カテゴリー
技術

Confusables – 紛らわしい文字を含めて検索できるPythonライブラリ

Unicode コンソーシアムが提供している見た目そっくりな文字リストにある文字が紛れていても文字列マッチする小さなライブラリが Confusables です。

このクラスは最新の Confusables.txt を Unicode.org から取得し、紛らわしい文字を含んだマッチする正規表現を生成してくれます。

たとえば、”Hello” に対しては次のようなパターンができます。

Regexp pattern: [HHℋℌℍ𝐇𝐻𝑯𝓗𝕳𝖧𝗛𝘏𝙃𝙷Η𝚮𝛨𝜢𝝜𝞖ⲎНᎻᕼꓧ𐋏ⱧҢĦӉӇ][e℮eℯⅇ𝐞𝑒𝒆𝓮𝔢𝕖𝖊𝖾𝗲𝘦𝙚𝚎ꬲеҽɇҿ][l‎\|∣⏽│1‎۱𐌠‎𝟏𝟙𝟣𝟭�
IIIⅠℐℑ𝐈𝐼𝑰𝓘𝕀𝕴𝖨𝗜𝘐𝙄𝙸Ɩlⅼℓ𝐥𝑙𝒍𝓁𝓵𝔩𝕝𝖑𝗅𝗹𝘭𝙡𝚕ǀΙ𝚰𝛪𝜤𝝞𝞘ⲒІӀ‎‎‎‎‎‎‎‎ⵏᛁꓲ𖼨𐊊𐌉‎‎łɭƗƚɫ‎‎‎‎ŀĿᒷ🄂⒈‎⒓㏫㋋㍤⒔㏬㍥⒕㏭㍦
⒖㏮㍧⒗㏯㍨⒘㏰㍩⒙㏱㍪⒚㏲㍫ljIJ‖∥Ⅱǁ‎𐆙⒒Ⅲ𐆘㏪㋊㍣Ю⒑㏩㋉㍢ʪ₶ⅣⅨɮʫ㏠㋀㍙][l‎\|∣⏽│1‎۱𐌠‎𝟏𝟙𝟣𝟭𝟷IIⅠℐℑ𝐈𝐼𝑰𝓘𝕀𝕴𝖨𝗜𝘐𝙄𝙸Ɩlⅼℓ𝐥𝑙�
𝓁𝓵𝔩𝕝𝖑𝗅𝗹𝘭𝙡𝚕ǀǀΙ𝚰𝛪𝜤𝝞𝞘ⲒІӀ‎‎‎‎‎‎‎‎ⵏᛁꓲ𖼨𐊊𐌉‎‎łɭƗƚɫ‎‎‎‎ŀĿᒷ🄂⒈‎⒓㏫㋋㍤⒔㏬㍥⒕㏭㍦⒖㏮㍧⒗㏯㍨⒘㏰㍩⒙㏱㍪⒚㏲㍫ljIJ‖∥Ⅱǁ‎𐆙⒒Ⅲ𐆘
㏪㋊㍣Ю⒑㏩㋉㍢ʪ₶ⅣⅨɮʫ㏠㋀㍙][oంಂംං०੦૦௦౦೦൦๐໐၀‎۵oℴ𝐨𝑜𝒐𝓸𝔬𝕠𝖔𝗈𝗼𝘰𝙤𝚘ᴏᴑꬽο𝛐𝜊𝝄𝝾𝞸σ𝛔𝜎𝝈𝞂𝞼ⲟоჿօ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎ഠဝ𐓪𑣈
𑣗𐐬‎øꬾɵꝋөѳꮎꮻꭴ‎ơœɶ∞ꝏꚙൟတ]

あとはこれに対して入力された文字列がマッチするかをチェックすれば、紛らわしい文字列かどうかの判定ができるというわけです。

テストコードでは “𝓗℮𝐥1೦” が “Hello” にマッチすることが確認できます。紛らわしい文字列として真で、元の”Hello”と同値ではないなら、誤認することを狙った”Hello”のニセモノだ、というわけですね。

Confusables のリスト中には日本語の紛らわしい文字(ハと八とかニと二とか)もあります。『カタカナの「ノ」はスラッシュと似ている』という定義もあり、”and/or” に間違うパターンを出してみるとこんな風になりました。カタカナの「ノ」だけじゃなく斜め線に見える文字もたくさんUnicodeにあるんですね。

