「父親育休」タグアーカイブ

3回目の父親育児休業を取ります

告知が遅れましたが、先々週から育児休業(パタニティーリーブ)に入っており、当ブログの更新をお休みさせていただきます。復帰は4月後半の予定です。
3回目というと「いつのまに3人目が?」と知り合いから言われそうですが、第二子の2回目の育児休業となります。一人の子供で二回目の育児休業が取れるのは父親だけです。最近そういう制度になりました。
男性の育児休業取得率は2010年度で1.38%ということで、これは父親が70人いたとしてその中の1人が取っている、逆に言うと69人は取っていない、という率ですね。
休業中には給与の補償が出るといっても満額では無いですし、景気やこの先のことを考えれば、取りたくても取れない人も多いのかもしれません。そんな稀なことを3回もできるのは、サイボウズ・ラボが属するサイボウズ・グループの育児や家庭に対する理解や制度が進んでいるからだと言って構わないでしょう。本当にありがたいと思います。
これまでの育児経験から、「(自分たちには)二人で三人以上の乳幼児の世話は無理」と痛感してるので、さすがに今回で育休の取得は最後になるだろうと思います。最後の育児休業、朝から晩から深夜までずっと子供の世話ができる貴重な時間を楽しみたいと思います。

1回目 産休+育休

一人目の時は、産前産後休暇や育児休業はもちろんのこと、子供が産まれること自体も初めての経験だったので、いろんな事に慣れておらずたいへんだったように思います。産休が7週間、育休は4ヶ月でした。
父親産休を取得します
父親産休から復職しました
育児休業等で春までブログをお休みします
育児休業から復帰しました

2回目 産休+育休

ちょうど一年前、二人目が産まれた時に3ヶ月の休暇・休業を取りました。
父親産休+育休で休みます
父親産前休暇・育児休業から復帰しました
今回の3ヶ月とあわせて、3回全部では10ヶ月ほどになりそうです。
参考: 男性にとっての産休と育休の違い

休業中の他の活動について

個人ブログツイッターは頻度は落ちるでしょうけれど更新はします。日本を紹介する英語ITブログAsiajinも更新されます。

休暇休業中の連絡について

過去に名刺交換した方はサイボウズの会社ドメインのメールアドレスの方を御存じの方もいらっしゃると思いますが、会社宛てのメールは読むことが出来なくなります。メールで連絡くださる方は[僕の姓 @ gメール]のアドレスにおねがいします。