カテゴリー
ツール

Simple Search – ゴテゴテしたGoogle検索ページから単純検索結果だけを表示するブラウザ拡張

Simple Searchは、昔風のGoogle検索結果を得るためのブラウザ拡張です。

Google検索結果のページにいろいろなウィジェットが追加されるようになってからだいぶ経ちます。7月のThe Markupの調査では、不動産関連の検索をした場合、PCで最初のページの41%、スマートフォンでは63%がGoogle社自身が提供する様々なコンテンツで占められていたそうです。

関連広告だけでなく、ニュース結果、動画検索、ウィキペディアの抜粋、Twitterでの検索、地図の表示や経路、ショッピング検索の結果など、多岐にわたる情報が検索結果ページに出てきます。

便利だとは思うんですが、昔の検索エンジンとはだいぶ使い方も変わって来てるでしょうね。

Simple Search ブラウザ拡張を入れてGoogle検索を行うと、初期のGoogleがそうであったような、検索結果の上位10件だけの結果を、元の画面にかぶせたポップアップの形で返してくれるようになります。

拡張機能はGoogleとFirefoxに対応。検索エンジンはGoogle以外にBing検索にも対応しています。

「元の検索結果ページは変えず、ポップアップで単純な検索結果を表示している」とあるのは、元のページを直接改変してしまうことで大企業と要らぬ揉め事が起こるのを回避してのことでしょうか。元のページを見たければ、いつでもポップアップを閉じることができます。

The Markup は政府や大企業が技術をどう使おうとしているかを調査するNPOということ。ポップアップ形式の表示で日常的にGoogle検索を使うのが実用的かは疑問もありますが、検索サービスが見せてくれているものが単純な検索結果ではないということの確認ができるという意味で、少し使って見るのもいいかもしれません。

via The Verge

カテゴリー
fun

Googleサジェストをネタにしたボードゲーム Query

query-the-game-2.png

ウェブ上のフォームで何かを入力しようと時、それまで打ち込んだ内容をみて、「あなたはこれを入力しようとしているのではないですか?」という提案が出てきますね。これはautocomplete という機能で、自分や他のユーザーが過去に入力した内容などから推測して出されているものです。

グーグルが「Googleサジェスト」という形で、検索ワードを入力する時に出してくるものもその一つですね。

Query the Game は、クラウドファンディングのKickstarter を利用してカナダの姉妹が作成したのは、このGoogleサジェストをモチーフにしたボードゲームです。

query-the-game-3

  • 危険なことですか? カビの生えたパンを食べるのは
  • 危険なことですか? 夢遊病者を起こすのは
  • 危険なことですか? ガムを飲み込むのは
  • 危険なことですか? 雷雨の時にシャワーに入るのは

ゲームには上のようなサジェスト風の質問(query)が、600セット同梱されています。

View this post on Instagram

The real deal!

A post shared by Query The Game (@querythegame) on

親となったプレイヤーは、この質問カードを1枚引き、冒頭の黒い部分までを読み上げます。

子プレイヤーは、その後に続く正しいフレーズ(=Googleサジェストで実際にサジェストされるフレーズ)を考え、自分のボードに書いて(誰にも見えないように)親に提出します。

親プレイヤーの方は、4つ示されている本当のフレーズから1つを選び、これも子から提出された回答と一緒にし、ランダムな順番で全部の回答を読み上げます。

子プレイヤーは、読み上げられた回答から、どれが本当のフレーズかを予想し、当たれば2ポイントを獲得。自分の書いた回答で他のプレイヤーを騙せたら1ポイントを獲得します。

親プレイヤーは、子プレイヤー全員が外れたら3ポイントをゲットします。

辞書やトリビアを使った類似のゲームとして、フィクショナリー(Fictionary) や ボルダーダッシュ(Balderdash)、日本ではたほいやなどがありますね。

ゲームのルールとしては新しいものではないですが、グーグルの検索結果を使うことで、「正しい、正しくない」ではない、別のゲームになってるように思います。Googleサジェストが時たま出す変な提案フレーズは、よくネット上でも笑いのネタになるところで、同梱された問題には、そのような意外なフレーズが多数含まれていそうです。

query-the-game-1

via The New Yorker