カテゴリー
fun

姓がない人をWebのフォームでどう扱えばいいか

世界の姓名データを集めるプロジェクトに関する Hacker News の突っ込みを読んだ中に出てきて面白かったのは、世界には姓が無い人がいるという話。

世界に姓がない人がいる(日本にもいますが)のは知っていたけれど、それがアプリやブラウザ上の入力フォームでどう扱われるか、扱われるべきなのか、というのは考えたことがありませんでした。

妻は姓を持たず、アメリカに来るたびにすべてのフォームで「ファーストネーム」と「ラストネーム」を問われることに困惑しています。彼女のパスポートには「名前」欄しかないのに

というコメントに対し、同じようにgiven nameしか持たずアメリカに来て、銀行口座の開設、車の購入、結婚証明の取得、などの手続きごとに窓口で揉め、結局心理的に大きな抵抗を持ちながらも改名することになった話なども出ていました。

上はミャンマー人の話のようですが、インド人からも、インドを構成する多数の言語利用者の中には名前が一つしかない人達もいるのに、政府は名前欄を2つ設けて入力させるのを強制している、多数派の想像力不足だ、というコメントが出ています。この人はまた、アメリカ領事館の査証発行システムにこのような姓のない人が登録する場合に、姓の部分に”LNU”(Last Name Unknown)と入れたり、逆の場合(!)にはファーストネーム欄に”FNU”(First Name Unknown)と入れたりした例を見たそうです。

また、2語からなる姓だけを持ちgiven nameを持たない人が、ファーストネーム+サーネームの入力をかいくぐるために姓の最初の語をファーストネーム、2番目の語をサーネーム「ということにして」乗り切ったが、ドイツに移住した際に両方とも姓ではと指摘されてしまい(ドイツっぽい)、サーネームに正しい2語の姓を、ファーストネームには(無い、という意味で)”-“を入れるように変更された話とか。

日本で名前を登録するようなサービスを作るとしたら、姓名のどちらかが空欄だとエラーになるようなフォーム、普通に作ってしまうと思いますが、それは海外由来の名前を持つ人にとっては本名を登録できない欠陥フォームになりうるんですね。

ただ、ほとんどの場合ユーザーは姓と名両方あるので、単純に空欄で受け入れるとこんどは誤入力だらけになる。エラーで止めるのではなく、本当に姓や名が無いのかを確認するような特別なフローに遷移するとかが正しい実装なんでしょうか。

カテゴリー
社会

落とした財布が戻ってくるか世界40か国で行われた実験結果

世界の40の国、355の都市で17000個の財布を落として実施された大規模な社会実験結果が発表されました。

「落とされた」財布には、以下のようなものが入っています。

  • 現金 米ドルで$13.45(1430円) 相当を現地購買力に合わせて補正した現地の通貨
  • 同じ名刺が3枚 メールアドレス入り (現地によくある男性名で、現地語)
  • 買い物リスト (現地語で)

財布によって条件を変えて、結果にどう影響するかも調べたそうです。たとえば、現金は入れない”No Money”の条件。鍵を入れる入れない、など

これを、銀行、劇場や美術館等、郵便局、ホテル、警察署、裁判所、などの受付に「角にこれが落ちてました。私は急ぐのでこれで」と連絡先を教えずに去り、中の名刺に書かれた連絡先に連絡が来るかどうか、を調べたそうです。

お金を入れたものと入れなかったものの二つを国別にプロットしたのがこちらのグラフ。

40か国中38か国で、お金が入っていた方(赤い点)の方が、持ち主に戻ってきています。お金が入っている方が、「持ち主に届けなきゃ」という気持ちが出るのですね。メキシコとペルーのみ、現金が入っていない方が財布の戻りは良かったそうですが、その差もそれほど大きなものではありません。

また、「お金だけ」「鍵だけ」などの対照実験では、鍵が入っていた場合の戻り率が高かったということ。鍵を亡くしたのは困っているだろう、という他者への想像力でしょうか。

なお、「戻ったかどうか」は、100日以内に名刺のメールアドレスに連絡が有ったかどうか、で判定しているそうですが、その後に実際に財布が戻った際に、現金が抜かれたうえで戻ってきた率は2%以下に過ぎなかったそうです。

北欧諸国では8割の財布が戻ってきたそうで、すごいですね。実験対象に日本が含まれてないのが残念です。日本も自己イメージとしては落とし物が戻りやすい国ではないかと思いますが最近どうなんでしょうね。

via Bored Panda

カテゴリー
データ可視化

ギレンホール実験 – 有名人のミススペルの傾向を分析

ギレンホール実験(Gyllenhaal experiment)は、スペルが難しい有名人の一人である俳優のジェイク・ギレンホール氏の名前を冠した、面白い調査結果です。

著者のラッセル・ゴールデンバーグ氏(Russell Goldenberg)とマット・ダニエルズ氏(Matt Daniels)はまず、2011年頃にグーグルが公開した、「ブリトニー・スピアーズのグーグル検索60万回のデータ」から、人々がどのように彼女のファーストネームを間違えているかを可視化します。

7文字ですが、正しく入力できた人の割合は8割強。2割弱の人はスペルを間違っているということです。

このようなスペルが怪しい可能性のある有名人を、巨大掲示板 reddit の書き込みデータから (sp?) = 「スペル違うかも」と添えられた単語を探すことで特定するという手法が最近提案されていて、それらを参考にした「よくスペルを間違えられている有名人」の名前クイズを遊ぶことができます。

ホームラン記録で日本でも有名になったマーク・マグワイヤ氏のスペルをうろ覚えで入れてみたのがこちら。

最大8種類の「正解」および「よくある間違い」、そして、”Your Path”として、自分が入れたものも表示されます。

クイズで出てくるその他の難しいスペルの有名人としては、マシュー・「マコノヒー」、スカーレット・「ヨハンセン」
、「マコーレ」・カルキン、コリン・「キャパニック」らが挙げられています。

中には、正解率が2割を切っているものや、正しい綴りよりも多くの人が答えている間違っている綴り、なんていうものもあります。

これらのデータは、JSON形式でこちらからダウンロードすることもできます。

名前のスペルについては、間違われようが気にしない、というか実害もそれほど無いかもしれませんが、大量のデータの間違いを分析することで面白い結果が取れるというのはいろいろ他にも実験できそうですね。