Regexp pattern: [a⍺a𝐚𝑎𝒂𝒶𝓪𝔞𝕒𝖆𝖺𝗮𝘢𝙖𝚊ɑα𝛂𝛼𝜶𝝰𝞪а⍶℀℁ꜳæӕꜵꜷꜹꜻꜽ][n𝐧𝑛𝒏𝓃𝓷𝔫𝕟𝖓𝗇𝗻𝘯𝙣𝚗ոռɳƞη𝛈𝜂𝜼𝝶𝞰ᵰnj][dⅾⅆ𝐝𝑑�
𝒹𝓭𝔡𝕕𝖉𝖽𝗱𝘥𝙙𝚍ԁԁᏧᑯꓒɗɖƌđ₫ᑻᒇʤdzʣdžʥ][/᜵⁁∕⁄╱⟋⧸𝈺㇓〳Ⳇノ丿⼃⧶⫽⫻][oంಂംං०੦૦௦౦೦൦๐໐၀‎۵oℴ𝐨𝑜𝒐𝓸𝔬𝕠𝖔𝗈𝗼𝘰𝙤𝚘ᴏᴑꬽο𝛐𝜊𝝄𝝾𝞸σ𝛔�
𝝈𝞂𝞼ⲟⲟоჿօ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎ഠဝ𐓪𑣈𑣗𐐬‎øꬾɵꝋөѳꮎꮻꭴ‎ơœɶ∞ꝏꚙൟတ][r𝐫𝑟𝒓𝓇𝓻𝔯𝕣𝖗𝗋𝗿𝘳𝙧𝚛ꭇꭈᴦⲅгꮁɽɼɍғᵲґ𑣣mⅿ𝐦𝑚𝒎𝓂𝓶𝔪𝕞𝖒𝗆𝗺𝘮
𝙢𝚖𑜀₥ɱᵯ]

“andノor” と入れると、”Matched” となるわけです。

日本語ドメインもあまり普及していないし、日本語に紛らわしい文字を混ぜた文字列で何かをすり抜けられるというユースケースもそんなにないかもしれませんが、まあそういう必要があればこういったチェックをつけるのでしょう。

カテゴリー
ネットのサービス

Msgif – テキストをアニメーションgif化してくれるサービス

Msgif は、文字列を打つと、打ってる様子をアニメーションgifにしてくれるというサービス

Product Hunt の新着で見かけて、「こういうの日本語は動かないことが多いんだよねえ」と試してみたら、まったく問題なく動くしIMEで入力中の状態まで再現されました。

フッタの作者名を見たら日本名で、カナダ在住の日本人の方のようです。なるほど。

作成画面から、twitterなどSNSでの共有で使う用途で考えられているようですね。動きのあるメッセージを簡単に作って共有できるのはいいんじゃないかなと思いました。

via Product Hunt

カテゴリー
ガジェット

あえてレトロな機械式掲示板 Vestaboard

空港にある、というか最近の空港はもうどこも電子掲示板になっているように思うので空港に「あった」と言うべきでしょうか、あの板がカタカタと回って表示が変わるサインボードを再現したガジェット Vestaboard が登場しました。

94 cm x 53 cm の黒板のようなボードに、23 x 7 個のデバイスが並べられています。となると一度に表示できるのは 161 文字でしょうか。

インターネットと連動していて、Android/iOSアプリから操作し、ツイッターのつぶやきやSMSのメッセージなどを表示させられるそうです。Google HomeやAlexa などと繋げて、今日の予定を表示させたりも。

こちらは表示板一個分のデバイスがCESで実際に展示されていたところ。動作がわかりやすいように、アルファベットではなく模様のついたカードを使っていますね。

View this post on Instagram

Vestaboard is now showing at #ces

A post shared by Vestaboard (@vestaboard) on

アルファベットを入れて動かしてる動画はこちら

ノスタルジックな外見に、ネット接続の便利さ。構造上、自由な文章を表示するには英語など文字の数が少ない言語でないと使えないですけど。インテリアとしてそれなりに売れるかもなと思いますね。

via Product Hunt