カテゴリー
ネットの事件

IMDb映画データベースで映画の出演者に自分を登録する素人たち

1990年から存在する、インターネット上の映画データベース IMDb。映画の出演者を調べたり、俳優が出演した映画の一覧を調べたりと便利なサービスです。

IMDb にまだ残る、怪しい若手俳優のページ

Pee Bee さんはIMDb で 2023年(公開予定)の映画 Animal を調べようと開いたところ、出演俳優の一覧の中に見かけない若者を見つけました。

「誰だこれ?」とクリックすると、この Subhankar Bagchi なる俳優は昨年2021年から来年2023年の3年間にかけて、26本の映画に出演してると出てきたそう。(今は消えています)

そして、Google で検索すると「音楽家」としてサイドバーにナレッジパネルが出てきます。検索した人が有名人だった時に表示されるあれです。こちらはまだ出てきますね。

そこから辿れる彼の「音楽」を視聴すると、ごく短い楽曲が途中でブツっと切れてしまいました。

彼を見つけた Pee Bee はさらに深堀をし、同じような感じでインド映画の出演者やスタッフ欄に表示されている、インド北部に住む10代~20代の若い男性が多数いること、YouTube で歌を公開していること、全員がグーグルのナレッジパネルに表示されること、を見つけます。

この若い男性「俳優・音楽家」のほとんどは、issuewire.com というニュースリリースを公開するサービスで、自分を紹介するリリースを出しているようです。この issuewire は、最初の一本のリリースは無料で打てるそうで、彼らは無料枠を使って自分を紹介するニュースを流したということでしょう。

リリースはまだサービスに残っていて似たような感じの若者のリリースが数百件は出てきます。似たようなリリースばかりなので、手口が売られているということなのでしょう。

IMDb はユーザーからの提案で編集も受け付けるため、自分でニュースリリースを出し、そのリリースや YouTube / Apple Music などを根拠に Google のナレッジパネルを獲得し、それらを組み合わせて本物の映画関係者のように見せ、IMDb のレビュー者を信用させる、みたいな方法で自分を掲載できてしまった、ということでしょう。何への掲載がどれに効いてるのかの順番はわかりませんが。

複数のサービスである人物のもっともらしい情報が取れてしまうと、それらを組み合わせることで本来どこにもなかったはずの実績(映画に出演したとか、映画の音楽を作ったとか)をそれなりに信用している人も多いサービス上で構築できてしまうのですね。

本当に才覚があれば、この名声をテコにさらに自分を売り込んだり、本当にどこかに映画に参加したりという展開もあるのかもしれませんが、IMDb に万と載っている若者の中に、もしかしてそういう始まりでのし上がった人もいたりするのでしょうか。

カテゴリー
ツール

Netflix Hangouts – 仕事してるフリで映画鑑賞する、ビデオ会議風 Netflix ビューワ拡張

Netflix Hangoutsは、ビデオ会議をしているような画面を再現する Chromeブラウザ拡張です。

4つに分割されたブラウザ画面には話をしている人物の顔が動画で映っていて、傍から見ればビデオ会議中に見えます。

しかし、右下のカメラをよく見ると、Netflix の映画が再生されています。

Chromeブラウザにこの拡張をインストールしたら、Netflix で好きな映画を再生し、再生中に右上の拡張ボタンを押すだけで、この4分割状態となります。

Excel上でツイッターをするとか、Outlook 風画面で reddit 掲示板を読むとか、この手の偽装ツールはいろいろとありますね。

映画はさすがに無理ではと思っていたのですが、人物の顔のアップが多いようなジャンルの映画だと、意外に大丈夫なのかもしれません。

用意されている4つの動画の人物が、全員ヨーロッパ系なところが日本での利用に問題といえば問題でしょうね。職場で外国人たちとビデオ会議してたら、普通にネットフリックス観てるよりも目立つかもしれません。

via The Verge

カテゴリー
データ可視化

🎬Film Map of the World – 地名に関係した映画を配置した「映画世界地図」

🎬 Map of the World は、世界のそれぞれの国について10本、最もウィキペディアで閲覧された映画を抽出し、その都市や地名の場所にプロットした地図です。

日本を拡大したのがこれ。

東京の「キル・ビル」はいいとして、「パール・ハーバー」で福岡、「(七人の侍ではなく)荒野の七人」で神戸、「もののけ姫」は埼玉、と、よくわからないプロットもあります。英語版ウィキペディアの記述の中に地名があったら、それを使っているということなのですが、英語版のもののけ姫の項目、今見ても埼玉とか書いてないんですよね。

最近閲覧数の多い項目で、日本の地名を含むもの、という条件、さらに英語版のウィキペディア、ということで、日本人から見るとよくわからない選定にも見えますけれど、英語版の世界から見ればこれが日本の映画で、その映画に縁の深い場所、ということになってしまうのでしょう。

日本の10選がこんな感じなので、他の国についても推して知るべし、という程度のいい加減さではあるかもしれません。地図の作り方は面白いけれど、データの取り方にもう一工夫必要なのではと思いました。

via Maps Mania