カテゴリー
データ可視化

各種個人情報が(アメリカの)サービス経由で何度漏洩したか確認できるサイト by New York Times

ニューヨークタイムズが面白い可視化ページを作ってます。

これまで、様々な企業やサービスがユーザーから預かった個人情報を漏らしたり盗まれたりしています。ニューヨークタイムズはそのような事例のニュースを横断的に調べて、過去に何度ぐらい自分の情報が漏れたのかをカウントしてくれるというページを作ったのです。

「賃貸やクレジットカードの作成をしたか?」(クレジットレポート)、「政府系の求人に応募したか?」「これらのウェブサービス(AOLやeBayなどの超大手も)に登録したか?」「健康保険サービスを受けていたか」「(表示されている時期に)クレジットカードやデビットカードで、これらのホテルに泊まったり、これらの店舗でものを買ったりしたか?」などをクリックで答えると、左側には住所やクレジットカード、電話番号やパスワード、などが、それぞれ何回流出されたか、がカウントして表示されます。

対象はアメリカのサービスばかりですが、twitter や LinkedIn、Uber など日本からも多く使われているサービスも含まれていますし、マリオットやハイアットのホテルチェーンに日本やその他の旅行先で泊まり、カード払いした人もいるでしょう。

まあ、流出したことがわかっても、パスワードとかなら変えればいいですが、氏名や生年月日などは流出を無かったことにもできないんですけどね。

日本でも類似の個人情報流出は起こっているので、こんなようなまとめがあれば、素性のよく分からないサービスに色々な個人情報を入力したりする前に、ちょっと考えるようになるかもしれません。

カテゴリー
fun

The Unfappening – セレブ流出ヌードを「安全な」アートに

8月31日に起きた、iCloud に保存された有名芸能人のプライベートな写真が大量にネットに流出した事件は、”Celebgate”(セレブゲート)とか”The Fappening”という名前がついたようです。セレブゲートの方はウォーターゲート事件というスキャンダルからの連想、Fappening は f-の放送禁止用語とhappening(ハプニング)からの造語でしょうかね。

最初に流出情報が出た匿名画像掲示板 4chan や拡散した Reddit の一般への知名度も上がり、その過程では CNN の報道番組が「4chan って誰?」(4chanは人ではなくてwebサイトです!)といった無知を晒して恥をかいたりもしたようです。

The Unfappening は、オランダのアーチストが開いたサイトで、流出したセレブのヌード写真を加工して、NSFW(職場閲覧注意, Not Safe For Work)からSFW(職場閲覧大丈夫, Safe For Work)にするプロジェクトです。

unfappening

サイトでは広く加工写真の投稿を呼びかけ、それぞれの流出写真について一番出来のよいものを選んで並べています。

unfappening-1
(credit: Wendy Deun – Design op Zolder)

サイト名の通り、The Fappening を、”Un-“でなかったことにしよう、ということですね。とても紹介できないような写真を普通にどこでも載せられる写真にするということで、一種のコンテンツの活用といえるかもしれません。

via Geekologie

カテゴリー
ネットの事件

スーパーボウルのセキュリティ司令室が、WiFiのパスワードをテレビに大写し

アメリカでは、今まさに年一回のスーパーボウルのゲーム中ですが、このアメリカで最も人気のあるゲームの数時間前に、テレビ局がネットセキュリティ絡みのポカをやったようです。

スーパーボウル・セキュリティ司令センター(Super Bowl security command center)を紹介するCBSネットワークが全米に流したのがこれ

superbowl-security-center-wifi-on-tv

左下に大きく、無線LANのパスワードが映ってます…

しかも、そのパスワードは普通の英単語(welcome!here = ようこそここへ)をいわゆる leetspeak で単純変換しただけの非常に単純なもの。welcomeとあるので、管理者ではなくゲスト用のパスワードではないか、という擁護もredditでは出ていますが、それにしてもねえ。

右下のテロップは「司令センターの秘密を本邦初公開」と言ってますが、公開しすぎじゃないでしょうか。

[追記]

ちょっと信じがたい話なので、元の記事にも当記事にも「フェイクでは?」という反応もあります。

やはり元の動画が無いと、ということでもう少し調べたところ、CBS自身がこの映像をサイトで公開しています。1:20 に上記の画像と同じシーンが登場するのですが、

その前のシーンの遠景では問題の部分が白っぽい背景に何か模様があるのに対して、

cbs-wifi-password-on-air-1

同じシーンでは、パスワードが表示されていた、と言われている箇所が、灰色で塗りつぶされています。

cbs-wifi-password-on-air-2

動画で見ると、スクリーンに灰色の四角が表示されているというよりも、動画を加工して灰色に塗りつぶしたように見えるので、やはり元々は最初の写真のようにまずい情報が映り込んでいたのを、ウェブでの公開に当たって隠したということかな、とも思うのですが。

まあ、CBSが全国放送で元々灰色で一部を隠した動画を公開し、そこに誰かがパスワードの画面を嵌め込んだ、という逆の可能性も無いとはいえないのかな。これ以上はCBSを録画してた人の検証が出てくるかどうか。

via reddit, ZDNet