないタイプの広告だと思います。

広告クリエイティブを紹介するブログAds of the World のFacebookでの紹介が数時間で30万人のフェイスブックユーザーに流れ、ツイッターでも流れてきています。

pepsi-halloween-on-twitter-search

許可取ってるの? マントの文字は良くみると”Cola Coca”なので、許可は取ってないでしょうね。訊いても許可出ないだろうし。

「ペプシはコカコーラみたいなスーパーヒーローになりたいってこと?」という突っ込みも見られるので、いったいどっちの広告なのかという気もしなくもないですが。

via Halloween Pepsi can dressed up as Coke goes viral | Ads of the World™

Facebook Homeの広告がヒドイ

Facebookとアメリカ2位のケータイ会社AT&Tが、Android向けに発表されたFacebook Homeの広告を流し始めているようです。公式ビデオはこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=mx_GzNlQOxI

Homeを使って、友人たちのいろいろをチェックできるよ、という事なんでしょうけど、これを見てFacebookを使いたくなるんでしょうかねえ?

Minteye – 捻じ曲げられた画像をスライドして正しく直すことで人間であることを判定する新方式のCAPTCHA

[追記 2018-02-29] Minteyeのサイト自体に接続できない状態になっているのに気づきました。リンク先の実験ページについても、どのみち動かないので plugin を外しています。

(以下オリジナル)

CAPTCHA(キャプチャ)は、人間にはできるけれどコンピュータープログラムでは解けないような問題を答えさせることによって、ブログや掲示板のコメント欄などで人間の利用者にしか書き込みができないことを保証するための仕組みです。パスワードを忘れた時の再発行ページなどでも使われることが多く、ネットをよく使っている人なら、色や形を変えて読みにくくした文字列を打たされたことも多いのではないでしょうか?

二つの読みにくい文字列を入力させながらスキャンした文字のデジタル化を行うRecaptchaや、多数の画像の中から特定のテーマ、たとえばネコの画像を選ばせる猫認証、ゲームを遊ばせるゲーム認証Are you a human?など、使いやすさや副次的な効果を得ることなどを目的に、過去にもいろいろな方式のCAPTCHAが発案されてきています。

どんな方式のCAPTCHAか?

今回出てきたMinteyeは、元の画像をグニャリと回転をかけて曲げたものを提示し、

下についているスライダー(つまみ)で、正しい状態に戻せたなら、あなたは人間のユーザーですよ、という仕組み。

つまみを正しい位置に合わせているときだけ、コメント投稿が成功しました。

特徴

このMinteyeの特徴は、recaptchaなど従来のテキストを入力するCAPTCHAの正解率が76%、つまり4回に1回は人間「でも」間違えてしまうのに対して、98%の正解率を持つところだそうです。

また、動画の中でも言っていますが、スライドするだけ、という方式は、タッチ式のスマートフォンやタブレットからも使いやすいということ。確かに、PCからだとどっちもどっちかもしれませんが、スマートフォンなら文字を打つよりスライドするCAPTCHAの方が楽でしょう。

WordPress拡張の形でも提供されているので、こちらの個人ブログの方で実験しました。実際に触ってみることができます。(いろんな環境を想定していないのか、いくつもバグにぶつかって直すのがたいへんでしたが。)

自分のサイトで使うためのライブラリ等

他にも、C#, ASP.NET, VB ASP.NET, PHP, ASP, Java, Python, Perl, DotNet用のライブラリや、Joomla Plugin, Drupal Plugin, phpBB Plugin, Nuke PluginなどCMS用のプラグインが提供されているようです。

ビジネスモデル

サービス提供側のビジネスモデルは、このMinteye方式で表示する、元に戻すべき画像に、バナー広告を使う、というもののようです。画像をそれらしく戻している際に、その画像を目にするわけですから、大きく表示されていてもほとんど無視されている一般のバナー広告よりは、見られるチャンスは上がりますね。CAPTCHAの設置者にも、広告収入の一部をキックバックしています。また、広告を載せるのが嫌とか、広告が載せられないサイトであれば、広告以外の一般的な画像をランダムに使うことも可能です。

スライダーの位置のバリエーションが、そんなには多くないようにも見えますし、これを解こうと思えばそういうスクリプトが出てきて解けてしまうのではないかなー、という気もするのですが、さてどうなんでしょうか。Recaptchaも5年前に初めて紹介したときは、こんなにいろんな所で目にするようになるとは想像できませんでしたからねえ。

Google Content Blocker

(リンク先のドメイン名に注意。Google社のものではありません)

Google コンテントブロッカーは、広告を見るのに邪魔になる本文をブロックしてくれる新サービスということ。

google-content-blocker

コンテンツだけがキレイにブロックされたあとのページで、ユーザーは広告をクリックしたり、広告の内容を読んだり、広告をクリックしたり、広告について友達に教えたり、さらには広告をクリックしたりできます。

コンテンツに注意をそらされてしまって広告を見逃してしまう人には役に立つサービスかもしれないですね。