カテゴリー
ネットのサービス

12 Sunsets – とある道路の1960年代から2007年までの風景を見られるサイト

Googleストリートビューは世界の多くの道路の景色を見ることができます。しかし、当然のことながらGoogleカーが走り回って撮影した以前の昔の光景を見ることはできません。

車に全周囲カメラを積んで撮影してまわる、という発想が新しいのだから、それより前のデータが無いのは当たり前ですね。ストリートビュー的なものを時代を遡って作るのは不可能に思えます。

しかし、カメラでアメリカの特定の道路から見える風景を撮り続けている人がいれば話は別。この道路に限定されてはいますが、アメリカ、ロサンゼルスのサンセット大通りからみた風景をストリートビュー的に再現する 12 Sunsets はそんなサイトです。

サイトは1965年から2010年までサンセット大通りを撮り続けた芸術家エド・ルシェ(Ed Ruscha)氏の写真をGetty社がまとめたものです。

サンセット大通りは全長35kmある、ロサンゼルスを象徴する道路だそうです。35kmもあると、残っている写真といっても何から何まであるわけではなく、時代によって景色のある個所無い箇所は穴あき状態になっています。

それでも、同じ場所の複数の写真を並べてみられる箇所もあり、変化が面白いです。建物は10年ぐらいではそれほど変わっていなくても、店の業種や看板が変わっていたり、走っている車の形も多少は違いますね。

集めて分類して配置する作業はたいへんだと思いますが、もしかしたら昭和の東京などでも、これに近いものが作れたりするのかもしれません。もしあればぜひ遊んでみたくなります。

逆に考えれば、Googleはサービス開始からの画像を持っているでしょうから、これから先はこのような暦年の光景がいつでも見られるようになるということでしょうね。

via Maps Mania

カテゴリー
データ可視化

都市の道路が向いてる方角を調べられるインタラクティブ地図

Road Orientations Interactive Mapは、都市の道路の方角を円形のヒストグラムにまとめたインタラクティブ地図です。

360度を64分割し、それぞれの方角を向いた道路の長さをカウントしていくと、表示中の都市がどの方角に向いた道路をどれぐらい持っているか、が右上に表示されます。

東京都心部を表示すると、こんな分布に。どの方角にも同じぐらいの長さの道路が存在する、つまり、特に方角など気にせず、ランダムに近い方角に道路が伸びているというのがわかります。

対して、京都を表示してみるとこんな結果に。ほとんどの道路は東西・南北に向いていて、それ以外の方角に向いた道は非常に少なそう。

こちらは札幌。札幌も碁盤目の街という印象でしたが、こちらは京都と違って東西南北の向きには向いてないのですね。また、場所によって四方の方角が異なっていて、集計結果としては多い方角は8つ出てくるのがわかります。

右下の検索ボックスで、世界中のどの場所でも表示できるのがいいですね。

この地図、OpenStreetMap のデータを使ったMapboxのサービスを使って描画されています。表示されている地図の範囲の道路データから方角と距離を取り出し、集計するのはコンパクトな JavaScript で済んでいます。

# 作者はMapboxの中の人のようです

作者のウラディミール・アガフォンキンさん(Vladimir Agafonkin)は、アメリカの主要都市について同様の円形ヒストグラムをまとめたVizual Statistix の記事を見て、「地図の任意の都市について簡単に同じように調べられたらいいな」と思って今回の開発を思い立ったということ。

カテゴリー
ネットのマーケティング

米ドミノピザ、くずれないピザのために道路の穴を直す事業を始める

Paving for Pizza (ピザのための舗装)は、ドミノピザがアメリカで始めたキャンペーン。

「道路の穴、ヒビ、凸凹などは、あなたがドミノピザを家に持ち帰る際にピザに修復不可能なダメージを与えることがあります。ピザの上のチーズが片方に寄ってしまったり、トッピングが落ちたり、ピザが裏返ってしまうことに、私たちは耐えられません。これらの悪路からピザを守るために、全国の街で舗装をお手伝いすることにしました。」

サイトのトップでは、路面の状態の4段階のひどさにあわせて、運ばれるピザがどのようなトラブルに合うかを、ボックス内カメラで撮影したものを見ることができます。

すでにプロジェクトは始まっていて、カリフォルニア州バーバンクテキサス州バートンビルデラウェア州ミルフォードジョージア州アセンズで、自治体と協力して道路を補修したそうです。

工事の車にドミノのロゴが。

直した個所にもロゴ。宣伝効果もあるのかな。ピザを運んでるドライバーからは見えないような気がするけども。

サイトから「自分の街も直しに来てくれ」と依頼を投げられるようになっています。この補修チームが直せる道路の量なんてたかが知れてると思いますが、本来自治体がやるべきだが予算が無かったりして荒れているところに、大企業が宣伝の形で手伝うという形、自社の宣伝をしつつ社会問題にも注目させるという意味ではいいキャンペーンなのではないでしょうか。

ピザのために道路を直す、という無理のある動機も、笑い話としてソーシャルで伝搬しやすいかもしれません。

via Jalopnik